電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

LINE Payで電気代の支払いをしよう

電気代の支払い方法としては、クレジットカード払いや銀行振り込みなどがあります。電気代の支払い方法も多様化し、最近では、LINEのスマホ決済サービスであるLINE Payを使って払うことも可能な電力会社もあります。LINE Payを利用して公共料金を支払うとはどういうことなのか、疑問を感じる人もいるかもしれません。そこで、ここではLINE Payで電気代を支払うときの仕組みや詳細を説明していきます。電気代の支払い方法を検討している人は、参考にしてみてください。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

LINE Payとはどのようなものなのか

LINEは、相手とのコミュニケーションを気軽に取ることができるという理由で、多くの人たちが利用しているSNSツールです。LINEでは、相手とのメッセージのやり取りだけでなく、写真や動画を共有することもできます。1対1のコミュニケーションだけでなく、グループ機能も備わっているため、大人数でやり取りを行うことも可能です。LINEが提供するサービスには、さまざまなものがありますが、その中の一つがLINE Payになります。LINE Payは、あらかじめ銀行口座やコンビニで現金チャージをしておくことで、LINE Payでの支払いを可能にしている加盟店で買い物をしたり、LINEに登録している友達へ送金をしたりすることもできます。

また、割り勘機能を利用すれば、飲み会の支払いもスムーズです。このような機能が備わっていることから、「スマホのお財布サービス」ともいわれています。決済や送金、出金の利用にはパスワードの設定が必要ですが、会員登録作業は簡単にできるので、気軽に始められるでしょう。なお、LINE PayはPCI DSSやISO/IEC 27001といった、国際的なセキュリティ認証を取得しているため、安全面が心配という人でも安心して利用できるでしょう。

LINE Payは公共料金や請求書の支払いにも使用可能

LINE Payは、公共料金や請求書の支払いにも使うことができます。いくつかの電力会社を始め、上下水道料や簡易水道料の支払いに対応しています。また、カタログ・テレビ通販でおなじみのdinosショッピング、健康食品や化粧品会社なども対応しており、FANCLオンラインショップや生涯学習のユーキャン、生命保険会社の保険料の支払いなど、提携している企業への料金支払いに利用することが可能です。LINE Payは、規約に同意し、会員登録をするだけで使えるようになります。

LINE Payでの支払い方法は、「LINE Pay カード」「コード決済」「オンライン決済」「請求書支払い」などがあります。銀行口座やコンビニなどで簡単にチャージして様々な支払いに利用することができます。LINE Pay カードは、チャージ式のプリペイドカードで国内外のJCB加盟店で利用することができ、使うたびにポイントが貯まります。コード決済は、リアル店舗でコード画面を見せて支払いを行う方法です。また、電気料金や通販などの請求書に記載されているバーコードをLINE Payのコードリーダーで読み込みを行い、LINE Payの残高で支払う方法です。オンライン決済は、オンラインのLINE Pay加盟店で商品を購入した際に、決済手段として選ぶことで利用できるのが特徴になります。

LINE Payでの支払い方法(請求書支払い)

  1. LINEアプリからLINE Payを開き、「請求書」払いをタップ
  2. 案内を読んで「次へ」へ進みコードリーダーを立ち上げる
  3. 手元の請求書のバーコードを読み取る
  4. 画面上の表示されている請求内容を確認する
  5. 支払いを行う
  6. パスワードを入力する
  7. 支払い完了

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

LINE Payが使える電力会社

LINE Payが使える電力会社は、LINEの公式HPで公表されています。LINE Payで支払いができる電力会社はいくつかありますが、まずは東京電力エナジーパートナーです。東京電力エナジーパートナーは、大手の電力会社として知られているので、契約している人も多いのではないでしょうか。また、ほかにも九州電力や東北電力、関西電力でもLINE Payで電気代の支払いをすることが可能です。すべての電力会社でLINE Payでの支払いができるわけではありませんが、主要な電力会社では徐々に支払いができる体制が整ってきています。

また、新電力の会社である東京ガスでも、LINE Payによる支払いが可能です。今後も、LINE Payの普及にともない、ほかの電力会社でもLINE Payを使えるように変わっていく可能性があるでしょう。また、電力会社によっては、LINE Pay以外の電子マネーを取り扱っている場合もあります。利用方法の仕組みは変わりませんので何に対応しているか契約している電力会社の支払い方法を確認してみましょう。

LINE Pay払いでキャッシュバックしてもらえるのか

LINE Payでは、LINE Payを利用して料金の支払いをしているユーザーに対し、インセンティブを還元するプログラムである「マイカラー制度」というものを設けています。マイカラー制度では、毎月、支払金額に応じてユーザーに与えられているバッジのカラーが変わります。カラーは、グリーン・ブルー・レッド・ホワイトの4色あり、それぞれの色によってインセンティブとして還元されるLINE ポイントの基本付与率が異なる仕組みです。たとえば、グリーンでは基本付与率は2%、レッドでは0.8%というように決められています。

インセンティブとして付与されるLINE ポイントは、チャージしたLINE Payと同様に、コンビニエンスストアやドラッグストア、オンラインショップなど、LINE Pay加盟店での買い物の支払いに利用できます。しかし、LINE ポイントは送金や出金の際には利用できません。

LINEポイントとは

LINEポイントとは、LINE Payを含むLINEの各種サービスやお店、ネットショッピングなどで貯めて使えるLINEのポイントサービスです。LINE Payでの利用の他、LINEのスタンプを購入したりLINEギフトやLINE MUSICになどに利用することができます。

LINE ポイントを使ってのコード決済でコードを提示して支払いを行う場合、LINE Payの残高とあわせて利用することもできますが、その場合はLINE ポイントが優先的に利用される仕組みになっています。使うポイントの数は指定することができないため注意しましょう。その他の支払いにおいては、支払いを行う前に使うポイント数を指定してLINE Payの残高とあわせて支払う事ができます。

また、貯めたLINE ポイントには有効期限があります。最後にポイントを獲得した日から180日後となっており、期間限定ポイントの場合は、キャンペーンごとに有効期限が設定され、ポイント獲得による有効期限が延長されることはありません。有効期限を過ぎると所持している対象ポイントが失効してしまうので注意しましょう。

この記事のまとめ

LINEは、今後もさまざまな請求書に対応していく予定であると発表されています。LINE Payも電気代の支払いができるようになっているのでLINE Payでの支払い方法がどのようなものか確認しておくとよいでしょう。

  • LINEの電子マネー「LINE Pay」で請求書の代金を支払うことができる
  • LINE Payの請求書支払いで電気代が支払える電力会社がある
  • LINE Payの「マイカラー制度」で貯めたLINEポイントはLINE Pay加盟店などで使える

電力自由化によって新電力会社の参入も盛んになり、ユーザー獲得のために各社様々なサービスを行っています。その中で電気代の支払い方法の選択肢も増えてきています。電気代の支払い方法も電力会社を選ぶポイントにするとよいでしょう。これまでの方法だけでなく、新しい支払い方法もあるため「どの方法が自分にとってメリットが多いか」を考えて利用しやすいものを選ぶとよいでしょう。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /