電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

ミツウロコでんきの電力プラン

ミツウロコでんき

ミツウロコでんきは太陽光発電やバイオマス発電などのFIT電気を多く調達しています。FIT電気の割合を高めることで、地球温暖化など地球環境問題への改善に取り組んでいます。

 

ミツウロコでんきの電源調達

自社発電以外に各発電事業者から様々な電源を調達しています。長期的な仕入原価を安定的に確保できるため、低価格での電力販売を実現しています。

 

電源構成(2018年度)

LNG火力 51% 再生可能エネルギー 10%
FIT電気※1 20% 石炭 1%
石油 17% 卸電力取引所※2 1%

※1 ミツウロコでんきがこの電気を調達する費用の一部は、ミツウロコでんきのお客様以外の方も含め、電気をご利用の全ての皆様から集めた賦課金により賄われており、この電気のCO2排出量については、火力発電なども含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。
※2 この電気には、火力、水力、原子力、FIT電気、再生可能エネルギーなどが含まれます。なお、間接オークションで販売された電力は相殺して表示しております。

 

ミツウロコでんきの電力供給の強み

ミツウロコグループでは創業以来、石炭から煉炭・豆炭、石油製品、LPガス、自然エネルギーと、時代に応えるエネルギーを供給することで、お客さまの暮らしに少しでも役立つよう努めてまいりました。 地球環境への配慮や電力不足への対応が重要な課題となっている現在は、エネルギーを「作る」・「配る」に「貯める」を加え、環境型エネルギーを推進しています。

 

ミツウロコでんきの安さの秘密

ペーパレス化やWEB申込により人件費やその他のコストを削減していることにより低価格での電力販売を実現しています。

 

安心のサポート体制

電気がつかないなどのトラブルには、東京電力パワーグリッド(東京エリア)が駆けつけ、点検、調査、応急処置を致します。24時間365日の無料サポートとなっております。

 

サービス提供エリア

提供エリアは、北海道電力管内、東北電力管内、東京電力管内、中部電力管内、北陸電力管内、関西電力管内、中国電力管内、四国電力管内、九州電力管内で、2段階目・3段階目の電気料金が安いことが特徴です。

ミツウロコでんきの最新ニュース

2019.03.06
ミツウロコでんき、『ミツウロコグリーンプラン』を受付開始
2017.10.02
ミツウロコでんきが北陸エリアの電力供給を開始
2017.07.24
ミツウロコグリーンエネルギーが9月検針分からの関西エリア電気料金値下げを発表

電気料金プラン一覧

東京電力エリア

従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯C 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

北海道電力エリア

従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯C 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

東北電力エリア

従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯C 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

中部電力エリア

従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯C 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

北陸電力エリア

従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯C 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

関西電力エリア

従量電灯A 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

中国電力エリア

従量電灯A 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

四国電力エリア

従量電灯A 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

九州電力エリア

従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯C 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

会社情報

会社名 ミツウロコグリーンエネルギー株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-7-2 MFPR日本橋本町ビル3階
設立 2000年3月1日
資本金 4億5千万円(平成25年3月31日)

電力会社・サービス

一括比較スタート