電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

プロパンガスはなぜ高い?安くする方法は?

プロパンガスの料金は都市ガスよりも高い傾向にあります。そういうものとしてあきらめて支払っている人も多いのではないでしょうか。しかし、実はプロパンガスを安くする方法もあるのです。プロパンガスの料金が高い理由と安くする方法について紹介します。

プロパンガスは都市ガスよりも高い?

プロパンガスは都市ガスよりも高いということはよく聞く話だと思います。実際に高いのか東京都を例として比較してみたいと思います。

プロパンガスの料金も都市ガスの料金も事業者によって異なりますが、プロパンガスは一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センターが調査・公表している2020年8月の東京都(除伊豆諸島)のデータ、都市ガスは利用者が多い東京ガスの一般料金(東京地区等)の2020年8月検針分の料金を使って比較します。

東京都のプロパンガスと都市ガスの料金比較
プロパンガス 都市ガス
使用量 料金 使用量 料金
5㎥ 4,335円 11㎥ 2,309円
10㎥ 6,919円 22㎥ 3,829円
20㎥ 12,067円 44㎥ 6,603円
50㎥ 26,046円 110㎥ 14,859円

出典:プロパンガスは石油情報センター 一般小売価格 LP(プロパン)ガス 確報(2020年8月調査、東京都(除伊豆諸島))、都市ガスは東京ガス ガス料金表(2020年8月検針分の単位料金より計算)

プロパンガスは都市ガスの約2.2倍の熱量があるため、単純に計算すると都市ガスの使用量はプロパンガスの約2.2倍となります。そのため、同じ行での比較がほぼ同じ使用量での料金比較となります。この結果からすると、東京都ではプロパンガスの方が都市ガスよりも約1.8倍の料金となっていることが分かります。

プロパンガスが高い3つの理由

プロパンガスはどうして都市ガスよりも料金が高いのでしょうか。その3つの理由について説明します。

配送コストが高い

都市ガスは地面に埋められた導管を通じて各家庭に供給されるのに対してプロパンガスはタンクやガスボンベに詰められて各家庭に人の手を介して配送されます。この配送にかかる費用や人件費がガス代に反映されることが都市ガスよりも料金が高い理由の一つとなっています。

十分な競争が行われていない

プロパンガスは各業者が自由に料金を設定することができます。競争が十分に働いていれば料金も下がっていきますが、消費者がプロパンガスの業者を選べることを知らない、業者によって料金が異なることを知らないといった認知不足や歴史的に地域のプロパンガスの業者間で価格の協定が結ばれていたことから、十分な競争が行われておらず、料金が下がりきっていない状態となっています。

供給設備の設置費用が上乗せされている

プロパンガスを利用するには供給設備の設置が必要ですが、その設置工事には10~20万円ほどかかります。この設置費用はプロパンガスの業者側が支払ってくれることも多いのですが、会社としてはその分の費用はどこかで回収する必要があります。結局のところは毎月のガス料金に転嫁されるため、ガス料金が高くなってしまうのです。

地域別プロパンガスの平均料金

プロパンガスは都市ガスと比べて高いということが分かりましたが、プロパンガスは各業者が自由に料金を設定できるため、プロパンガス間でも契約する業者によって料金が違うということが起こりえます。一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センターが調査・公表しているデータより、2020年8月調査における各地域のプロパンガスの平均料金を紹介します。

