電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

東京ガスにはどんな電気プランがある?特徴やメリットを知ろう!

東京ガスには、それぞれの家庭のニーズに合わせた電気プランがいくつか用意されています。実際に加入を検討している人の中には、どのような内容の電気プランがあるのか気になる人もいるのではないでしょうか。そこで、この記事では東京ガスの特徴や電気プランについて紹介します。電気は毎日使うものなので、できるだけお得に、安心して使える会社を選ぶのがポイントです。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

東京ガスの特徴を知ろう!

電気料金のプランについて検討する前に、まずは東京ガスという会社について理解しておきましょう。東京ガスは、明治18年に創立された日本最大のガス会社であり、保有している電源は新電力の中でもトップクラスの規模を誇っています。新電力とは、電力自由化により電気の供給を始めた会社のことをいい、東京ガスも電気分野に関しては「新電力」という位置づけになるのです。東京ガスは、それらの会社の中でも最大規模の会社であり、契約の申し込みも最多となっています。また、東京ガスの主な電源は、自社で保有・管理している火力発電所の割合が大きく、2017年度の実績ではLNGが80%を占めている電源構成となっているのが特徴です。LNGとは液化天然ガスのことをいい、人や環境にとってクリーンなこのガスは、とても注目されているエネルギー源となっています。

また、東京ガスは工場や商業施設といった法人への電力供給実績があることからも、保有する電源の規模が大きいことが分かるでしょう。個人だけでなく、法人にも求められている会社なのです。ただし、供給エリアは東京電力管内に限られるため、これから利用を考えている人は注意してください。たとえば、静岡県に住んでいたとしても、対象となるのは東京電力がカバーしている「富士川より東」のエリアだけになります。

東京ガスの「電気プラン」には何があるの?

東京ガスでは、電力自由化により、2016年4月から「ずっとも電気」というプラン名で家庭向けに電気の販売を開始しています。東京電力エナジーパートナーからの切り替えであれば、従量電灯Bに相当し月々の使用量が少ない人向けの「ずっとも電気1S」と30A以上の契約で申込が可能な「ずっとも電気1」があります。また、東京電力エナジーパートナーの従量電灯Cに相当するプランでは、「ずっとも電気2」があり、電力の使用量が多い家庭や商店、事務所、飲食店向けのプランとなっています。「ずっとも電気3」は東京電力エナジーパートナーの低圧電力に契約していた人向けで、その他のずっとも電気プランと組み合わせて契約する事が可能です。

電気プラン 特徴 東京電力エナジーパートナー
相当プラン
ずっとも電気1S 電気使用量の少ない一般家庭向け 従量電灯B
ずっとも電気1 30A以上の一般家庭向け 従量電灯B
ずっとも電気2 電力を多く使用するお客様向け 従量電灯C
ずっとも電気3 動力使用のお客様向け 低圧電力

また、これらのプランには、ガスと電気を一緒に契約することで割引される「ガス・電気セット割」というものがあるのです。それから、ガスと電気、インターネットを一緒に契約することで「東京ガストリプル割」という割引を受けることもできます。セットで申し込むだけで通信費も抑える事ができるので、少しでも月々の固定費を抑えたいという人はチェックしてみてください。

東京ガスの電気プランの特徴は?

電気料金といえば、電気を使うための「基本料金」と、実際に使用した電気量によって決まる「電力量料金」の2つで構成されています。(最低料金制採用エリア以外)東京ガスの電気プランの基本料金単価は、東京電力エナジーパートナーと同じ価格とほとんど変わらない設定となっています。利用料の少ない人向けプランの「ずっとも電気1S」では電力量料金が第1段料金から東京電力エナジーパートナーより安く設定されているので、「ずっとも電気1S」プランに変更すると同じ電気の使い方で電気代を従来より安くする事が可能です。また、30A以上の家庭で申込が可能な「ずっとも電気1」では電力量料金の第1段階料金は東京電力エナジーパートナーの方が安く、第2段料金は2.55円、第3段料金は4.09円東京ガスの方が安く設定されているので電気を多く使う家庭であればあるほどお得になる設定となっています。

また、電気とガスをセットで契約する「ずっともプラン」はセット割の適用となり、より電気代がお得になります。これは、東京ガスが「光熱費を安く抑えたい」という声を拾い上げ、しっかりとそれに応えた結果といえるでしょう。利用者を大切にしている会社であり、満足度が高いのも頷けます。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

東京ガスの電気プランを利用するメリット

東京ガスの電気プランを利用するメリットとしては、まず「解約金がない」ことが挙げられます。東京ガスには、解約金というものの設定がありません。そのため、違約金を取られることもなく、よくある「2年縛り」というものもないので、気軽に加入することができるのです。これは、「ちょっとお試しで入ってみたい」と考えている人にはありがたいシステムといえます。また、「電気代にあわせてパッチョポイントがつく 」のもメリットでしょう。このパッチョポイントは東京ガスのガスや電気を利用している人だけのものですが、貯まったポイントはさまざまな提携ポイントと交換できるのです。たとえば、dポイントや楽天スーパーポイント、TポイントやWAONポイントなど、日常生活で使う機会の多いものに充てることができます。また、東京ガスの提供する商品の購入や環境・社会貢献活動団体等への寄付にも使えます。

それから、使用する電気量が多い人はお得になる料金設定なのもメリットといえるでしょう。電気を多く使うため電気代が高くて困っているという人は、東京ガスの電気に乗り換えることで電気代が安くなる可能性があります。東京ガスでは、一般的な家庭者向けの「ずっとも電気1」の2段、3段の電気量を使用したときの単価が低く設定されており、ガスと電気のセット割引なども利用すると光熱費をまとめられるだけでなく、今より安く利用できるかもしれません。

この記事のまとめ

東京ガスは、2016年4月の電力の小売全面自由化により一般家庭への電気の販売をスタートさせた新電力会社です。都市ガス会社として首都圏を中心に1都6県にガスの供給を行ってきた日本最大級のガス会社となります。

  • ガスと電気をセットで契約すると、よりお得に利用できる
  • 東京ガスは解約金がなく、契約期間の年縛りもない
  • 東京ガスのパッチョポイントはそのまま提携ポイントへ交換できる(交換率1:1)

電気プランを決めるときには、いくつかの会社を比較検討することが大切となります。いろいろなプランを見比べてみることで、自身の生活スタイルにおいてベストなプランを見つけやすくなります。一括比較サイト などを利用し他社の電気プランと比較してみましょう。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /