電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

マンションや賃貸の人でも電力会社を変えられるの?

2016年4月から始まった電力自由化ですが、「マンションだから関係ない」や「賃貸なので変更できない」などの声も聞こえてきます。果たして本当に「マンションだから関係ない」、「賃貸なので変更できない」なのでしょうか。

マンションや賃貸でも電力会社を変更できる!

現在、マンションに住んでいても基本的には電力会社を自由に変更することができます。

同じく、賃貸であっても電力会社を自由に変更することが可能です。管理会社や大家さんに連絡する必要も特にはありません。

電力会社を切り替えるにはスマートメーターへの切り替えが必要となりますが、メーターは電力会社の所有物であり、これも管理会社や大家さんに連絡の必要はありません。電力会社の切り替えを行わなくても、すべてのメーターをスマートメーターへと交換することは決定されていて、耐用年数が過ぎたものから順次スマートメーターへと切り替えられています。

マンションや賃貸でも基本的には何も問題なく電力会社を切り替えられますが、一部切り替えられない場合があります。それは、高圧一括受電しているケースです。

高圧一括受電とは?

高圧一括受電とは、戸別ではなくマンション1棟を需要場所として電気料金が安い高圧電力を受けることです。大型の分譲マンションなどで見られるケースですが、この場合、マンションの個々の部屋へは一括で受けた高圧電流を低圧電流へと変換して配電されます。

マンションの共有部分は電気代が安い高圧電力を流していて、各戸の電気代は低圧の家庭向けの電気料金が適用されます。

一番初めに特定の電力会社から一括で受電するので、個々の世帯は電力会社を選ぶことができません。

一括受電のメリット

マンションで一括受電している場合、安い電力会社に変更できないので損だとは言い切れません。

高圧の電力は家庭向けの低圧の電力より電気料金が安いので、マンションの共有部分の電気代が安くなります。そのため、同じ地域で同規模のマンションより管理費用が安くなるというメリットがあります。

すでに一括受電のマンションに住んでいる人は変更できませんが、これからマンションに住む人は、管理費用がどれだけ安くなっているのかと電力会社を切り替えることでどれだけ安くなるかを考えてみるとよいかもしれません。

一括比較スタート