電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

ホームベーカリーの電気代はいくらかかる?

パンが大好きな人にとって、自分の好きな材料を使って焼き立てのパンが食べられるホームベーカリーはとても魅力的です。しかし、電気代がどのくらいかかるのか気になる人も多いのではないでしょうか。そこで今回はホームベーカリーを使うときにかかる電気代と、賢く節電するコツを紹介します。

一般的なホームベーカリーの電気代は?

一般的な人気機種で食パン1斤を作った場合での電気代を紹介します。ホームベーカリーの標準的な消費電力は350Wくらいから、出力の大きいものでも580Wくらいとなっています。ホームベーカリーでパンを焼くための工程は主に「こねる(練る)」「発酵」「焼き」となっていて、その中でも最後の「焼き」の工程が最も出力がかかります。それぞれの工程にかかる時間や消費電力は異なりますが、すべての工程を合わせると1回パンを焼くために必要な電気代は約15~20円といわれています。

毎日ホームベーカリーを使ってパンを焼いたとすると1カ月の電気代は約450~600円となり、2日に1回のペースで作るとすれば1カ月の電気代は約225~300円となる計算です。1回当たりの電気代をみると大きく電気代はかからないように見えますが、1カ月間でみると使う頻度や使い方によって数百円の差がでる場合もあります。電気代は使用しているホームベーカリーの機種や、契約している電気料金のプランによっても差が出てきます。

ワットモニターで正確な電気代!

ホームベーカリーは各工程によって出力が変わってきます。正確な電気代を知りたい場合には、ワットモニターで出力を測るという方法が便利です。ワットモニターをコンセントに挿し、消費電力を計測したい家電のプラグをワットモニターにつなげると、家電の動作中の消費電力を観察することができます。

消費電力は機種によって異なりますが一例としては、「こねる」工程では出力は約30W、「発酵」と「焼き」の工程ではヒーターがつくため約500Wほどです。ただし、焼き上げる際にはヒーターがほぼつきっぱなしになりますが、発酵の際にはヒーターがついたり消えたりして、出力は一定ではありません。

工程によって出力は大きく異なるため、節電をしたいのなら消費電力の大きい「発酵」や「焼き」の部分での電力を抑える工夫が必要です。しかし、美味しいパンを作るためには「焼き」の工程は重要です。焼き上げる時間を短くするなど無理に節電しようとすると、味や質にも影響が出てしまいます。そのため、節電をするのなら「発酵」の工程で工夫をすると良いでしょう。

冬以外は自然発酵も!

ホームベーカリーの発酵機能を冬以外の季節では使わず、室温に置いて発酵できる場合もあります。使用するイーストの種類によっても発酵の時間や温度が異なりますが、一般的にパンの発酵に最適な環境は、温度が30~40度で湿度が70~80%がベストといわれています。

夏場など室温が25度以上であれば、部屋に置いておくだけで自然発酵させることも可能です。また、冬場でもこたつの中に入れれば発酵に必要な温度を保つことができます。ただし、冬は乾燥していて必要な湿度をキープしづらいため、タッパーで密閉するなど生地が乾かないような工夫が必要です。

自然発酵はホームベーカリーの発酵機能を使ったときよりも時間はかかりますが、節電には効果が期待できます。なぜなら、ホームベーカリーでパンを作るときには4時間~4時間半ほどかかり、このうち半分以上の時間は発酵にかかるからです。発酵の工程で電力を使わず自然発酵にすることで、電気代を3分の1ほどカットできるのです。

電気代が気になるのなら電力会社の変更を

ホームベーカリーでパンを作るのにかかる電気代はそこまで大きなものではありませんが、少しでも電気代を安くしたいという場合は電力会社の変更をおすすめします。

2016年の電力自由化以後、一般家庭でも契約する電力会社を変更することができるようになりました。新規参入した多くの電力会社は、地域の電力会社の標準的なプランよりも安い料金単価を設定しています。そのため、電力会社の変更で電気代を安くすることができるのです。

しかし、参入した電力会社は数多くあり、どの電力会社が一番お得か調べるのは大変です。そこで便利なのが比較サイトを利用することです。当サイトでも、電力会社の比較サービスを提供しています。1か月分の検針票があれば比較可能なので、ぜひともご利用下さい。

ホームベーカリーで上手な節電!豊かな食卓に!

パン作りは初心者には難しく、うまく膨らまないなど失敗してしまうことも多いです。しかし、ホームベーカリーならすべて自動でできるため、手間をかけずにさまざまな種類のパンを作ることができます。ホームベーカリーの機能を上手に使うことで、節電しながらも美味しいパンを食卓に並べられるようになります。いつでも電気代を気にせずにホームベーカリーを使いたい場合には、電気料金のプラン見直しも検討してみましょう。

一括比較スタート

ご自宅の電気代、払いすぎていませんか??