電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス

メニュー

ミツウロコでんきの電力プラン

ミツウロコでんき

ミツウロコでんきは太陽光発電やバイオマス発電などのFIT電気を多く調達しています。FIT電気の割合を高めることで、地球温暖化など地球環境問題への改善に取り組んでいます。提供エリアは、東京電力管内、北海道電力管内、東北電力管内、中部電力管内、関西電力管内、四国電力管内、九州電力管内で、2段階目・3段階目の電気料金が安いことが特徴です。

ミツウロコでんきの最新ニュース

2017.07.24
ミツウロコグリーンエネルギーが9月検針分からの関西エリア電気料金値下げを発表
2017.07.05
ミツウロコでんきが北海道エリアでの電力供給を開始

電気料金プラン一覧

東京電力エリア

従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯C 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

北海道電力エリア

従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯C 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

東北電力エリア

従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯C 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

中部電力エリア

従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯C 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

関西電力エリア

従量電灯A 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

中国電力エリア

従量電灯A 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

四国電力エリア

従量電灯A 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

九州電力エリア

従量電灯B 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら
従量電灯C 24時間同一料金で、使用量が増えるほど単価が上がる標準的なプランです。 詳細はこちら

会社情報

会社名 ミツウロコグリーンエネルギー株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-7-2 MFPR日本橋本町ビル3階
設立 2000年3月1日
資本金 4億5千万円(平成25年3月31日)

電力会社・サービス

 

一括比較スタート