電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

電気圧力鍋の実力とは?気になる電気代も徹底調査!

煮込み料理を作る際、「もっと簡単に作れたらな」「もっと早くできたらいいのに」などと思ったことはありませんか。おいしい煮込み料理を作るにはじっくり煮込む必要があります。しかし、煮込み料理は時間がかかるうえに鍋のそばから離れられないので面倒に感じてしまうものです。ここでは、そんな煮込み料理を簡単にかつ時短で作ることができる電気圧力鍋について紹介します。

電気圧力鍋とはどんなものなのか

電気圧力鍋とは、その名の通り電気を使って調理ができる圧力鍋です。火を使わずに調理ができるため火の番をする必要がありません。さらに、使い方も簡単です。材料をセットしてスイッチを入れたら、ほったらかしていても料理が完成します。また、煮込み時間を短縮し食材を柔らかく煮込むことができる圧力調理のほかにも、無水調理や蒸し調理などができるさまざまな機能を備えています。時短調理を得意としているため、忙しい主婦(主夫)に人気の調理家電です。

一方、電気圧力鍋を使った料理はその仕上がりにも定評があり、簡単にプロの味が作れると話題になっています。味にこだわる人や料理のレパートリーを増やしたいと考えている人にもおすすめです。

電気圧力鍋の気になる電気代

どんなにおいしく簡単に調理ができても電気代が高ければ日常的に使うことは難しいでしょう。電気圧力鍋の電気代はどのくらいなのか、計算してみましょう。電気代は「消費電力(W)÷1000×使用時間(h)×電気料金単価(円/kWh)」で計算できます。

消費電力や電気料金単価は使用するメーカーや契約する電気会社によっても異なりますが、ここでは、電気圧力鍋の消費電力を800W、電気料金単価を27円/kWhとします。すると、「消費電力800(W)÷1000×1(h)×電気料金単価27(円/kWh)」となり、1時間あたりの電気代が21.6円であることが分かります。さらに、計算し「21.6円÷60分」で1分あたりの電気代が0.36円であることも頭に入れておきましょう。

それを踏まえたうえで、電気圧力鍋を使った料理のレシピを見ると平均使用時間は15~20分程度のものがほとんどです。たとえば、カレーや鶏肉のトマト煮込みなどは使用時間15分となっているため、1品あたりの電気代は「0.36円×15分」で5.4円程度となります。あさりの酒蒸しなら使用時間は1分なので電気代は0.36円程度です。

なお、電力会社によって電気料金単価が違うため、普段から電気代が高いと感じている人は電力会社の比較も検討してみましょう。思っていた以上に電気代が安くなる可能性もあります。

ガスの圧力鍋と電気圧力鍋の違いとは

ガスで調理する圧力鍋との最大の違いは火を使わないことです。ガスの圧力鍋の場合は、煮込み調理は火加減が難しく調理中は鍋のそばから離れられません。煮込み料理をしていて火が強すぎて焦がしてしまったり、煮込み過ぎて具材が溶けてしまったりした経験はありませんか。その点、電気圧力鍋の場合は火を使わないので火力の調節が不要で。材料や調味料をセットしスイッチを入れ、できあがりを待つだけで料理が完成します。その手軽さからは信じられないくらいおいしい料理に仕上がるので料理が楽しくなるのです。

また、電気圧力鍋は圧力調理以外にも、食材の水分だけを使うことで食材本来のうまみを引き出す無水調理やスロー調理などもできます。スロー調理とは約85度で沸騰させずに調理をする調理方法です。スロー調理は食材が煮崩れせず味がしみこむため、おでんなどに向いています。ほかにも、温め直しや炊飯、発酵などさまざまな機能を備えているのも電気圧力鍋の特徴でしょう。

電気圧力鍋のメリットとデメリット

電気圧力鍋のメリットは、ほったらかしておいしい料理ができることです。材料をセットしスイッチを入れたらその場を離れられるため、ほかの家事を行うことや買い物に行くことだってできます。

そして、ガス調理よりおいしく安定した味に仕上がるのもポイントです。ガス調理は火力調整によって煮込み具合が違ったり、味が変わったりします。しかし、電気圧力鍋なら同じ材料を同じ時間だけ加圧することで、毎回同じようにおいしい料理が作れるのです。しかも、それが時短でできるので忙しい人にとっても助かります。

さらに、電気圧力鍋なら火を使わず部屋が暑くならないので、夏の暑い日でもストレスなく調理ができます。また、調理を終えると自動的に保温状態となるため、料理が冷めることがなく温め直す必要もありません。この保温機能も電気ならではといえるでしょう。

一方、デメリットはその大きさです。メーカーや何人用のものかにもよりますが、それなりに場所をとる大きさのため置き場所がないと困るかもしれません。しかし、メーカーによってはコンパクトサイズのものもありますので気になる人はチェックしてみてください。また、便利で有能な商品ゆえに価格が高額なのもデメリットといえます。

電気圧力鍋を使って、簡単にプロの味を

さまざまな便利家電があるなか、忙しい主婦(主夫)のお助け家電といえる電気圧力鍋。その使い方はとても簡単です。コツなし手間なしでおいしい料理が作れるなんて夢のような調理家電といえます。時短調理に興味がある人や献立がマンネリ気味な人、また、料理の味をワンランクアップさせたい人におすすめです。便利な電気圧力鍋を使ってレパートリーを増やし、楽しみながら料理の腕を磨きませんか。

また、電気代が気になるのなら電力会社の変更がおすすめです。料金単価が安い電力会社に変更すれば、今までと同じように電気を使っても電気代を安くすることができます。各電力会社の電気料金を比較してお得な生活を始めてはいかがでしょうか。

一括比較スタート
電気代は3分比較で安くなる!