電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

LEDと蛍光灯の電気代はどちらがお得?それぞれの特徴と違い

照明をこれから買い替えるなら、LEDと蛍光灯、どちらが良いのでしょうか?家電量販店などに並ぶLEDや蛍光灯を見ると、一つひとつの価格にばかり目が行きがちですが、それぞれを使ったときにかかる電気料金もしっかり比較しておきたいところです。LEDと蛍光灯の違いから、「どちらを選ぶ方がお得なのか」見ていきましょう。

LEDと蛍光灯の特徴

LEDの特徴

LED照明は、次のような特徴が挙げられます。

  • 白熱灯や蛍光灯に比べて、寿命が長い(約40,000時間)(※1)
  • 小電力でも点灯可能なため省エネや環境への配慮にも期待できる
  • 認識しやすい光であるため、屋内外を問わず利用できる
  • 小型化も容易なので、照明デザインの幅が広がる
  • 熱線や紫外線をほとんど含まないために、物を傷めず、虫が集まりにくくなる
  • 低温で発光効率が低下しない
  • 光を調節したり、点滅させたりすることが自在にできる

LED証明は、家庭内の照明だけでなく美術館や博物館、水族館でも利用されています。屋内に限らず、屋外でも信号や道路交通表示板、大型ディスプレイなどさまざまな用途があることも大きな特徴です。

蛍光灯の特徴

蛍光灯の主な特徴は、以下の通りです。

  • 紫外線を発生させて光を作っている
  • あたたかみのある電球色、青白い色味のクール色(昼光色)、自然な白のナチュラル色(昼白色)など色の種類がある
  • 寿命が近づくと明るさが減る(蛍光灯が黒ずむ、ちらつく、などが交換のタイミング)

蛍光灯は日本で長く使われ、親しまれてきましたが、LEDの普及に伴い、一部の蛍光灯の商品は生産終了としているメーカーもあります。

一括比較スタート

LEDと蛍光灯の比較

LEDと蛍光灯の寿命、価格、電気代はそれぞれどのように異なるのか比較してみました。

1.寿命

使用条件や種類によって異なりますが、蛍光灯よりもLEDの方が長寿命です。

蛍光灯の寿命が約6,000~12,000時間なのに対して、LEDの寿命は約40,000時間です。(※1)

蛍光灯を、LED1本の寿命と同じ時間分使おうとすると、最大で7本ほど買い替える計算になります。

2.購入価格

購入価格は販売店によって異なりますが、一般的に蛍光灯の方が安価です。例えば丸型30形+32形の場合、蛍光灯が約900円なのに対してLEDは約3,500円~4,500円です。(※2)

ただし、LEDの方が長寿命であるため、LEDの寿命である約40,000時間分を使う場合では、

  • LED1本:約3,500~4,500円
  • 蛍光灯4本~7本:約3,600円~約6,300円

とLEDの方が安い計算になります。

破損や照明の買い替えなど利用を中断するような状況がなければ、LEDの方が長期的に見ると安くなります。

3.電気代

蛍光灯とLEDの消費電力の差は大きくありませんが、LEDの方が消費電力は小さいです。

先ほどの丸型30形+32形の照明の場合、蛍光灯の定格消費電力は30形が28Wで32形が30Wで、合わせて58Wです。一方で、LEDの定格消費電力はともに14Wで合わせて28Wです。

1kWhあたりの電気代を27円(全国家庭電気製品公正取引協議会「新電気料金目安単価」)とすると、蛍光灯・LEDそれぞれの1時間当たりの電気代は

  • 蛍光灯:58/1000(kW)×1(時間)×27(円/kWh)=1.566円
  • LED:28/1000(kW)×1(時間)×27(円/kWh)=0.756円

となります。1日6時間、365日使用すると年間の電気代は、

  • 蛍光灯:1.566(円)×6(時間)×365(日)=3,429.54円
  • LED:0.756(円)×6(時間)×365(日)=1,655.64円

と、約1,800円の差となります。

 

LEDは、購入価格は蛍光灯に比べて高いものの、長寿命なので買い替えの頻度が少なくて済み、さらに電気代も少なくなります。蛍光灯はLEDと比較すると購入価格は安めですが、寿命が短いために買い替える必要があり、電気代も高い傾向にあります。

照明器具を長く使うことを考えているなら、LED照明を選ぶ方が長期的にお得になると言えるでしょう。

混用は要注意!?蛍光ランプの交換の目安

家庭によって電気の使用頻度が異なるため、実際にLEDランプや蛍光ランプが切れるタイミングはさまざまです。先程述べた寿命以上使える製品もあれば、そうでないケースもあります。劣化した製品を無理矢理使い続けると事故に繋がることもあるので、注意が必要です。

蛍光ランプの場合、10年経てば寿命が尽きるかもしれません。電気が点滅する・途中で勝手に消える・ランプが黒ずんでいる時は、交換のタイミングと考えてください。視覚的に交換のタイミングが分かりやすいので、初めてでも大丈夫です。その他に点灯するまでに時間がかかる時も、交換のタイミングであると判断できます。特に焦げ臭い異臭がする、点灯時に異常な音がする場合は速やかに新しい製品と交換しましょう。

ちなみに、1つの照明器具に複数のランプを設置する際、LEDランプと蛍光ランプは混用しない方が良いです。直接故障の原因とはなりにくいものの、消費電力の違いによってLEDランプの寿命が短くなる可能性があります。また、点灯するまでの時間が違えば、精神的な負担となるケースもあるので、思い切ってまとめて交換するのが得策です。

 

(※1) 特定非営利活動法人 LED照明推進協議会より
http://www.led.or.jp/led/led_life.htm

(※2) Amazon.co.jp 丸形蛍光灯(FCL)の売れ筋ランキング 2017/10/4 11:00で掲載の商品より比較。蛍光灯はパナソニック 丸形蛍光灯(FCL) パルックプレミア 30&32W形 G10q クール色 2本入り 、LEDはアイリスオーヤマ 蛍光灯 LED 丸型 (FCL) 30形+32形 昼光色 LDFCL3032D、ルミーテック LED蛍光灯丸型 (30W形+32W形, 昼光色)などを参照

一括比較スタート