電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
冷房を我慢するのはもう古い!

電気とガスがセットになったプランはお得?加入のメリット・デメリットを解説!

2016年の「電気の小売自由化」により、ガス会社の電力参入が活発な傾向にあります。また、2017年にはガスの自由化も開始されており、日本のエネルギー市場を取り巻く環境は多様化しているのです。ここでは、電気とガスがセットになったプランはお得なのかどうか、加入するメリット・デメリットについて紹介します。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

注目!実はガスも自由化が始まっていた

電気やガスなどは生活にとって欠かすことのできない、大切なライフラインです。2017年4月、電力自由化の1年後に「ガスの自由化」が始まり、一般家庭でガス会社を自由に選択できるようになりました。家庭で使うガスの種類は、大きく分けると「都市ガス」と「LP(プロパン)ガス」の2種類に分けられ、このうちの都市ガスが自由化となります。

なお、LPガスはもともと自由化されているものです。都市ガスはこれまで地域で独占供給されてきました。しかし、ガスの自由化によって新規参入の会社がガス管を使用できるようになり、各家庭までガスを届けられるようになったのです。そのため、地域で定められた都市ガス会社と契約をしていた家庭でも、自由にガス会社を選べるのがメリットです。

なぜ電力小売に参入?ガス会社の現状とは

ガス会社が電力小売に参入した理由には、以下の2つが挙げられます。1つ目は「ガス機器が電気に変わりつつある」という点です。現代はオール電化を取り入れている一般家庭も多くみられます。これまでガスを利用していたガス機器が電気に変わっている現状を考慮し、新たな収益を得るため、電力小売に積極的になっているのです。また、ガス会社は高圧では、すでに電力の販売に参入していた実績もあります。業容の拡大を目指し、参入するガス会社も多いのです。

2つ目は「企業の競争に勝ち抜く」ためです。ガス事業で導管分離の実施が予定されており、今後は電力会社もガス管を自由に使えるようになることが見込まれています。すると、より多くの電力会社がガス事業に参入する可能性が生じ、競争が激化するおそれがあります。電力事業でいち早く収益源を確保し、少しでも有利な状況を作り出すため、ガス会社は電力小売に積極的になっているのです。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

どんな種類がある?ガス会社の電気代がセットになったプランの例

ガス会社の電気代がセットになったプランにはどのようなものがあるのでしょうか。大手ガス会社である「東京ガス」「東邦ガス」「大阪ガス」「西部ガス」のプランとしては、以下のものが挙げられます。

まず、東京ガスは「ガス・電気セット割」があります。東京ガスの都市ガスと電気を契約している人は、契約している料金メニューに応じて電気料金が割引になるという仕組みです。電気プランの内容は、「ずっとも電気1S」「ずっとも電気1・ずっとも電気2・ずっとも電気3」などです。ずっとも電気1Sは電気需給契約ごとに、毎月の電気料金の電力量料金・基本料金の合計から0.5%を乗じた額を割引となります。 ずっとも電気1・ずっとも電気2・ずっとも電気3は、電気需給契約ごとに毎月の電気料金の基本料金から、270円を割引するという内容です。

東邦ガスは「ファミリープラン」と「ビジネスプラン」でガスと電気のセット割プランが選べます。ガスと電気のセット割にすることにより、電気だけでの契約より割安な単価で契約出来ることに加え、「暖房割引」「床暖割引」「家庭用燃料電池割引」の3つから割引サービスを1つ選択できることも特徴です。

大阪ガスは「ベースプランA-G」と「ベースプランB-G」が大阪ガスの都市ガスと電気をセットで使用する人に向けたプランです。「ベースプランA-G」の電気料金は、大阪ガスとガス契約していない人に向けたプラン「ベースプランA」より120kWhを以上利用した場合の電力量料金単価が安く設定されています。「ベースプランA」は関西電力従量電灯Aに該当するプランです。「ベースプランB-G」は 関西電力従量電灯Bに該当するプランです。大阪ガスとガス契約していない人向けの「ベースプランB」より基本料金、電力量料金が安く設定されています。

