電気料金プランの比較で電気代を節約!

電気代節約の豆知識

「ドコモでんき」スタート!ドコモでんきの電気プランの特徴は?

携帯電話の大手キャリア4社の中でNTTdocomoだけが、長らく電気の販売を行っていませんでしたが、いよいよ2022年3月1日よりNTTdocomoから「ドコモでんき」の販売がスタートします。NTTdocomoのドコモでんきはどのような電気プランなのでしょうか。また、他の大手キャリアの電気プランの違いをみてみましょう。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

NTTdocomoの電気プランはどんなプラン?

「ドコモでんき」は、分かりやすい2つの電気プランで2022年3月1日から電気の販売をスタートします。地域の電力会社の従量電灯プランと同等の料金単価で電気代に応じてdポイントの還元がある暮らしにやさしい「ドコモでんき Basic」と再生可能エネルギー由来の電気の供給で地球にやさしい電気プラン「ドコモでんき Green」です。

■提供開始:2022年3月1日(水)より
■先行予約:2022年1月12日(火)~2022年2月28日
      期間中にエントリーするとdポイント5,000ポイント付与

電気プラン 料金単価 特徴
ドコモでんき Basic 地域電力会社と同じ 料金は地域の電力会社の従量電灯プランと変わらず、電気代に応じてdポイントの還元があるプラン
ドコモでんき Green 基本料金及び最低料金:地域の電力会社+500円
電力量料金:地域の電力会社と同じ
再生可能エネルギー由来のCO2排出量実質ゼロの電気プラン

※料金単価は地域の電力会社の従量電灯相当です。

【地域の電力会社とは...】
北海道電力/東北電力/東京電力/中部電力/北陸電力/関西電力/中国電力/四国電力/九州電力/沖縄電力の10社のことです。

供給エリア 北海道電力エリア
東北電力エリア
東京電力エリア
中部電力エリア
北陸電力エリア
関西電力エリア
中国電力エリア
四国電力エリア
九州電力エリア
電気の供給 NTTアソートエナジー株式会社

2022年3月1日のドコモでんきの販売スタート時には沖縄エリアを除く全国で申し込みができるようです。dポイントを貯めていたり、ドコモのサービスを利用している人は特に電力会社をドコモに変更すると自分の家庭の電気代や固定費はお得になるのか計算してドコモでんきへの変更を検討してみるとよいでしょう。

ドコモでんき Basicのメリット

ドコモでんき Basicは地域の電力会社と基本料金(または、最低料金)、電力量料金が同じとされています。同じ料金体系ですが、ドコモでんき Basicに電気プランを変更すると電気料金に応じてdポイントが還元されるプランのためドコモのdポイントを貯めているという人は特にお得に利用できる点がメリットです。

ドコモでんき Badicプランに契約すると還元されるdポイントは下記です。

dポイント還元率
ギガホ・ギガライト・ahamo dカードGOLD会員 3%
上記以外
上記以外プラン・ドコモ回線契約をお持ちでない方 2%

※dポイントの還元率は基本料金(もしくは、最低料金)+電力量料金の税抜き価格に対して還元です。

【対象プラン】
5Gギガホプレミア/ギガホプレミア、はじめてスマホプラン、ahamo、5Gギガホ/5Gギガライト/5Gデータプラス、ギガホ2(Xi)/ギガライト2(Xi)/データプラス2(Xi)/ケータイプラン2(Xi)/キッズケータイプラン2(Xi)、home5Gプラン、LTE上空利用プラン、U15初めてスマホプラン

ドコモでんき Greenのメリット

ドコモでんき Greenは基本料金(または、最低料金)が地域の電力会社の単価プラス500円の料金設定で、電力量料金は地域の電力会社と同じです。ドコモでんき Greenは地球にやさしいCO2排出量が実質ゼロとなる電気の供給で環境問題に関心がある人向けのプランです。電気料金はこれまでより高くなりますが、dポイントの還元率はドコモでんき Badicプランより高く設定されています。

ドコモでんき Badicと比較するとdポイントの還元率がdカードGOLD会員であれば10%、上記以外でも5%の還元に設定されており、還元率が高いことが特徴です。

dポイント還元率
ギガホ・ギガライト・ahamo dカードGOLD会員 10%
上記以外 5%
上記以外プラン・ドコモ回線契約をお持ちでない方 3%

※dポイントの還元率は基本料金(もしくは、最低料金)+電力量料金の税抜き価格に対しての還元です。
※対象プランはドコモでんき Badicと同じです。

「ドコモでんき」にはガスプランはない

2022年3月1日のドコモでんき販売開始時点では、ガスの販売に関するお知らせは発表されていません。しかし、ドコモと同じ大手携帯電話キャリアの電気プランの「auでんき」「ソフトバンクでんき」「楽天でんき」は電気とガスのセット販売を行っています。今後、ドコモでんきも電気とガスのセット販売が開始されるかもしれませんが、電気の販売開始スタートと同時にはガスとセットで契約するという事は出来ないようです。

ドコモでんきへの申し込みは「あんしん、おトク、カンタン」

「あんしん、おトク、カンタン」はドコモでんきの紹介でNTTdocomoのホームページに記載されている紹介の一部です。ドコモでんきへの切替で切り替え期間中に電気が止まる事はありません。これは、ドコモでんきに限らず、電力会社の変更全般に言える事ですが、電力会社の変更で電気が止まったり、停電になったり、変更の手続きに手間がかかったりすることはありません。

ドコモでんきに申し込みを行うと電力会社の変更の手続きは、電力会社が行ってくれるため「カンタン」に手続きする事ができます。また、電力会社を変更しても電気を供給する送電線は地域の電力会社が管理しているのでドコモでんきにした自分の家だけ停電してしまうような事はありません。これまでと変わらず「あんしん」して電気を利用できます。

さらに、ドコモでんき Basicプランであれば、地域の電力会社と同じ単価のため急な電気代の変化で驚いてしまうようなこともありません。ドコモでんき Greenプランでもこれまでの電気の使い方で500円電気代が高くなるだけです。しかし、dポイントの還元がある事を考慮するとドコモでんきに電気プランを変更すると電気を「おトク」に利用できるという人も増えるのではないでしょうか。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

一般的な電気使用量で電気代が安くなる電力会社ランキングはこちら

電気代の支払でdポイントの還元がある会社は他にもある?

