電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

パネルヒーターの電気代はいくら?長所と短所、電気代の節約方法を徹底解説

冬が近づき、段々と冷え込んでくる日が多くなってきました。寒くなってくると、本格的に暖房器具について考えるようになってくるでしょう。この記事では、暖房器具の中でも安全で空気を汚さないということで注目されている、パネルヒーターの長所や短所、電気代の節約方法などを詳しく解説していきます。

パネルヒーターとは?オイルヒーターと何が違うの?

パネルヒーターは、電気の力を使ってヒーターを暖め、その輻射熱を利用して部屋を暖める暖房器具です。輻射熱で暖めるので空気を汚さず、遠赤外線効果で身体の芯から暖めることができます。パネル型のため、非常にコンパクトかつ軽量なことが特徴です。本体が熱くなりにくいので安全性の高い暖房器具として注目されています。

同じような暖房器具にオイルヒーターがあります。パネルヒーターはパネルを暖めることで暖房効果を得ますが、オイルヒーターは機器内のオイルを暖めて暖房効果を得ます。両方とも似ているようですが、暖房効率の違いや大きさの違いがあります。

まず暖房効率ですが、パネルヒーターに比べてオイルヒーターのほうが暖房効率は高いです。その代わり、電気代もオイルヒーターのほうが高くなります。そして、大きさですが、パネルヒーターのほうがコンパクトで軽量です。オイルヒーターは内部にオイルが入っている分、パネルヒーターと比べて機器本体は大きく重いです。

パネルヒーターの電気代はいくらかかるの?

気になるパネルヒーターの電気代について解説していきます。機種によって多少違いはありますが、パネルヒーターを強で運転した場合の消費電力は約1,000Wです。

1kWh当たりの電気代を27円とした場合、1時間あたりの電気代は、約27円になります。オイルヒーターを1日8時間使った場合の1カ月の電気代は約6,480円となります。また、弱で運転した場合には、機種にもよりますが、消費電力が約250W程度なので1カ月約1,620円です。

電気代=消費電力(W)÷1000×使用時間(h)×1kWhあたりの電気代(円/kWh)

パネルヒーターの電気代節約術

パネルヒーターの電気代についてみてきましたが、意外に電気代がかかると思った人も多いかもしれません。パネルヒーターはその特性上、急激に部屋の温度を上げることができず、じわじわと長い時間をかけて暖めるので、運転時間が長くなりがちです。その分、電気代も多くかかる傾向があります。ですが、使い方によっては電気代を大きく節約することが可能です。

パネルヒーターの電気代を節約する最大の方法ですが、それは「弱」で運転をすることです。先程、パネルヒーターを強で運転した時と弱で運転した時の1カ月あたりの電気代を説明しましたが、強で運転した場合と弱で運転した場合では、4倍近い電気代の差があったことに気づいたでしょうか。弱で運転するだけでかなり電気代を節約することができます。部屋が冷えきっている時など、早く暖めたい時に強で運転するのではなく、部屋が暖まるまではエアコンを併用するとより効率的に暖めることができ、電気代の節約につながります。

また、パネルヒーターを窓際に設置したり、断熱効果のあるカーテンを利用したりすることで冷たい空気が外から入ってくるのを防ぐと暖房効率が上がり、より電気代を節約することが可能です。

パネルヒーターのメリットは?デメリットはあるの?

パネルヒーターのメリットは、安全性が非常に高いことです。パネルヒーターは、石油ファンヒーターなどのように火を使わないため、火事になる心配がありません。また、熱くなるヒーター部を薄いパネルで覆っているため、表面が熱くなりにくく、直接触っても火傷しにくいというメリットがあります。子供やペットなどが間違えて触ってしまっても火傷などの事故になりにくいので、安心して使うことができます。

また、パネルヒーターは温風を使う暖房器具と違い、輻射熱を使って暖めるので空気を汚す心配もありません。温風を使わないため、空気が乾燥しにくく、作動音も非常に静かなので、赤ちゃんなどが寝ている部屋でも使用することができます。そして、パネルヒーターのもうひとつのメリットが、コンパクトで移動しやすいということです。パネルヒーターはその名の通り、パネルの形をしているので非常にコンパクトで場所を取りません。本体も軽量なため、他の部屋への移動などがしやすいことがメリットです。

安全で空気を汚さず静かなパネルヒーターですが、デメリットも存在します。パネルヒーターの最大のデメリットが暖房能力の低さです。パネルヒーターは輻射熱で暖めるという特性上、空気を直接暖めることができません。そのため、部屋全体を暖めるという用途には向いていません。

もっと節約したい人は、電力会社の変更も検討してみましょう

パネルヒーターのメリットやデメリット、電気代の節約術について説明してきましたがいかがだったでしょうか。パネルヒーターは部屋全体を暖めるのは苦手ですが、局所的に暖めることでは非常に有効な暖房器具です。生活スタイルや用途によって自分にあった暖房器具を選ぶと良いのではないでしょうか。ちょっとした工夫をすることで、電気代を節約して快適に冬を過ごすことができます。

そして、さらに電気代を節約したい人は、電力会社の変更も検討してみてはいかがでしょうか。電力会社を変えることによって、暖房器具だけではなく、日々の電気代を節約することが可能です。電気を上手に使って、暖かい冬を過ごしてください。

一括比較スタート

ご自宅の電気代、払いすぎていませんか??