電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

意外にかかる?冬に役立つ電気ストーブの電気代

秋が深まり、寒さが身にしみる季節になると電気ストーブが活躍します。そんな電気ストーブに欠かせないのが電気ですよね。電気ストーブを使えば使うほどに電気代もかかってしましますが、1ヶ月あたりの電気代をご存知でしょうか。すぐに暖かくなる電気ストーブはとても便利ですが、使い方によっては高くつく可能性があります。

電気ストーブの種類と電気代、賢い使い方について説明していきたいと思います。

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターその特徴と違い

電気ストーブにはハロゲンヒーターとカーボンヒータの2種類があります。どちらも電気を使って熱を作り出すという点においては全く同じ機能を持ちますが、発熱体にハロゲン素材を使用するか、それともカーボン(炭素繊維)素材を使うかによって、製品の特徴が違ってきます。

多くの家庭で使用されているのが、ハロゲンヒーターです。ハロゲンヒーターは、自動車やバイクのヘッドライトに使われるハロゲンを発熱体にしており、電源を入れてからわずか数秒で熱を作り出して体を暖めてくれるので、即効性に優れている電気ストーブです。また普及台数も多いため、電気ストーブと言えばハロゲンヒーターを思い浮かべる方も多くなっています。

カーボンヒーターは、炭素繊維を発熱体に使用しています。カーボンを流れる電流により暖められたカーボンが、赤外線を拡散させるように熱を放射します。放射される赤外線はハロゲンヒーターの約2倍という特徴を持ちます。

電気ストーブと言ってもハロゲンヒーターとカーボンヒーターの2つがあるため、使っている電気ストーブが、どちらのタイプなのかチェックしてみましょう。

気になる電気ストーブの電気代をざっくり計算!

電気ストーブの1ヶ月あたりの電気代はどのくらいするのでしょうか。

電気ストーブの消費電力は、個人向けや個室用の250Wから、リビングや大広間用の最大1200Wまでが販売されています。また製品によって弱・中・強、あるいは弱・強機能がついているものがほとんどで、強力な熱を作るほど電気代も高くなります。

契約している電力会社やアンペア数契約などによって電気代も違ってきますが、ここでは、1kWhあたり27円と仮定して計算します。

仮に250Wの状態で電気ストーブを1日10時間使用すると67.5円、1ヶ月使用すると2,092円ほどかかる計算になります。また400Wの電気ストーブを1日10時間使うと108円ほど、1ヶ月で3,348円ほどかかります。また800Wなら216円ほど、1ヶ月で6,696円ほどとなり、1200Wだと324円ほど、1ヶ月で1万44円ほどになるため、思ったよりも電気代がかかります。

スイッチ一つで使える利便性の高さから意識する機会も少ないですが、電気ストーブはかなりの電力を消費し月々の電気代にも影響しています。

電気ストーブの電気代はエアコンより高い? それとも低い?

電気ストーブは、エアコンよりも電気料金が高いのか、それとも低いのか、気になりますよね。

一昔前のエアコンは、消費電力が平均1000Wを超えるものがほとんどでしたが、省エネが進んだ最新モデルのエアコンは、平均600W前後になっており、急速に性能を高めています。ただし、エアコンにはある特徴があります。

エアコンは室内全体を暖めるという特性があるため、稼働する前の室温や湿度、部屋の断熱性や気密性などの影響を強く受けます。そのため稼働する前の室温が設定温度に近ければ、コンプレッサーやファンの稼働率が下がって電気料金もお得になります。しかしその逆の場合は、コンプレッサーやファンがフル稼働するため電気代が高くなります。

それらの条件と1kWhあたり27円と仮定してエアコンを使ったときの電気代を計算しましょう。すると1時間あたり2.97円(110W時)~21.06円(780W時)ほどなので、1日10時間使用すると29.7円~210.6円ほど、1ヶ月使用すると約921円~6,529円ほどになります。

電気ストーブとエアコンの電気代を比較するとエアコンは最小電力で稼働しても暖房効率が良いですし、最大電力においても電気ストーブ以上の暖房性能を持つことがわかります。

電気ストーブを効率的に使って電気代の節約を!

電気ストーブを賢く使うには、その特性を知っておきましょう。電気ストーブは、部屋全体を暖めるという点ではエアコンに及びません。しかし電源を押してから素早く熱を作り出したり、部屋の中にある特定スポットを暖めるといった使い方ではエアコンに勝ります。

そのため寒い季節の起床後、布団やベッドから出るとき、夜中に催してトイレに行きたくなったとき、デスクの下に置いて足を暖める、服を着替える時、帰宅してから部屋が寒いと感じたとき、かじかんだ手足を暖めたいときなどに使用すると効率的に体を暖めながら電気代も節約できます。

電気ストーブの使用に向いているのは、限定された空間です。例えば書斎などの1人部屋、ベッドルームなどの比較的狭い部屋に最適です。またリビングや和室や応接間の一画などで利用すると効果的でしょう。

ハロゲンヒーターの電気ストーブを使っている家庭であれば、より暖房効果の良いカーボンヒーターに取り替える方法もあります。カーボンヒーターは、ハロゲンヒーターよりも高価ですが、約2倍の赤外線を放出して効率的に体を暖めてくれるので電気代もお得になります。

即効で体を暖める電気ストーブはピンポイントで使おう!

電気ストーブは、文字通り電気で熱を作り出し体を暖めてくれます。石油ファンヒーターや石油ストーブのように空気を汚すこともありませんし、電源を入れたすぐに熱を作ってくれる素早さも魅力です。しかし部屋全体を暖めたり長時間使用には向いていないので、シーンやシチェーションに合わせて活用していきましょう。

一括比較スタート