ドコモでんきは電気代に応じたdポイントの還元が受けられる点がメリットとなっていますが、電気代の支払でdポイントが貯まる電気プランはドコモでんきだけではありません。dポイントの付与がある電気プランをいくつか紹介します。dポイントを貯めている人などdポイントを貯められることに魅力を感じて電力会社の変更を考えている人はdポイントの還元率や電気代がどれくらい安くなるかdポイント付与のサービスがあるベストな電気プランと契約するために比較を行ってから決めるとよいでしょう。

例えば、「九電みらいエナジー」では電気代100円(税抜)につきdポイントが2ポイント付与となる「dポイントプラン」があったり、CDエナジーダイレクトにも電気代に応じて還元率が変動する「ポイントでんき(d)」プランで電気代の支払でdポイントを貯める事ができる電力会社が既にあります。

また、電気代の支払でポイントを貯められる電力会社はたくさんあります。貯めたポイントをdポイントに変換できる会社も増えています。そういった会社も探してみるとよいでしょう。

大手携帯電話会社の電気プランも見てみよう!

これまで、新たに販売がスタートするドコモでんきの紹介を行ってきました。実は、NTTdocomoの一般家庭向け電気プランの販売で携帯電話大手キャリア4社全てが電気の販売を行う事になります。それそれ、どのような電気プランがあるのか比べてみましょう。

au(KDDI)

携帯電話大手キャリアのauは「auでんき」の販売を行っています。auでんきの電気プランは「Mプラン」のみで、基本料金がアンペア制の大手電力会社であれば従量電灯Bプランと同じ、最低料金制の電力会社では大手電力会社の従量電灯Aプランより0.01円安く(四国エリアは同額)設定されています。3段階に設定された電力量料金は3段階とも大手電力会社の従量電灯プランより0.01~0.02円(税込)安い単価設定になっていることが特徴です。この点はドコモでんきと料金単価の設定が似ています。

auでんきも電気代の支払に応じたPontaポイントの付与を行っています。Pontaポイントの還元は毎月の電気使用量に応じて還元率が変わるというものです。

SoftBank

SoftBankが提供する「ソフトバンクでんき」はご利用の回線1回線につき110円(税込)/月の割引が適用になる「おうちでんき」と電気代の支払でTポイントの還元がある「くらしでんき」、環境に優しい電気プランの「自然でんき」から選ぶことができます。

ソフトバンクでんきは、電気の契約で携帯電話代を安くすることができる「おうちでんき」、電気代の支払でポイントが貯められる「くらしでんき」、環境に優しい電気を使いたい人には「自然でんき」と特徴がはっきり分かれています。他の携帯電話会社が提供する電気プランと異なる点と言えるでしょう。

Rakuten Mobile(楽天)

楽天が「楽天でんき」の販売をスタートさせたのは、2018年11月1日からになります。楽天でんきは、一般家庭向けの「プランS」、大家族や事業者、商店向けの「プランM」と動力を利用している人用の「動力プラン」です。プランSとプランMの特徴は、基本料金がゼロ円で従量料金が一律固定単価で設定されたシンプルな料金体系のプランだという事です。

楽天でんきも電気代の支払に応じた楽天ポイントの付与で還元を行っています。

自分のライフスタイルに合った電力会社を探そう

電力小売全面自由化によって、さまざまな料金プランが打ち出され、多種多様なサービスが展開されています。純粋に電気料金だけが安いプランを選ぶ人もいれば、ガスと電気をセットで契約して光熱費の節約に魅力を感じる人もいるでしょう。電気の契約をすることで提携するガソリンスタンドでの給油料金が割引が受けられる電気プランもドライバーには魅力的です。携帯電話会社の販売する電気プランとセットで固定費をまとめて安くしている人もいるでしょう。

今回紹介したドコモの一般家庭向けの電気販売は、携帯電話会社の中ではスタートが遅かったですが、ドコモは老若男女が知っている知名度が高い会社です。今後、電力業界を更に盛り上げていく可能性も考えられます。新電力会社としては未熟ですが、今後もさまざまなキャンペーンやサービスを発表してくれる可能性にも期待したいですよね。

携帯電話会社の販売する電気プランだけでもサービス内容は異なっていました。たくさんある電力会社の中から自分の家庭にはどんな電気プランがあっているの見つけ出すのは難しいので、一括比較サイトなどを利用してみると便利です。電気の比較インズウェブの電気代一括比較では、セット割引やポイントやクーポン等を含めた場合の電気代比較を行う事もできます。更に、インズウェブから電力会社へ直接申し込みを行う事でインズウェブ限定の特典を受けられたりします。さまざまなパターンでシミュレーションを行い自分にあった電力会社を捜してみるとよいでしょう。

一括比較で電気代を安くする

インズウェブSNS公式アカウント

  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note
  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note

記事が参考になったらシェアお願いします!

-電気代節約の豆知識

\ 1か月分の検針票があればOK! /

Copyright © SBI Holdings Inc., All Rights Reserved.