※価格は基本料金およびその使用量での消費税込みの価格(基本料金込み)です。

北海道局
2020年8月 基本料金 5㎥ 10㎥ 20㎥ 50㎥
北海道 2,140 6,125 9,856 16,864 37,132
東北局
2020年8月 基本料金 5㎥ 10㎥ 20㎥ 50㎥
青森県 1,924 5,760 9,472 16,630 37,166
岩手県 1,990 5,571 9,066 15,563 32,522
宮城県 1,784 4,875 7,914 13,593 29,536
秋田県 1,893 5,340 8,718 15,055 32,551
山形県 1,925 5,535 9,101 15,860 33,701
福島県 1,834 5,076 8,229 14,184 30,634
関東局
2020年8月 基本料金 5㎥ 10㎥ 20㎥ 50㎥
茨城県 1,740 4,523 7,228 12,304 26,501
栃木県 1,690 4,539 7,263 12,381 26,513
群馬県 1,779 4,536 7,247 12,387 26,195
埼玉県 1,745 4,425 7,060 12,199 26,928
千葉県 1,761 4,460 7,068 12,181 26,095
東京都 1,726 4,382 7,010 12,237 26,482
神奈川県 1,755 4,446 7,101 12,262 26,941
新潟県 1,946 5,123 8,192 14,097 30,603
長野県 1,838 4,857 7,798 13,327 28,412
山梨県 1,744 4,536 7,240 12,660 27,907
静岡県 1,859 4,813 7,584 12,937 27,806
中部局
2020年8月 基本料金 5㎥ 10㎥ 20㎥ 50㎥
愛知県 1,829 4,601 7,197 12,134 25,615
岐阜県 1,850 4,682 7,359 12,503 26,627
三重県 1,843 4,653 7,220 12,067 24,895
富山県 2,074 5,451 8,664 14,635 29,555
石川県 1,901 5,201 8,367 14,245 30,130
近畿局
2020年8月 基本料金 5㎥ 10㎥ 20㎥ 50㎥
福井県 1,813 5,015 8,067 13,810 29,064
滋賀県 1,903 4,739 7,496 12,617 26,328
京都府 1,872 4,753 7,562 12,875 27,521
奈良県 1,869 4,634 7,310 12,504 26,670
大阪府 1,818 4,619 7,354 12,640 27,142
兵庫県 2,020 5,077 8,008 13,337 27,961
和歌山県 1,913 4,740 7,390 12,194 25,970
中国局
2020年8月 基本料金 5㎥ 10㎥ 20㎥ 50㎥
鳥取県 1,926 5,270 8,462 14,618 30,998
島根県 2,073 5,282 8,397 14,249 30,536
岡山県 1,968 5,224 8,218 13,785 28,822
広島県 1,910 5,062 7,785 12,928 26,905
山口県 2,009 5,252 8,343 14,087 29,308
四国局
2020年8月 基本料金 5㎥ 10㎥ 20㎥ 50㎥
徳島県 1,858 4,760 7,557 12,827 26,767
香川県 1,887 4,997 7,981 13,720 29,653
愛媛県 1,904 4,916 7,864 13,349 27,937
高知県 1,805 4,720 7,511 12,649 26,757
九州局
2020年8月 基本料金 5㎥ 10㎥ 20㎥ 50㎥
福岡県 1,983 4,989 7,814 12,874 26,013
佐賀県 1,915 5,036 7,907 13,124 27,259
長崎県 1,834 5,028 8,078 13,661 28,471
熊本県 1,781 4,927 7,836 12,976 26,490
大分県 1,809 4,765 7,580 12,653 25,798
宮崎県 1,722 5,079 8,269 13,994 28,043
鹿児島県 1,681 4,873 7,793 13,168 27,114
沖縄総合事務局
2020年8月 基本料金 5㎥ 10㎥ 20㎥ 50㎥
沖縄県 1,800 4,991 8,118 13,978 30,300

プロパンガスの料金を安くする方法

ガス代が高くなってしまいがちなプロパンガスですが、今よりもガス代を安くする方法もあります。どのようにすればよいか紹介します。

プロパンガスの会社を切り替える

プロパンガスは各会社が自由に料金を設定することができるので、今よりも安い料金の会社に切り替えることでガス代を安くすることができます。しかし、どこの会社が安いのかを自力で探し出すのは困難です。なぜなら日本にはプロパンガスの会社が数多くあり、また、その料金が必ずしもネットなどで公開されているわけではないからです。自分で1社1社問い合わせを行うのは骨が折れます。

そこでおすすめなのが、プロパンガスの一括見積もりサービス「enepi」を利用することです。enepiを利用すれば、Web上の情報入力で複数のプロパンガス会社の料金を比較することができます。また、enepiを通して紹介されるのはプロパンガスの販売量が4,000トンを超えたり違約金を取らない、料金を明確にしていたりするなど消費者にとって安心できる業者に厳選されているので安心できます。プロパンガスを安くしたいという場合はぜひenepiを利用してみましょう。

賃貸でも変更できる?

残念ながら、賃貸住宅にお住いの場合はenepiを利用してプロパンガスを安くすることはできません。アパートやマンションなどの集合住宅の場合は、大家さんがまとめて業者と契約している場合がほとんどなので、まずは大家さんに相談してみることが必要です。個人が直接安い業者との契約はできなくても、大家さんに安い業者と契約するようにお願いしてみて、大家さんがうまく安い業者と契約してくれれば、自分のガス料金を安くすることも可能です。

使用量を節約する

プロパンガスの会社を変更できない場合や変更後さらに安くしたい場合は使用量の節約を考えてみましょう。家庭で使用されるガスのうち、大部分が給湯器によるものです。そのため、給湯器のガス使用量を減らすのが効果的です。

お湯の設定温度を低くする、使うお湯の量を減らす、冷める前に続けて入ったりお風呂のふたを活用したりして追い焚きを減らすなどの工夫を行いましょう。200Lのお風呂の場合、温度を1度上げるのにプロパンガスであれば約4円のガス代がかかります。1回1回は大したことがない金額かもしれませんが、お風呂には毎日入るので積み重ねが大切です。

この記事のまとめ

プロパンガスは配送コストが高かったり、歴史的に十分な競争が行われてこなかったりしたことから都市ガスよりも料金が高い傾向にあります。また、プロパンガスは各業者が自由に料金を決定できるのでプロパンガス間でも料金の差があります。プロパンガスの料金を安くしたいのであればプロパンガスの会社を変更することが大きな節約につながります。

  • プロパンガスは都市ガスよりも高い
  • プロパンガス間でも業者によって価格が異なる
  • プロパンガスの契約会社を変えることが大きな節約につながる

プロパンガスの会社を変えるといっても自分で安い会社を探すのは大変です。そこで便利なのがプロパンガスの一括見積もりサービス「enepi」を利用することです。消費者が安心できる業者の中からプロパンガスの料金を簡単に比較することができるので、「プロパンガスが高い!」と感じている方はぜひ利用してみましょう。

一括比較スタート