電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
電気代が高くなる季節を迎える前に

ひとり暮らしの平均的な電気代や水道代は?ワンルームの節約法

ひとり暮らしを始めるときに、家賃などの固定費は毎月いくらかかるか分かりやすいですが、水道光熱費はどれくらいかかるのか事前にわかりづらく気にかかりますよね。この記事では、ひとり暮らしの平均的な水道光熱費と、節電の効果的な方法について説明します。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

ひとり暮らしにかかる電気代の目安

電気代は、電気料金プランや生活スタイルなどによって大きく変わってきます。ひとり暮らしでも、1カ月当たり2万円を超えるという人もいます。平均的な電気代はというと、1カ月当たり約3000〜4000円です。電気代は、契約するアンペア数によっても異なります。ワンルームの場合、多いのは20〜30Aです。契約アンペア数が多いほど電気代は高くなりますが、ブレーカーが落ちにくく、複数の家電製品を安定して使いやすいのは30Aです。

電気代を安く抑えるには、契約アンペアを変更する事も方法の一つです。しかし、1人暮らしの場合、20~30Aの契約が最も多くこれ以上契約アンペアを下げて契約する事は一度に使える電力量が少なくなるため生活が不便になる可能性があります。同じ生活をしていても契約プランによって電気代は変わるため、電力会社を変更するという方法があります。電力会社を変えれば、節約につながるケースもあるため一括比較サイトなどで確認してみるといいでしょう。賃貸物件の場合は、「一括受電契約」になっていると電力会社を自由に選ぶことはできません。一括受電契約とは、アパートやマンションが丸ごと特定の電力会社と契約していることをいいます。しかし、それ以外の場合、基本的には賃貸物件でも電力会社を変えることは可能です。今よりも電気代が安くなるプランや電力会社はないか、探してみると良いでしょう。

ひとり暮らしにかかるガス代の目安

ガス代は、プロパンガスか都市ガスかによって料金が異なります。ひとり暮らしの場合のガス代の平均は、1カ月当たり約3000円です。

都市ガスは、東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、西部ガスの大手4社が代表的です。地下のガス管を通して契約者にガスが供給されます。ガスボンベの交換作業などが必要ないため人件費が安く上がり、その分プロパンガスよりも料金が安くなっています。季節による変動を考慮しない場合、都市ガスを利用したひとり暮らしの1カ月当たりの料金は、平均約2500円です。一方、プロパンガスは、ガスボンベにガスを充填させて契約者に提供しています。定期的にガスボンベの交換が必要で、一人暮らしの場合、人件費がかかることから都市ガスよりも1カ月当たり約1000〜2000円高めです。料金は各ガス会社が独自に設定しているため、地域やガス会社によって異なります。

都市ガスに対応していない地域では、契約するガスの種類を選択することはできず、プロパンガスしか利用できません。しかし、それ以外の地域では、都市ガス対応の物件を探すことで毎月のガス代を節約できます。光熱費を少しでも抑えたいなら、家探しをするときには都市ガスに対応した物件の中から選びましょう。

ひとり暮らしにかかる水道代の目安

水道代は地域によって差があり、高い場合はひとり暮らしでも1カ月に1万円を超える人もいます。しかし、ひとり暮らしの平均は1カ月当たり約2000円です。

一般家庭においてよく水を使うシチュエーションは、洗濯です。入浴のために湯船にお湯を張るのにも水道代はかかりますが、暖かい時期はシャワーだけで済ませる人も多くいます。洗濯は季節に関わりなく年じゅう必要なので、洗濯で節約を心がけるなら年間の水道代を減らすことができるでしょう。

ひとり暮らしの場合、洗濯にコインランドリーを利用する人も多くいます。コインランドリーを利用するのと洗濯機で洗濯するのとでは、どちらが安く済むのでしょうか。店舗により違いがありますが、コインランドリーの利用料金は1回当たり200〜400円程度です。週に2回利用すると仮定した場合、1カ月の利用料金は約1600円となります。この計算でいくと、ひとり暮らしをするのが1〜2年程度の短期間なのであれば、コインランドリーを利用するのも一つの効果的な節約方法です。洗濯機を購入するのにかかる費用と、洗濯機を動かすのにかかる水道代や電気代を合わせると、ひとり暮らしが短期間の場合はコインランドリーを利用したほうが安く済みます。毎日洗濯をする場合やひとり暮らしが長い期間にわたる場合は、洗濯機を購入したほうが良いでしょう。しかし、それ以外の場合は、コインランドリーを賢く利用することで洗濯機の購入費用を浮かせることができます。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

ワンルームでできる節約方法

ワンルームのメリットは、部屋が一つだけなので冷暖房をするのが1カ所で済むことです。ただし、暖房にエアコンだけを使用する場合、地域によっては部屋が暖まるまでに時間がかかったり、電気代がかさんだりします。そこで、電気代が安いこたつや電気毛布を併用し、エアコンの温度は低めに設定すると節約できます。

オール電化は、住宅のエネルギーを電気に統一した住宅設備です。ワンルームのオール電化の住宅では、電気代が安い夜間にお湯をためておくことで電気代が割安になるプランで契約する事がほとんどでしょう。お湯を使い過ぎたときには割高になってしまうこともありますが、ひとり暮らしならその心配は少ないでしょう。ガスを利用しないためガス代がかからない事はもちろんですが、キッチンはIHで掃除がしやすく、火災の心配も減らせます。

この記事のまとめ

自宅にいる時間を考えて上手に節約をしましょう。電気は、電力会社の変更で同じ電気の使い方でも電気代を安く抑えられる可能性があります。ガスは、プロパンガスか都市ガスの地域かで違いはありますが、都市ガスの方が安く抑える事が出来るでしょう。電気とガスのセットプランで契約できる電力会社やガス会社もあるため検討してみましょう。水道は、一人暮らしであれば洗濯機の購入費用と洗濯の水道代を考えるとコインランドリーで済ませる事の方がお得な場合がありますので一人暮らしの期間などを考慮し上手にコインランドリーを利用しましょう。

  • 一人暮らしの1か月の電気代平均は、約3000円~4000円
  • 一人暮らしの1か月のガス代平均は、約3000円
  • 一人暮らしの1か月の水道代平均は、約2000円

水道光熱費は、自宅で過ごす時間帯や長さによって変わってきます。まずは、自分が家で過ごす1日当たりの時間や住む地域などを考慮してみることが大切です。節約方法は一つではないので、オール電化の選択や電力会社の変更など、自分に合った上手な節約術を考えてみましょう。

この記事は参考になりましたか?
  • はい (0)
  • いいえ (0)
一括比較スタート

ご自宅の電気代を安くする方はこちら