電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

必見!冬の電気代を節約する方法

夏よりも高くなってしまう冬の電気代。どうすれば、節約することができるのでしょうか。そこで、冬の電力消費が大きい理由や節約ポイントについて紹介していきます。実践することで、電気代を節約することが可能です。

夏よりも冬の電力量消費がかかる理由とは

夏よりも冬の方が電力量の消費が大きいのには原因があります。1つ目は、夏のエアコン冷房よりも冬のエアコン暖房の方が電気代はかかることです。エアコンは設定した温度に近づけるときが、一番電力の消費が増えると言われています。冬は夏と比べて、屋内と野外の温度差がより大きくなります。そのため、電気代がかかってしまうのです。

2つ目は、洗濯をする回数が増えることです。Tシャツやノースリーブなど薄い服が多い夏と比べて、冬はトレーナーやカーディガンなど厚着の服を着るようになります。自然と洗濯物の量が増えるため、その分、洗濯機を使うことが多くなってしまうのです。

このほか、冬は日照時間が短いため、電気をつける時間帯が早くなることも挙げられます。なおかつ、暗くなる前に帰宅するため、家にいる時間が夏よりも長くなります。その結果、電気をつけたり、音楽を聴いたり、電力を消費する時間が増えてしまうのです。

暖房器具の工夫で効率よく節約しよう

冬にかかる電気代として思い浮かぶのが暖房器具ですが、暖房器具の電気代を節約するのには、ポイントがあります。それは目的に合わせて適切な場所に暖房器具を置くことです。

たとえば、石油ファンヒーターやガスファンヒーターは窓側に置くようにします。どんなに窓を密閉していても、隙間から外の冷たい空気が入ってきます。しかし、窓際に置いていると温かい空気が冷たい空気を上へ押し上げてくれるため、部屋全体を効率よく温めることができるのです。ただし、燃えないようにカーテンからは少し離しておくように気をつけましょう。

また、こたつのかけ布団を2枚にしたり、ホットカーペットの下に断熱マットを敷いたりするのもおすすめ。なぜなら、熱が逃げにくくなり、暖房効率が上がるからです。さらに、エアコン暖房の設定温度を見直すことも大切です。環境省推奨の室温は20度です。20度以上に設定しているのであれば、下げてみてはどうでしょうか。設定温度を1度下げるだけでも、電気代を節約することが可能です。

暖房器具以外での電気代節約ポイント

暖房器具以外でも、電気代を節約することは可能です。まず大切になるのが、窓の対策です。実は冬の暖房時、部屋から流出する熱のうち58%が窓などの開口部からのものです。窓の対策1つで、随分、室内温度も変わってきます。

たとえば、窓を2重窓にリフォームすれば、外気が室内に流れ込んでくるのを防ぎ、室内の熱を逃がさない効果があるのです。とはいえ、リフォームはお金がかかるものです。手軽にできる方法は、断熱シートを貼ることです。断熱効果があります。ただし、長い期間貼っておくとノリが窓に残ってしまい、汚れてしまいます。冬が過ぎたら、はがすようにしましょう。また、クッション機能のついた隙間防止テープもおすすめです。断熱シートよりも貼る範囲が狭いため、さらに手間がかかりません。おまけに、100円ショップで気軽に購入することができます。

さらに、冬場だけカーテンを厚めにして放熱対策を行うこともおすすめです。カーテンを取り換えるのが面倒であれば、窓際にクッションや棒状に丸めたタオルを置いてみましょう。それだけでも、外気から入ってくる冷たい空気をおさえることができます。

次に、家のなかでどういうふうに過ごすかも重要です。自分の体温を逃がさないように厚着をすれば、室内の温度が多少低くても、快適に過ごすことができます。また、家族がバラバラだと暖房する範囲が広くなり、その分、電気代が上がります。できるだけ、一つの部屋で過ごすといいでしょう。家族のコミュニケーションも増え、一石二鳥です。

電気料金プランの切り替えでさらに節約!

電気料金のプランを見直すのも節約の一つの手段です。今よりも安い電気料金プランに切り替えることで電気代を節約することができます。

2016年4月の電力自由化以降、地域の電力会社よりも安い料金プランを提供する電力会社が数多く登場しています。しかし、住んでいる地域や電気使用量などによって電気代を安くできる電力会社が変わってくるので、自分で探すのは大変です。そこで役に立つのが電気料金の比較サイトです。1か月分の電気の検針票があれば、そのデータをもとに電気代が安くなる電力会社を簡単に探すことができます。

電力会社を変えた後も停電が増えるとか災害後の復旧が遅れるとかいったことはないので安心してください。例えば北海道胆振東部地震後の停電でも、北海道電力と契約している人と他の電力会社と契約している人で停電からの復旧速度に違いはありませんでした。これは電力自由化後であっても、発電された電力を家庭などに運ぶのは地域の電力会社の送配電部門のみが行うことになっているからです。

冬の電気代は工夫次第で安くなる!

一年のうち、一番電気代がかかるのは冬です。暖房器具の利用法や暖房器具以外での工夫で効率よく節約していきましょう。そのうえで、今より安い電気料金プランに切り替えれば、確実に電気料金をおさえることができます。こうした工夫で今年の冬は安く快適に過ごしましょう。

一括比較スタート
電気料金は比較で安くなる