電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

電気代とガス代はまとめるほうがお得?

2016年の4月に電力小売全面自由化がスタートし、2017年の4月には都市ガスの小売全面自由化が解禁されてから、多くの電力会社とガス会社が、電気とガスのセット販売を始めました。また、他業種でも電気と通信費のセットや、電気と燃料費のセットなど、さまざまなセット割を提供しています。しかし、電気とガスの固定費をまとめることで本当にお得になるのでしょうか。ここでは、セット割の種類やメリット、デメリットなどを紹介します。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

セットプランに申し込んだ場合の料金は?お得な特典も

電気とガスのセットプランを利用すると、どれくらいお得になるのか疑問に思っている人もいるでしょう。ここでは東京電力と東京ガスのセットプランで比較します。40A、平均使用量400kWh/月、ガスの平均使用量30㎥の4人家族世帯がセットプランに申し込んだ場合、東京電力エナジーパートナーと東京ガスのどちらを利用したほうがお得なのでしょうか。

まず、東京電力エナジーパートナーを利用するのであれば、電気料金プランとガス料金プランをそれぞれに選ぶ必要があります。従量電灯Bを利用していた家庭なら、スタンダードSプランが適用されるでしょう。ガス料金プランは、とくとくガスプランととくとくガス床暖プランの2種類です。ガス床暖房を利用する予定がなければ、とくとくガスプランを選択しましょう。切り替え後の料金を試算すると、電気代は年間で約13万6,188円、ガス代は約5万7,840円です。東京電力エナジーパートナーで電気とガスを1つにまとめると、12カ月分のガス代が8%(※1)オフになります。さらに、ガスセット割が適用され、電気代とガス代の合計額から年間1,224円オフです。さらに、Webから申し込むと500ポイントがプレゼントされます。貯まったポイントはTポイントやPontaポイントなど、提携先のポイントとして利用が可能です。また、電気料金1,000円につき5ポイント付与となっています。(※1東京ガスの一般料金より約3%おトクなとくとくガスプラン(床暖プランは除く)と、スタート割5%の適用により最大約8%程度お得となる)

東京ガスではガス・電気セット割を提供しています。東京ガスで利用できるセットプランはずっともプランです。今回例に挙げた家庭なら、「ずっとも電気1」と「ずっともガス」の組み合わせが良いでしょう。年間の電気代は約12万9,516円、ガス代は約5万9,628円です。ずっとも電気1・ずっとも電気2・ずっともでんき3プランで電気とガスのセット契約をすると毎月の電気代から275円割引となるサービスがあります。また、ずっともプランに申し込むと、パッチョポイントが貯まりやすくなります。パッチョポイントとは、東京電力エナジーパートナーのポイントのように、提携ポイントと交換できるポイントです。毎月の電気代1,000円につき15ポイント、ガス代1,000円につき5ポイントが付与されます。

【40A / 400kWh / 30㎥ 東京地区の場合】
※年間の比較となります。スタート割や申し込み時のポイント付与などは反映されていません。

東京電力エナジーパートナー スタンダードS 136,188円/年
東京ガス ずっともガス 59,628円/年
合計 195,816円/年

東京電力エナジーパートナー 東京ガス
スタンダードS + とくとくガスプラン ずっとも電気1 + ずっともガス
電気代 136,188円/年 129,516円/年
ガス代 57,840円/年 59,628円/年
割引 ▲1,224円/年 ▲3,300円/年
合計 192,804円/年 185,844円/年

※燃料費調整額及び再生可能エネルギー賦課金を含まず、消費税10%計算

東京電力エナジーパートナー 東京ガス
スタンダードS+とくとくガスプラン ずっとも電気1+ずっともガス
●スタート割でガス代5%割引(1年)
●WEB申込で500ポイント付与
●電気代1,000円につき5ポイント
●電気代1,000円につき15ポイント
●ガス代1,000円につき5ポイント

電気が、基本料金40Aで月に400kWhでガスが月30㎥の使用量の場合、東京電力エナジーパートナーと東京ガスを年間の電気とガスのセットで比較すると東京ガスの方が安いようです。しかし、初回の割引やポイントの付与などのその他サービスを考え自分に合った方を選択するとよいです。

ガスだけじゃない!気になるセットプランを探そう

電気とガスのセットプランだけではなく、電気と携帯電話のセット割を提供している会社もあります。たとえば、携帯電話の会社で電気代のプランを出しているところでは電気と通信費をセットにできます。ケーブルテレビやインターネット回線、固定電話などを提供するジェイコムでは、電力とケーブルテレビ、インターネット回線の料金をまとめるとお得になる電力セット割が利用できます。固定費をまとめたい人は自分の契約している携帯電話やケーブルテレビなどの会社に電気のセットプランがあるか確認してみましょう。

また、ENEOSでは電気代とガス代のほか、ガソリンや灯油、軽油の料金まで安くなる特典がついています。他にも、会社によって毎月支払っている固定費がお得になる電力サービスもあるので、気になるときはホームページで確認してみましょう。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

セット割のメリットとデメリットを知っておこう

セット割を利用する大きなメリットは、支払先を1つにまとめることができる点と、月々の光熱費が安くなる可能性があるという点です。ガスを利用している人は、電気代とガス代を、毎月支払う必要があります。しかし、毎月の料金をチェックしたり支払いを管理したりするのは大変です。セット割にすれば、電気代とガス代を支払う会社を統一できるため、楽に管理ができます。また、セット割を利用することで、毎月の光熱費を安くすることも可能です。できる限り固定費を節約したい人は、セット割への切り替えを検討してみるのも良いでしょう。

ただし、必ずしも料金が安くなるとは限りません。電気やガスを統一しないまま、それぞれの最安プランを契約したほうが安く済む場合もあります。さらに、光熱費がお得になるプランがあったとしても、対象となる電気料金のプランが限定されているケースもあるので注意しましょう。セット割に乗り換えた結果、かえって料金が高くなってしまったということがないよう、契約前にセット割と最安プランの料金を計算しておきましょう。

この記事のまとめ

東京地区の東京電力エナジーパートナーと東京ガスの電気とガスのセットプランを比較すると年間の費用は東京ガスの方が安いようです。しかし、ポイント付与やその他サービスなどを総合的に考えてどちらが自分にとってメリットが大きいか比較して検討しましょう。電気代を家庭のその他の固定費とまとめられるかどうかはそれぞれの会社に確認してみましょう。

  • 東京電力エナジーパートナーのセットプランは年間で1,224円の割引がある
  • 東京ガスのセットプランにすると電気代が毎月275円割引になる(ずっとも電気1S以外)
  • 電気とガスのセットだけでなく電気代を携帯電話や通信機器とセットにできる会社もある

電力の自由化が始まってから、ガス会社でも電力会社でも、セットプランの販売が盛んになりました。適切なプランを選べば、光熱費を節約できたり、月々の支払いが楽になったりといったメリットを得られるでしょう。ただし、「セット割に加入したほうがお得なのか」「最安値のプランに契約したほうが安く済むのか」は、家庭によって異なります。セット割への切り替えを検討する際は、電気やガスの使い方を改めて整理したうえで、「どの契約を選べばお得になるのか」を慎重に見極めなければいけません。
現在利用しているプランよりもお得なプランを探しているのであれば、一括比較サービスなどを利用すると、より探しやすいでしょう。電力会社の乗り換えやセット割の契約を上手に行い、料金の節約を目指しましょう。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /