電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
冷房を我慢するのはもう古い!

基本料金0円の電気料金プランがあるって本当?お得になるのはこんな人!

電力自由化に伴って数多くの電力会社が参入し、電気の料金プランも多様化しています。参入した電力会社の中には「基本料金0円」の料金プランを掲げるところもいくつかあります。基本料金0円とはどのような仕組みの料金プランなのか、どんな人に向いているプランなのかを紹介していきます。

そもそも電気料金はどのような仕組みで決まっているの?

電気料金は電気の使用量によって変わるというのは何となく知っていても、実際にどのような仕組みで電気料金が決まっているのかわからないという人も多いでしょう。大手の電力会社の標準的な料金体系の内訳は「基本料金」or「最低料金」+ 「電力量料金単価(従量料金単価)×電気使用量」+「燃料費調整額」+「再生可能エネルギー発電促進賦課金」の合計額 で構成されています。 関西電力・中国電力・四国電力・沖縄電力の個人向けの標準的な料金プランでは、最低料金 となっており、その他は基本料金です。基本料金は契約しているアンペア(A)数によって変わります。アンペア数が高いほど基本料金も高くなり使用した電力量には左右されず請求される固定費です。

「燃料費調整額」は発電に使用する燃料の価格や為替レートの変動による影響を考慮し、毎月の電気料金が平均的になるように調整するためのものです。これは燃料の価格によって、プラスになるときもあればマイナスになるときもあります。「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は再生可能エネルギーの買い取りにかかる費用を電力の利用者で負担するための料金です。どちらも1カ月の電気使用量によって請求される金額が決まります。

基本料金0円のプランがあるのは、どこの電力会社?

基本料金0円のプランを用意している電力会社はいくつかあります。例えば、「Looopでんき」「あしたでんき(標準プラン)」「楽天でんき」「ソフトバンクでんき(自然でんきプラン)」などです。基本料金0円のため、「電力量料金単価×電気使用量」が電気料金の内訳のほとんどを占めることになります。そこに「燃料費調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が計算に加わる点はほかの料金プランと同じです。基本料金0円の電力会社のメリットは、電気料金が安くなる可能性があるだけでなく、料金プランがシンプルでわかりやすいことも挙げられます。

一般的な電力会社の場合、契約アンペア数によって基本料金が変わったり、電力量料金単価も使用量によって3段階になっていたりと複雑です。また、夜間の電気料金が安くなっているプランや定額料金プランなどさまざまなプランがあります。自分のライフスタイルに合わせたプランを選べる点がメリットですが複雑すぎてどのプランを選ぶのがいいのかわからず、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。こうした人にとって、基本料金0円の料金プランはシンプルでわかりやすいです。

基本料金0円の電気料金プランがおすすめなのはどんな人?

基本料金0円の電気料金プランがおすすめなのは、自宅のアンペア数を50Aや60Aなどで契約しており、基本料金の高い人です。高い基本料金が0円になれば、それだけで電気代を大幅にカットすることができます。さらに、電気使用量の多い人の場合には、3段階料金制により電気量料金単価も高くなっていると考えられます。特に3段階目の最も高い場合には、基本料金0円の電力会社のほうが電気量料金単価も安くなるため、乗り換えることで電気料金を抑えることができるでしょう。

また、別荘などの普段は電気を使わないけれど、電気の契約は必要がある物件を持っている人にもおすすめです。なぜなら、基本料金0円プランの場合には使った分だけ電気料金を支払うことになるので、使わない期間の長い別荘などに向いているからです。

みんながお得になるとは限らない!一人暮らしだとむしろ高くなるかも?

一人暮らしなど電気使用量が少ない家の場合には、基本料金0円プランにしてしまうと、むしろ電気代が高くなるかもしれません。一人暮らしの場合は、契約アンペア数が20Aや30Aといった小さいことが多いので、もともとの基本料金も少なく基本料金0円の恩恵がほとんどありません。さらに、電気使用量が少ない場合には、一般的な料金体系のプランのほうが3段階料金制の 第1段階料金での計算で請求となり電気代が安く済むケースが多いためです。ただ、一人暮らしでも電気の使用量が多い場合などは、基本料金0円のプランに乗り換えたほうがお得になることもあります。乗換を検討の際には一人暮らしの毎月の電気の使用量を確認し基本料金0円プランでのシミュレーションを行ってみてもよいでしょう。また、一括比較サイトで確認することも可能です。

基本料金だけで判断せず、自分に合った料金プランを!

電気代を少しでも安くしたいと考える人にとって、基本料金0円というのは非常に魅力的に感じるでしょう。しかし、基本料金0円になるからといって、すべての人の電気料金が安くなるとは限らないのです。大切なのは、基本料金の有無に関わらず、自分に合った最適な料金プランを選ぶことです。ただ、電気料金プランは多様化しており複雑なため、自分のライフスタイルに合ったプランを見つけるのは難しいかもしれません。そこで便利なのが電気料金プランの比較サイトです。現在利用している電力会社よりも最適な料金プランが見つかったら、乗り換えも検討してみましょう。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /