電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

電気料金の「見える化」で使いすぎの防止

スマートメーターを設置済みのご家庭で、電力会社側が対応していれば30分ごとの電気使用量をWeb上で確認することができるようになります。当月の電気使用量はもちろんのこと、過去の電気使用量の推移や他世帯との電気使用量の比較も簡単に見ることができます。(サービス内容は電力会社によって異なります。)

これにより、1か月ごとの検針を待たずして、「今月は電気を使いすぎている」などのことが分かるようになります。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

HEMSの導入でさらに「見える化」が進む

政府は2030年までに全世帯でHEMSを設置することを検討しています。HEMSとは、Home Energy Management Systemの略で、家庭で使用するエネルギーを管理するためのシステムです。

HEMSを設置することによって、電気の使用量をコンセント単位でリアルタイムに把握できたり、対応した家電を遠隔操作や自動制御できたりします。電力使用量をコンセント単位でリアルタイムで把握できることにより、どの家電を使いすぎているのか、どの家電の待機電力が多くかかっているのかなどを具体的な数値として把握できるようになります。

また、家電を遠隔操作や自動制御できることによって、外出先から帰宅前にエアコンのスイッチを付けたり、時間帯によって電気料金が異なるプランに契約して、電気代が安い夜間に洗濯機を回したり炊飯したりを自動でできるようになります。

なお、家電を制御するには家電が「ECHONETLite」という規格に対応している必要があります。(非対応であっても消費電力の把握はできます。)この規格は日本における規格で、世界で標準となっている規格はまだ存在しません。

HEMSにおける懸念点としてはセキュリティの問題です。電化製品を遠隔操作できるということは、クラッキングされることによって、誤作動を起こさせてけがをさせたり、火災を起こさせたりもできる可能性があるということです。

防犯のための製品をつないでいた場合、それを遠隔操作によってオフにして家に侵入するということもできるようになります。

こうしたことが起こらないよう、セキュリティの強化が求められています。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /