電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

秋は電気料金を節約しやすい?安く抑えるためのポイントを解説!

秋の電気料金を節約するにはどうしたら良いと思いますか?秋は、1年の中で外と中の気温差が少なく最も過ごしやすい季節ともいわれています。夏の暑さから解放され、本格的に寒くなる前の落ち着いた気候である秋は、電化製品の使い方を見直す最適な時期です。秋の電気料金を節約するためのポイントにはどのようなものがあるか解説していきます。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

秋は家庭の電気の使い方を見直す季節

家庭で使われる電気は、照明やテレビ、冷蔵庫、洗濯機など1年を通して使用しているものがほとんどです。しかし、季節ごとに使用したりしなかったりしている電化製品もあります。エアコンや暖房器具がその例です。高温多湿な日本の夏は、熱中症が社会問題となるほど深刻な暑さなのでエアコンを欠かすことはできません。冬も、エアコンや暖房器具がないと耐えられない寒さの日があります。春から夏にかけては梅雨があり、除湿器など使用する事も増えるのではないでしょうか。秋は、そんな夏や冬にはさまれている季節でもあり、中国大陸からやってくる秋の高気圧は、涼しく乾いた空気のため気候的にも過ごしやすく感じることが多いのです。

そのため、エアコンや暖房器具を使用する機会は少なくなる家庭が多いでしょう。晴れていることも多い秋は夏の台風やゲリラ豪雨、冬の曇りや雪で洗濯物が乾かないという悩みも減るので、この時期は洗濯乾燥機を使わないという人もいます。真夏に比べるともちろん気温は下がっていますが、毎日お風呂につかりたくなるような寒さでもないので、長い入浴はせずにシャワーだけでサッと済ませてしまうことも可能です。そんな秋は、季節に関係なく日常で利用している電化製品の使い方を見直してみるいい機会となるかもしれません。

秋の電気代を節約するためのポイント

秋は、気候のおかげもあって自然に電気代が下がることが多い季節です。さらに意識的に節約をして秋の電気代を抑えるためのポイントを紹介します。

こまめに電源を切る

小さなことでも積み重ねれば、最終的には大きな節約になります。最も簡単に実行できる節約方法は、こまめに電源を切ることです。例えば、いくつもある部屋の照明をつけっ放しにしてはいないでしょうか。照明は長時間使用することが多い電気なので、LEDライトなどに換えて消費電力が抑えられていたとしても、使う量が多ければ電気代はかさみます。できるだけ同じ部屋に集まるなどしていれば、節約につなげることができるでしょう。家にいるときには、なんとなくテレビをつけてしまう習慣のある人も、テレビを見ていないときは消すように心がけましょう。近頃の温水便座器は従来の製品より、各メーカーで節電対策が進んでおり省エネ商品が増えています。しかし使わない時期にはコンセントを抜いてしまうのも待機電力の節約になるでしょう。家電は、使用していない時間でも待機電力を消費しています。そのため、使用していない家電はコンセントから抜いてしまいましょう。いちいちコンセントを抜き差しするのが面倒だという人には、スイッチが付いたタイプの電源タップを使用してみるという方法もあります。

家電の使い方に注意する

電気代を節約するには、家電の使い方にも気を付ける必要があります。1年中使用するテレビは、画面の明るさを調整して少し暗めの設定にすると消費電力が抑えられます。照明は電球や、そのカバーについたホコリをこまめに取り除きましょう。そうすることでいつも同じ明るさを保てますし、調光の設定が可能なものなら明るさを少し抑えられるというメリットもあります。冷蔵庫の節約は実践してみたことのある人も多いかもしれません。冷蔵庫は庫内の冷気を維持することが大切なので、開けっ放しは厳禁です。

扉を開けっ放しにしないように冷蔵庫の中を整理して、ものを取り出しやすくしておくという方法も良いでしょう。冷蔵庫には温度調節機能がついている商品もあるので夏は中くらい、冬は弱めの設定にするなど季節ごとに温度管理をするのもおすすめです。冷蔵庫内には食品を詰めすぎないように空間を設け、冷凍庫にはぎっしりと詰めることも節約につながります。省エネ機能がついている家電も多いので、その機能はしっかりと活用しましょう。

契約内容を見直す

一気に電気代を節約するなら、契約内容を見直してみましょう。電気料金の支払いは、電力会社によっては振込用紙ではなく口座振替やクレジットカード払いにすることができます。振込用紙を必要としないぶん割引を受けられたり、ポイント還元があったりする会社もあるので、利用している電力会社のHPなどでチェックしてみてください。また、公共料金の支払いをクレジット支払いにすることで支払額に応じてポイント貯められます。電気代は毎月支払いが発生するので、定期的にポイントが貯まり、お得に活用できるでしょう。

電力自由化に伴って、契約する電力会社そのものを各家庭で選べるようになりました。電気代の節約のためには、今利用している電力会社の料金やプランとの違いを比較してみることもおすすめです。電気をよく利用する時間や曜日によって料金が安くなるプランを用意している会社もあるため、自分の生活スタイルに合わせて選ぶと電気代の節約につながりやすくなります。電気代の一括比較サイトなどを利用してみると電気料金の違いが確認できるので利用してみるとよいでしょう。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

秋の電気代を抑えるための電力会社や料金プランの選び方

電力会社や料金プランを変更することで、日常生活の節約をより簡単でシンプルにできるかもしれません。節約を実践するための電力会社や料金プランの選び方を解説します。まずは自宅の電気の使用状況を把握します。1日の生活の流れで使用する電気の量や多く使用する時間帯を改めて考えてみましょう。電力会社は知名度があれば安心というものではありません。基本料金はいくらなのか、時間帯や曜日によって使い分けられるようなプランがあるのかなど、内容をチェックしたうえで選択します。電力自由化により、ガス会社などの電力会社以外でも電気を供給する会社が増えました。

電気とガスを一緒に契約すれば割引を受けられるなど、お得なプランを用意しているところもあるので上手に活用しましょう。一括比較サイトなどで料金のシミュレーションもできるため、自分のライフスタイルに合ったプランを探してみてはいかがでしょうか。

この記事のまとめ

ポイントを押さえて秋の電気料金を節約しよう!

  • 秋は夏や冬などのシーズンに多く利用する家電の使用頻度が下がるため電化製品の使い方見直しに最適な季節
  • テレビや部屋の電気などの家電の電源をこまめに切る事で電気代の無駄使いを減らしましょう。
  • 電力会社や料金プランの変更で日常生活の節約をより簡単でシンプルに

秋は、1年の中で最も電気料金を節約しやすい季節です。電源を切るなど、ちょっとしたことからでも始められます。意識して節約に取り組んでみると、より電気料金を抑えることにつながりますよ。普段の生活から節約を心掛け、電気代のかさむ季節にも備えましょう。秋の電気料金の節約ポイントを踏まえたうえで、ぜひ実践してみてください。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /