電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

漫画でわかる電気代を安くする方法

「今月電気代が1万円超えてる!電気代高いなぁ…」「その電気代下げることができるかもしれませんよ」「え!?」「電気代節約について解説に来ました!!」「電気代って、電力会社ごとに電気代の単価が違うのよ」「電力会社ごとに?」「電力会社で費用のかわる電気代って基本料金、従量制料金の2種類あるってご存知ですか?」「つまりどういうことですか?」「つまり、電力会社を変更することで電気代を安くできるのよ!!」「詳しく説明するわね」 電気代が安くなる仕組み

電気代は電力会社ごとに異なる「基本料金」と「電力量料金」、共通の「燃料費調整額」「再生可能エネルギー発電促進賦課金」によって構成されています。電力会社を変更することで電気代を下げることができます 電気代は電力会社ごとに異なる「基本料金」と「電力量料金」、共通の「燃料費調整額」「再生可能エネルギー発電促進賦課金」によって構成されています。電力会社を変更することで電気代を下げることができます

安くなる仕組み1:基本料金
安くなる仕組み2:従量制料金

電力会社を変えることでの節約事例


一人暮らし
変更前の電力会社
東京電力エナジーパートナー
従量電灯B/40A
年間電気代
約72,000円 → 約68,200

1年間で約3,800円の節約


二人世帯
変更前の電力会社
関西電力従量電灯A

年間電気代
約96,000円 → 約86,000

1年間で約10,000円の節約


三人以上世帯
変更前の電力会社
東京電力エナジーパートナー
従量電灯C/1OkVA
年間電気代
約244,000円 → 約219,400

1年間で約24,600円の節約

「なるほど…電力会社の切り替えかぁ。あまり考えたことなかったな」「でも電力会社っていってもいっぱいあって調べるのが大変じゃないか??と思うじゃない?」「そこで便利なのが「でんきの比較インズウェブ」なのよ!」「でんきの比較インズウェブ?」「そうなの、無料で電力会社の一括比較ができるのよ」「でも、電力会社の比較って事前に準備がいっぱい必要なんだろ?」「それが最近の電気料金の請求書か電気使用量のお知らせだけあればいいのよ」「さっそく試してみましょ」

「スマホでも簡単に入力できるのね」「PCからも比較ができるんだな」「電力会社もプランも必要な入力項目は全部手元の電気使用量のお知らせに記載されているのね」「これなら迷わず入力ができるな」「さ~て完了よ、一括比較をみると…」「すごいッ!2万5千円も安くなるんだ!」「こんなにたくさんの電力会社を比較してくれるのね」「そのうえこのまま1分で申し込みできるらしいぞ」「で、でも電力が会社ってこんなに簡単に変更していいのかな…?災害の時とか大丈夫?」「確かに後々面倒くさいのかも…」

ご存知でしたか??電力会社はどこを選んでも今と変わらずに安心・安全です。電力会社を切り替えても安心な3つのポイント

電力会社に何かあっても電気は止まりません

倒産・停電・災害などが発生した際には、地域の送配電事業者(東京電力パワーグリッドなど)がバックアップとして送電 契約の電力会社にトラブルがあっても地域の送配電事業者から送電されるので安心

販売できるのは国の許可を得た電力会社だけ

申請書の提出、審査・登録・通知 国の審査を通った会社等だから安心

停電や災害等の復旧対応に差はありません

停電・災害など障害が発生したときは地域の電力会社が復旧を行います 停電や災害時の復旧の対応は送配電事業者(地域の電力会社)が行いますので電力会社を変更しても、停電や災害時の復旧の対応には差がないので安心

「なるほど!!これならどの電力会社に切り替えても安心なんだ」「それじゃあ早速切り替えを…」1分後「あれ…もう終わった…」「でんきの比較インズウェブでは、一括比較したときの入力情報を使ってあっという間に申込ができるのよ」「すごーい!たったこれだけで年間2万円も安くなったんだ!」

たった2分であなたにとって1番安い電力会社がわかります

インズウェブの一括比較見積もりなら、最短2分で複数社の料金プランを比較することができます。新電力会社は、東京電力などの大手電力会社よりも料金が安くなる独自プランを提供しているから電気料金が安くなります。

