電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス

メニュー

夏の暑さをエアコン抜きでしのぐ方法

日本の暑い夏ですが、ずっとエアコンを使っていると体に悪そうだし、何より電気代が気になるという人もいるかと思います。

そこで、エアコン抜きで涼しくなれる方法をいくつか紹介したいと思います。

※注意 エアコンを使うのを我慢して体調を崩してはいけないので、無理をせず適度にエアコンを使うことを推奨します。

1.打ち水

水が蒸発するときには一緒に熱を奪っていきます。これを利用したのが打ち水です。ベランダや庭、玄関先などに水を撒けば、その水が蒸発して温度が下がります。

また、蒸発によって対流が生まれ、湿った風が発生します。

各地で行われたイベントや実験などから打ち水によって2℃程度温度が下がるようです。

打ち水をしている間に通行人に水をかけてしまわないようにだけは注意してください。

2.すだれを掛ける

すだれは隙間が空いているので、直射日光を遮りつつ風を通すことができます。霧吹きで湿らせておけば、風が通るたびに水が蒸発し、気化熱を奪っていくのでさらに涼しく感じられます。

3.首元を冷やす

首元に限らず、太い動脈が皮膚近くを通っている脇の下、太ももの付け根を冷やすと、冷やした血液が全身にめぐり、体温を下げる効果があります。

熱を下げるためによくおでこを冷やしますが、体温を下げるという意味ではあまり効果はありません。ただし、気分的に涼しい気持ちになれるという意味では効果はあります。

4.緑のカーテン

見た目からも涼しく、直射日光を遮ることで温度の上昇を抑えることができます。また、熱の原因となる赤外線の多くを反射することと、葉の表面から水を蒸発させることで自分自身が熱くならないようにしているため、通常のカーテンなどよりも部屋を涼しくする効果が高いです。

5.扇風機

扇風機だけでも涼をとることは可能ですが、その効果を高める方法を紹介します。

それは気化熱を利用することです。扇風機の前にぬれたタオルをぶら下げたり、氷を置いたりして風を当てることによって、水が蒸発し、気化熱を奪うことによって室温を下げる効果を持ちます。もちろん、通常通り扇風機の風で涼も取ることができます。

 

以上、エアコン抜きで夏をしのぐ方法を紹介してきましたが、日本の夏はとても暑いです。

猛暑日や熱帯夜などは、無理に我慢せずエアコンを使いましょう。熱中症などにより命を落とす危険性もあります。

一括比較スタート