電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

電気代を「比較」して安くするとはどういうこと?

2016年4月から始まった電力自由化は、「今までより電気代が安くなる」と一躍話題になりました。新しく契約できるようになった電力会社はさまざまな料金プランを掲げているので、自分のライフスタイルにあったプランを選べば出費を抑える事ができます。自分のライフスタイルにあったベストな電気プランが見つかれば電気代を安く抑えられる可能性が大きくなります。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

電気代を「比較」するとは?

電力自由化によって開かれた市場には、さまざまな特徴のある電気プランを出す電力会社が数多く参入しました。さまざまな業種の企業による電力販売が可能になり、これまでは大手の電力会社からしか購入することができなかった電気は、自分で選ぶことが可能になっています。

「電気」は、品質や物量を比較して選ぶことはできません。そんな「電気」を比較し、契約する電力会社を選ぶ上で注目する点は、何で発電された電気なのかというや電力会社の評判(サービスなど)などで判断し選択することになるでしょう。その中で一番比較したい点は「電気代」です。電気は、どこの電力会社から購入してもこれまでと変わらない品質で同じように使うことができます。これまでと変わらず安心・安全に利用できるのであれば少しでも安い電気を利用できた方が家計の負担も軽減されるのではないでしょうか。また、今利用しているサービス(ガスや携帯電話など)と合わせて電気の契約をすることでセット割引の適用をうけるなど固定費を安くできるような電気プランを出している会社を利用してみるのもいいでしょう。

「電気」を比較するとは、これまでと変わらない電気の使い方で電力会社を変更するとどれだけ電気代が安くなるのかという事を比較してみる事です。もちろん、環境への配慮を考えて電源構成に注目し電力会社を選ぶ人などもいるでしょう。その他にもそれぞれ電力会社を選ぶポイントは人それぞれかもしれませんが、まずは電力会社を変更するとどれだけ電気代が変わるのかという事を比較し実感してみましょう。電力会社を変更して年間で5万円以上電気代が安くなったという人もいるようです(電気の比較インズウェブ_2018年1月利用者の想定節約額より)。電気代が安くなれば家計への負担も軽くなるはずです。

新電力会社が撤退・倒産しても電気は急に止まらない!

電気は、契約する電力会社を変更しても、これまで通り地域の大手電力会社(東京電力や関西電力など)が持つ送配電線などのインフラを通って供給されることは変わりません。送配電線を通る電気は各電力会社の供給する電気が混ざり合って送られてくるため自分の契約する電力会社が撤退・倒産したとしても電気が送電されなくなるような事はありません。

更に、大手の電力会社には、セーフティーネットとして最終的な供給を実施する(最終保障供給)義務が課せられています。そのため、万が一契約する電力会社が撤退・倒産しても電気は急に止まったりしません。ただし、契約する電力会社が撤退・倒産などで事業を廃止する場合、15日前までに通知が来ることになっているので届いた通知の内容を確認し必要な手続きを忘れず行いましょう。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

電力会社を「比較」して変更してみよう!

自分の住む地域で電気代の比較を行ってみたいと思う電力会社があれば、その会社のホームページを見てみましょう。多くの会社がホームページ上で電気料金のシミュレーションを行えるようになっています。しかし、自分の住む地域で電気の販売を行う電力会社のプランをそれぞれ比較していくのは大変です。そんな時には、一括比較サイトなどを利用すると一度にたくさんの電力会社と比較することができるので便利です。

電力会社の比較に必要な条件

多くの会社で電気代のシミュレーション比較をする時に必要な情報になります。手元に検針票を準備があればスムーズに進めることができるでしょう。また、検針票は12か月分の準備があれば電気代のシミュレーションは正確に行う事ができます。

  • 現在契約中の電力会社名と契約プラン
  • 現在契約中の電力会社のお客様番号
  • 契約者氏名
  • 電気のご使用場所
  • 供給地点特定番号(電気を使用する場所を特定する番号)

電力会社の変更は簡単!

電力会社への申し込みは多くの電力会社でオンラインで申し込みが可能です。電話や直接受付を対応している会社もあるので確認してみるとよいでしょう。シミュレーションの比較を行った後、気に入った電力会社があればそのまま申し込む事が可能になっています。電気の一括比較サイトでも一括比較で電気代の比較を確認したら、気に入った会社に直接申し込むことが可能になっています。

電力会社の変更に工事は不要!

新電力会社へ乗り換えをする場合は、道路を封鎖して作業したり高所作業車を使ったりする大掛かりな工事は一切ありません。必要になる工事は、あくまでも屋外にある従来のアナログ式電力メーターを最新のデジタル式電力メーターに交換するだけで終わります。デジタル式の電力メーターのことを「スマートメーター」と呼びます。そもそも、工事ではなく交換設置作業と呼んだほうがふさわしい簡単な作業で、短時間で終了します。また、スマートメーターへの取り換えには費用はかからないため心配いりません。一部、建物の外壁不良や配線状況などにより費用が発生することがあるようですが基本的には工事費用は必要ありません。スマートメーターへの切り替えは電力自由化前より順次行われており、既に切り替え済みの場合は必要ありません。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

電力会社はメリットの大きな会社に変更して電気代をお得に!

電力会社を選ぶポイントを3つの観点から紹介します。電力会社選びの参考にしてみましょう。

1.電気代が安くなる電力会社から選ぶ

普段と電気の使い方を変えずに、電気代が安くなればうれしいですよね。

電気代が安くなる電力会社を探すためには各電力会社の料金プランを比較することが大切です。そこでインズウェブの電力会社比較サービスを利用すると便利です。一括比較サービスを利用し今の電気代より安いプランを見つけましょう。

2.セット割を提供している会社から選ぶ

普段利用しているガス会社や携帯会社、インターネット回線のプロバイダーなどが電気を販売しているかもしれません。そうした会社は、電気の契約をすることでその会社が提供しているサービスや電気料金が安くなるセット割を提供していることが多いです。

普段ご利用のサービスがさらにお得に使えるようになるので、こうした観点から選んでみるのも良いと思います。

3.環境に優しい発電をしている電力会社から選ぶ

電力会社の中には太陽光や風力などの再生可能エネルギーを使った発電が発電構成の多くを占めることを売りとしているところがあります。

地球温暖化や原子力発電所の事故など環境に対する意識も高まってきています。環境に優しいという観点から電力会社を選ぶ人も増えてきており、各電力会社も再生可能比率を高めようと努めています。国も再生可能比率を高めることを目標としており、環境に優しい発電で電気が作られているということは、電力会社のアピールポイントでもあります。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

一括比較スタート