インズウェブの一括比較見積もりなら、
最短2分で複数社の料金プランを比較
することができます。
新電力会社は、東京電力などの
大手電力会社よりも
料金が安くなる独自プランを提供しているから電気料金が安くなります。

1か月後「凄い!本当に電気代が安くなってる」「電力会社が変わっても全然生活は変わってないのに…」「そうなの、何も変わらないことがこの節約術の特徴なのよ」「なるほど…」「友だちは賃貸なんだけど、持ち家じゃないと対応できないのかしら?」「いいえ、賃貸でも電力会社を選ぶことができるわ」「そういえば、ガス会社も電気の販売を行っていた様な」「そうね、その場合にはガス自体は安くならないから実際にどれだけ電気代が安くなるかしっかり調べる必要があるわね」

「そういえば電力会社の切り替えってあなたがやってくれたんですか?」「何言ってるのよ、私たちで切り替え申し込んだじゃない」「え?あの後に事務作業って必要ないの?今までの電力会社の解約とか」「今までの電力会社への解約は新しく契約した電力会社が対応してくれるから私たちは何も必要ないのよ」「それじゃあ、電力会社選びは「でんきの比較インズウェブ」で簡単に比較できて契約はWEBでの申し込みだけなんてこんなに簡単でいいの??」「そうなのよ、電力会社の切り替えは簡単で一度やればず~~とお得なのよね?あれ?」「あれ?いなくなった?」「ふふふ」「さ~てまだまだ電気料金をお得に節約できる家庭は多いわよ!」「まだ切り替えていない人は「でんきの比較インズウェブ」にお任せね」

電力会社を切り替えるのはとっても簡単!

電力会社を切り替えるのは面倒だと思っていませんか?実はとっても簡単に出来るのです。

Webで簡単申込み
申し込みの際に必要な情報は、住所や氏名、連絡先など基本的な情報と電気ご使用量のお知らせ(検針票)に記載の供給地点特定番号、お客さま番号(契約番号)などです。検針票(電気ご使用量のお知らせ)さえあれば簡単に入力できる情報ばかりなのでとっても簡単です。
さらに、でんきの比較インズウェブと提携している会社へは比較のために入力した情報を利用してそのまま申し込むことができます。追加入力いらずで非常に簡単です。
解約手続きは必要なし
契約の切り替えというと、現在契約している電力会社に電話で連絡して解約の手続きをしなければならないというイメージがわきますが、実際は自分で解約の手続きを進める必要はありません。申し込み先の電力会社が手続きを行うので切り替わるのを待っているだけでよいのです。
(引越しとともに電力会社を切り音える場合は、ご自身で連絡をする必要があります)
エ事の立会は原則必要なし
電力会社の切り替えには、電力メーターをスマートメーターに交換する必要がありますが、そのための工事には原則立会不要です。スマートメーターへの切り替えはもちろん無料です。工事の立会のために平日に仕事を休んだり、土日の予定を開けたりする必要はありません。
※スマートメーターの設置のために壁の工事が必要である場合などは工事の立会や費用が必要になる場合があります。

STEP1 簡単入力・電力会社比較 STEP2 比較先電力会社へお申込み STEP3【新規電力会社から既存電力会社へ】解約手続き処理 あなたから契約切り替えの連絡などをする必要がないからとっても簡単

よくある質問

マンションや賃貸でも電力会社は変更できますか?
マンションや賃貸の方でも電力会社の変更は可能です。管理会社や大家さんに連絡する必要もありません。ただし、一部の大型の分譲マンションなどで見られる一括受電しているマンションの場合は電力会社を切り替えられない場合があります。
スマートメーターの設置に費用がかかるの?
スマートメーターは各電力会社が無料で設置してくれます。設置の立ち合いも原則不要で、取り替え時の停電も原則ありません。
聞いたことがない電力会社だけど大丈夫ですか?
電気を販売するには、運営体制や電力の供給能力などに関して経済産業省の審査を受けて、小売電気事業者として登録する必要があります。国の審査を受けているので、信用できる会社です。

簡単2分!1番安い電力会社が今すぐわかる 請求書か電気ご使用量のお知らせを用意するだけ