電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス

メニュー

送電の仕組み

発電所で作られた電気が皆さんのご家庭に届くまでにどうやって送られてきているのでしょうか。電線を通ってきているのは分かると思うのですが、発電所から家庭までただ電線がつながれているわけではありません。家庭で使う電気の電圧は100ボルトなのに対して、発電所で発電される電気は数千から2万ボルトもあります。

発電所で作られた高圧の電気を電圧を下げながら家庭まで運ぶ必要があるのです。

発電所から家庭までの流れ

発電所

発電所で作られた数千から2万ボルトの電圧は、隣接された変電所で27.5万から50万ボルトへ変電されます。ここでいきなり家庭で使う100ボルトに下げないのは、送電を行う際に電圧が高い方が、電気のロスが少なくてすむからです。

超高圧変電所

発電所から最初に送られる変電所が超高圧変電所です。ここで15.4万ボルトまで電圧が下げられ、1次変電所へ送電されます。

1次変電所

1次変電所に送られた電気は、一部はそのまま鉄道や大規模な工場に送られます。企業に送られた電気は、企業が保有する変電設備で自社が必要とする電圧まで下げて利用します。

企業に送られない電気は6.6万ボルトへと変電されて中間変電所へ送電されます。

中間変電所

中間変電所では6.6万ボルトから2.2万ボルトへと電圧が下げられます。一部は工場へと供給され、残りは配電用変電所へと送電されます。

配電用変電所

配電用変電所では2.2万ボルトから6,600ボルトに電圧が下げられます。6,600ボルトまで下げられた電気は大規模なビルや中規模工場へと供給されます。残りは街中の電線に配電され、柱上変圧器へと送られます。柱上変圧器は電柱の上に取り付けられているものです。

柱上変圧器

柱上変圧器では100ボルト、200ボルトへと変電され、家庭や小規模事業所へと供給されます。

 

以上のように、発電所から家庭で使うまでに

発電所→超高圧変電所→1次変電所→中間変電所→配電用変電所→柱上変圧器→家庭

というルートを通って、超高圧の電気を100ボルトまで電圧を下げて送られてきています。

一括比較スタート