電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

電気代が安くなる?断熱住宅のススメ

真夏や真冬になると、エアコンや暖房器具をフル稼働させているという家庭も珍しくありません。電気代の高さに、毎年頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。実は、近年住宅断熱材の進化によってエコ住宅化がどんどん進んでいるため、電気代削減も可能になっているのです。今回は、断熱材と電気代削減の関係について見ていきましょう。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

そもそも断熱住宅とは?

断熱住宅とは、厳密にいうと「高気密・高断熱住宅」と呼ばれるものを指しています。日本で一般的に建てられている木造住宅は、どんなに腕の良い大工さんが建てたとしても、窓枠や壁、床や天井などの接合部にわずかな隙間が空いてしまいます。実際に隙間風を感じることがなくても、家の中と外で空気が出入りしているのです。つまり、隙間が多い家ほど暖かい空気や冷たい空気が外に漏れてしまう可能性が高く、冷暖房効率が悪くなってしまいます。そんな欠点を補うために開発されたのが高気密住宅であり、断熱材や精度の高い建築部材、防湿シートに気密テープなどを使って、できる限り隙間を塞いで建てられているのが特徴です。

一方の高断熱住宅は、断熱材を外壁と内壁の間に入れたり断熱性に優れた窓を設置したりしている家のことです。通常、外の気温は壁や窓などを伝わって家の中に入ってきます。断熱がしっかりしていない家は室内の気温が外気温に左右されやすくなり、夏は暑く冬は寒くなりがちなのです。高断熱住宅にすることで外気温が伝わる割合を減らし、室内の気温を一定に保ちやすくなります。

このように、高気密・高断熱住宅が広まってきたのは、昔と今の住宅事情の変化が影響しています。高温多湿の日本では、窓を空ければ家全体に風が通るようなスタイルの和風建築が主流でした。ところが、年々深刻化する猛暑の影響もあり、現代では真夏になると適度にエアコンを使用することが勧められています。ところが、隙間が空きやすい従来の木造住宅では効率よくエアコンを効かせられず、電気代ばかりが高くなってしまうのです。

エアコンや冷暖房を使う機会の多い現代では、従来の開放的な住宅よりも、室内の気温を一定に保てる住宅のほうがニーズが高まっているといえるでしょう。この点、高気密・高断熱住宅であれば、外気が簡単には室内に侵入してこないため、冷暖房効率が悪くなる心配もありません。電気代の節約になるだけなく、消費する電力を抑えられるためエコにもなります。効率よく快適な住空間を維持できるため、多くの人に支持されているのです。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

断熱住宅はなぜ電気代を節約できる?

断熱住宅の特徴は、隙間を塞いだり壁や窓から外気が伝わってくるのを防いだりすることで、室内の気温を一定に保ちやすいという点です。これは、単に快適に過ごせるというだけでなく、冷暖房効率の向上にも役立っています。一般的に、冷暖房はスイッチをオンにしてから設定温度になるまでに最も電力を消費します。設定温度と実際の気温に差があればあるほど、ハイパワーで稼働することになるためです。設定温度に到達した後も、室内の気温が変動すれば設定温度に近づけるように稼働します。

隙間の多い住宅の場合、冷暖房で快適な室内気温にしたとしても、少しずつ室内と屋外の空気が入れ替わってしまうため、気温が安定しにくいです。設定温度に近づけようとエアコンや暖房器具が動き続け、電力を多く消費してしまいます。これに対し、断熱住宅は室内の空気が維持されやすいため、一度設定温度に達してしまえばそう簡単には室内の気温が変動しません。つまり、エアコンや暖房器具は室内の気温を一定に保つだけで良いのです。この場合、必要最小限の電力で稼働するため、電気代が節約できるというわけです。

また、断熱住宅は外気温が室内に伝わりにくいため、外の暑さや寒さに影響を受けにくくなります。たとえば、外気温が35度の夏だったとしましょう。一般的な住宅の室内温度が30度、断熱住宅が28度とすると、エアコンの設定温度を25度としたときに一般的な住宅は5度下げなければなりません。これに対し、断熱住宅は3度下げれば良いだけです。このように、設定温度に達するまでのエネルギーが少なくて済むため、電気代を節約しやすいという面もあります。

意外なメリット!断熱住宅は健康にもよい

断熱住宅のメリットは、単に電気代を節約できるという点だけではありません。「グリーン建築推進フォーラム」の発表によると、アレルギー性鼻炎や高血圧疾患、心疾患や脳血管疾患などさまざまな疾病が軽減したと報告されています。一概に断熱住宅の効果とは断言できませんが、断熱効果による結露減少でカビやダニの発生が抑えられること、24時間換気で室内空気が改善することなどが影響していると考えられています。また、家の中全体の気温が安定するため、お風呂上りなどにヒートショックが起きにくいことも理由の一つだといえるでしょう。このように、断熱住宅にはさまざまな疾病を予防し、健康によい結果をもたらす可能性もあるのです。

この記事のまとめ

高温多湿な日本でエアコンなどの冷暖房機器を利用して温度調節をする習慣は一般的となっています。エアコンなどの暖房機器は、外気温と設定温度の差が大きいほどエネルギーを多く使うため、室内の温度を一定に保つことが出来る断熱住宅は、電気代の節約に効果的と言えるでしょう。

  • 断熱住宅は外気温が室内に伝わりにくく、暑さや寒さの影響を受けにくい
  • 断熱住宅は室内の温度を一定に保つ効果があるので、冷暖房効率がいい
  • 断熱住宅は24時間換気で空気の循環もよく、高断熱による結露予防効果からカビやダニの発生を防ぐ効果も期待できるなどのメリットもある

電気代の節約や健康によい可能性があることなど、断熱住宅にはさまざまな魅力があります。どちらも毎日の生活において重要なポイントとなるため、これからマイホームを購入する場合は断熱住宅も検討してみると良いでしょう。しかし、すでに一般的な木造住宅などに住んでいる場合、断熱住宅に建て替えたりリフォームしたりするのは簡単ではありません。この場合は、電力会社を変更することで電気代を節約できる可能性もあります。電力会社ごとにさまざまな料金プランやサービスが存在するので、よりお得かつ自分たちに合った電力会社へ切り替え、賢く電気代を節約していきましょう。今の利用方法で電気代がどれだけ安くなるか一括比較サイトなどを利用し比較してみてはいかがでしょうか。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /