電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

パソコンの電気代はいくら?スリープの目安は?

仕事やプライベートで使っているパソコン。日常的に使っているだけに、気になるのはその電気代です。パソコンの電気代は1日どれくらいかかっているのでしょうか?

また、パソコンを使わないときは、電源をOFFかスリープか、どちらにすればお得なのでしょうか?パソコンにかかっている電気料金や節約方法をご紹介します。

1日あたりのパソコンの消費電力・電気代

パソコンの消費電力は、パソコンの性能や搭載しているOSなどによって異なります。市販されているパソコンのなかには、製品仕様として公式サイトやカタログに消費電力が記載されているものがあるので、確認してみてください。

たとえば、あるパソコンメーカーのカタログを見ると、消費電力は

<標準時>
ノートパソコン:約2.14W~約6.09W
デスクトップ:約9.25W~約16.95W

<最大時>
ノートパソコン:約20W~約65W
デスクトップ:約67.61W~約152.41W

となっています(※1)。こちらを見ると、ノートパソコンの方が消費電力は少ない傾向にあります。

それぞれ標準時の値を元に、1日に3時間パソコンを使い、他の時間はシャットダウンしていると仮定して、1日あたりの電気代を計算すると、

  • ノートパソコン:約0.17円 ~ 約0.49円
  • デスクトップ:約0.75円 ~ 約1.37円

となります。(※2)

シャットダウンとスリープどっちがお得?

パソコンの使用を終える際の方法には、シャットダウン、スリープなどの方法があります。シャットダウンとスリープの違いは下記の通りです。

<シャットダウン>
完全に電源をオフにする状態です。

<スリープ>
作業中のプログラムやデータをメモリに作業内容を一時的に保存して低消費電力状態で待機する機能です。待機状態から素早く復帰したいときに使います。
メモリのデータを保持するためわずかながら電力が発生し、その電力はシャットダウン時に比べて高くなります。

スリープ時の消費電力は

  • ノートパソコン:約0.41W~約1.13W
  • デスクトップ:約1.33W~約2.53W

となっています。

したがってスリープ時の1時間あたりの電気代は、

  • ノートパソコン:約0.01円 ~ 約0.03円
  • デスクトップ:約0.04円 ~ 約0.07円

となります。(※2)

90分以内の中断ならスリープの方がお得

実はパソコンが大きく電力を消費するのは、シャットダウンや起動を行うときです。シャットダウンしたり起動したりを短時間で繰り返すと、電力消費は大きくなってしまいます。

マイクロソフト社の調査(※3)では、中断時間が90分以内程度であれば、シャットダウンよりもスリープの方が、消費電力量が少ないことが示されています。90分以上パソコンを使わないならシャットダウン、90分以内であればスリープというように使い分けると、効果的に節電することができるでしょう。

シャットダウンする際には、コンセントからプラグを抜けば待機電力も減らすことができます。デスクトップパソコンの場合は、ディスプレイの電源も切るようにしましょう。

 

エアコンやテレビに比べるとパソコンの消費電力は少なめではありますが、長時間つけっぱなし、コンセントを差しっぱなしといった使い方であれば、確実に電力は消費していきます。節電できるところは見直して、賢くパソコンを使っていきましょう。

(※1) 「Lenovo Select 2017年9月号」より
(※2) 全国家庭電気製品公正取引協議会「新電気料金目安単価」より1kWhあたり27円として計算
(※3) Microsoft 疑問2 ちょっと離席、休憩のときにも賢く節電するには?https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-7/guide/setsuden02.aspxより

一括比較スタート