電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
暖房を我慢するのはもう古い!

一人暮らしでも電力自由化で電気料金の節約はできる?

電力会社を自分たちで選ぶことのできる電力自由化が始まっています。しかし、一人暮らしの場合には電力自由化は関係ないと思っていませんか。一人暮らしであっても、電力会社を変更することで電気代を安くできる可能性があるのです。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!


一人暮らしの場合の電気料金は?

一人暮らしをしている人の、平均的な電気代を見ていきましょう。総務省家計調査によると、2017年の平均電気代は5392円です。電気代は、年代によっても大きく変わってきて若い世代ほど平均の電気代は安くなる傾向にあります。これは、日中に家にいる時間が短いことが関係しているといえるでしょう。勤労世帯である、34歳以下の平均電気代は3172円、35~59歳の場合には5092円となっています。一方、定年を迎えている場合もある60歳以上の平均電気代は6271円、65歳以上では6254円です。

2017年一人暮らしの平均電気代

  平均電気代
34歳以下 3,172円
35歳~59歳 5,092円
60歳~34歳 6,271円
65歳以上 6,254円
全年齢対象 5,392円

一人暮らしでも電力会社を変えたい!変更は可能?

少しでも電気代を節約したいと思ったときに検討するのが電力会社の変更ですが、アパートやマンションでは変更ができないのではと考えている人も多いでしょう。しかし、一人暮らしの場合に契約することが多い、アパートやマンションであっても電力会社を変更することは可能です。ただし、高圧一括受電の場合は電力会社を変えることができませんので注意しましょう。高圧一括受電とは、マンションやアパートが一棟単位で電力会社を選択し契約しているタイプになります。この場合には、マンション単位での契約のため、一世帯だけ別の電力会社を選ぶといったことはできません。また、古いアパートや下宿などでは大家さんが電気代を一括徴収している場合もあります。そのケースでも電力会社を選択することはできませんので気を付けましょう。

これらの特別な事情がない限り、基本的には電力会社を自分で選ぶことができるでしょう。電力会社を変更するためには、スマートメーターへの変更が必須です。まだ変更が済んでいない場合には、電力会社を切り替える時に切替先の電力会社がスマートメーターへの取り換え工事を手配してくれます。このスマートメーターは地域の送配電事業を行う大手電力会社の所有物です。電力会社の変更をする、しないに関わらず、古いものはスマートメーターに順次取り換えられていくので、電力会社を変更するために取り換えを行ったとしても、退去するときの原状回復の必要はありません。

一人暮らしであっても電力会社を変更できますが、そもそもそんなに電気代を払っていないから変更する意味がないと考えている人も多いでしょう。それでも、自分にとって適切な電力会社を選ぶことができれば、さらに電気代を安くすることが可能なのです。少しでもいいから節約したいと思っているのなら、変更を検討してみるといいでしょう。しかし、きちんと電気料金やプランを調べて、適切なものを選ばなければ電気代が高くなってしまう可能性もあるので、注意が必要になります。

一人暮らしならHTBエナジーという選択肢も

一人暮らしで電力会社を変更したいけれども、どこがいいのかわからない、プランをみても理解できない人もいるでしょう。一人暮らしに向いている電力会社はどこなのでしょうか。一人暮らしに向いている電力会社として挙げられるのは、HTBエナジーの「たのしいでんき」です。HTBエナジーには一人暮らしをしている人にぴったりのプランがあります。まず、HTBエナジーでは30A以上(関西、中国、四国は制限なし)なら契約することが可能です。また、基本料金と従量料金の単価が安いのも魅力でしょう。HTBエナジーでは、料金を地域の電力会社の標準的なプラン(従量電灯A/B/C)の5%オフに設定しています。そのため、電力の使用量が少ない一人暮らしの人でも電気代を安くすることができるのです。

関西のみ関西電力の2度の値下げによって割引率が異なりますので、関西に住んでいる場合にはその点だけ注意しましょう。割引率が違ったとしても、使用料が少ない場合でも電気料金が安くできることには変わりありませんので安心です。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

比較サイトを利用すると便利

契約する電力が20A以下というケースや、30A以上でもさらに節約できる電力会社を探したい場合には比較サイトを利用するのも1つの方法です。インターネット上には電力会社を比較できるサイトが多数ありますので、利用してみるといいでしょう。比較サイトでは、自分の電気使用状況を入力するだけで、さまざまな電力会社の料金を一括シミュレーションすることができるのです。電力会社が多すぎてプランを探すことが難しい、プランが多すぎて自分に合うのがどれなのかわからないといった場合でも、簡単に比較できるので便利でしょう。

この記事のまとめ

自分に合った電力会社を見つけてお得に電気を使おう!

  • 一人暮らしのアパートやマンションでも電力会社の変更は可能
  • 高圧一括受電の集合住宅や大家さんの一括徴収タイプは変更が難しい
  • 一人暮らしでも今より安い契約プランがある電力会社を探すことは可能
  • HTBエナジーの「たのしいでんき」は今より5%安くなる料金設定でおススメ

一人暮らしでアパートやマンションに住んでいたとしても、一部の例外を除き自分自身で電力会社を選ぶことが可能です。一人暮らしの場合には電気代がそこまで高くないこともあり、電力会社の変更の必要性を感じないという人も多くいます。しかし、少しでも節約したいと思っているのなら、電力会社の変更を検討してみてはどうでしょうか。この際、自分に合う適切な電力会社やプランを選ぶことが重要です。安易に選ぶと電気代が高くなる可能性もあるので、しっかりとプランを比較して、お得になる電力会社を選ぶといいでしょう。

この記事は参考になりましたか?
  • はい (0)
  • いいえ (0)
一括比較スタート

ご自宅の電気代を安くする方はこちら