西部ガスは、ガスと電気のセット割ブランで「プラスでんきプラン1」と「プラスでんきプラン2」があります。西部ガスと契約がない人向けプランの「シングルプラン1」は、九州電力の従量電灯Bに該当し、 「プラスでんきプラン1」は、 30A以上で契約すると「シングルプラン1」よりお得になります。「プラスでんきプラン2」の電気プランは九州電力の従量電灯Cに該当し、基本料金・電力量料金共に 西部ガスと契約がない人向けプランの「シングルプラン2」 より安くなっています。

  ガス・電気セットプラン 電気プラン 電気代セット割の特徴
東京ガス ガス・電気セット割 ずっとも電気1S 0.5%を乗じた額を割引
ずっとも電気1 電気料金の基本料金から270円(税込)を割引
ずっとも電気2
ずっとも電気3
東邦ガス ファミリープラン シンプルプランI 電気契約単体よりも基本料金が安い。暖房割引・床暖割引・家庭用燃料電池割引から1つ選択
ビジネスプラン シンプルプランⅡ
大阪ガス ベースプランA-G ベースプランA ベースプランAより電力量料金単価が安い
ベースプランB-G ベースプランB ベースプランBより基本料金、電力量料金が安い
西部ガス プラスでんきプラン1 シングルプラン1 シングルプラン1より電力量料金単価が安い
プラスでんきプラン2 シングルプラン2 シングルプラン2より基本料金、電力量料金が安い

セット割プランにするメリット・デメリットを知りたい!

ガス会社の電気セット割にすると、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 電気代とガス代の支払先を1つに出来る
  • 電気代とガス代のトータル料金が安くなる

デメリット

  • 電力会社・ガス会社のそれぞれの最安プランに契約した方が安くなる場合がある

まず、電気セット割のメリットには「支払先をまとめることができる」という点が挙げられます。毎月の電気代やガス代をチェックしたり、それぞれの支払いを管理したりするのが大変だと感じる人も多いのではないでしょうか。電気セット割にすると、ガス代と電気代を支払う会社をまとめることができるので、管理が楽になります。さらに、変更する前よりも「料金が安くなることが多い」のもメリットです。セット割プランにすると、毎月の光熱費が安くなる可能性があります。光熱費の節約を目指す人は検討してみるのも良いでしょう。

一方、デメリットは「電気・ガスのそれぞれの最安プランを契約したほうが安くなる」可能性があるという点です。たとえば、セット割だと料金がお得になるというプランでも、対象の電気料金プランが限定されているなどが落とし穴になるケースもみられます。このような場合、人によってはかえって毎月の料金がかさんでしまう場合もあるため、注意が必要です。安易に決断せず、契約を検討する際はセット割と最安プランのそれぞれの料金をきちんと計算してみるのが大切です。

この記事のまとめ

ガス会社の電気代セット割プランが増えています。毎月の光熱費の支払いが楽になったり、費用を安くできたりとメリットがあります。しかし、電気とガスのセット割よりもそれぞれの最安プランに契約した方が光熱費を安く抑える事が出来る場合もあるので、メリット・デメリットを考慮したうえで契約しましょう。

  • 新たな収益拡大と企業競争でガス会社の電気販売が盛ん!
  • ガス会社の電気代セットプランがお得!
  • ガス会社の電気代セットプランはメリット・デメリットを考慮し契約しよう

電気やガスは自由に選べる時代であり、電気は電気で新電力に切り替えるほうが良い場合もあれば、セット割に加入したほうがお得な場合もあります。ガスや電気の使い方を整理し、どの契約ならお得になるのか見極めるのが肝心です。電力会社の乗り換えやセット割の契約を上手に行い、料金の節約を目指しましょう。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /