電気料金プランの比較で電気代を節約!

おすすめ電力会社ランキング【北海道エリア】

北海道エリアでおすすめの電力会社を紹介します。北海道エリアで2~3、4人暮らしの家庭の一般的な電気使用量をモデルとして電気代が安くなる電力会社をランキングしています。電力会社選びの参考にしてみて下さい。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

シミュレーション条件

毎月の電気代 11,800円 現在の契約電力会社 北海道電力
年間の電気代 140,600円 現在の電気プラン 従量電灯B
1ヶ月の電気使用量 360kWh 現在の契約アンペア 40A
年間の電気使用量 4,320kWh/年(360kWh×12) 世帯人数 2~3、4人

※おすすめランキングは2021年10月時点のものです。
電気の比較インズウェブのランキングを参考にしています。

安くなる電力会社ランキング

ミツウロコでんき

プラン名:従量電灯B
節約額:17,500円/年間
ミツウロコでんきを販売するミツウロコグループは、創業以来、創業以来、石炭から煉炭・豆炭、石油製品、LPガス、自然エネルギーと時代に答えるエネルギー供給を行ってきた会社です。ミツウロコでんきの従量電灯Bに変更すると年間の電気代節約額は17,500円もお得になります(※特典含)。
ミツウロコでんき 節約額 特典 年間電気代
従量電灯B 17,500円 10,000円分 124,100円

インズウェブ限定特典

  1. Amzonギフト券10,000円分プレゼント
適用条件
1:Amazonギフト券 Amazonギフト券の適用条件の確認はこちら

お申込みページへ

アストでんき

プラン名:ブライトプラン
節約額:15,468円/年間
アストでんきを販売するアストグループは、電気の発電、調達から販売まで一手に担う総合エネルギー会社です。アストでんきのブライトプランに変更すると年間の電気代節約額は15,468円もお得になります(※特典含)。
アストでんき 節約額 特典 年間電気代
ブライトプラン 15,468円 4,500円分 126,132円

インズウェブ限定特典

  1. Amzonギフト券500円分プレゼント
  2. 10ヶ月以上継続で4,000円キャッシュバック
適用条件
1:Amazonギフト券 Amazonギフト券の適用条件の確認はこちら
2:キャッシュバック

【概要】
電気の比較インズウェブサイトからキャンペーン中にお申し込みをされた方限定
電力供給開始から10ヶ月間以上、利用した方に4,000円分キャッシュバック
【対象者】
電気の比較インズウェブから期間内に申し込みをした方で、3ヶ月後の月末までに電力会社の切替が完了(通電開始)していること
【注意事項】
・キャンペーン期間中に電気の比較インズウェブサイトからお申し込みをし、電力供給開始から10ヶ月以上、ご契約を継続した方が適用されます
・供給開始から11ヵ月目の電気料金から、お値引きさせて頂きます

以下の場合、本特典が適用されませんのでご注意ください
 ・適用条件のすべてを満たしていない場合
 ・既にアストマックス・エネルギーをご利用されている場合
 ・サービス開始から10ヶ月未満で解約された場合
 ・サービス開始から10か月未満でキャンペーン対象外メニューへ変更された場合

※本キャンペーンのその他詳細については、直接、アストマックス・エネルギーカスタマーセンターまでご確認ください。
【Mail】customerservice@astmax.co.jp

お申込みページへ

パンダでんき

プラン名:スマートプランS
節約額:15,092円/年間
パンダでんきは、「親しみやすく」「親身な電力会社」を目指して電力サービスを提供している新電力会社です。パンダでんきのスマートプランSに変更すると年間の電気代節約額は15,092円もお得になります(※特典含)。
パンダでんき 節約額 特典 年間電気代
スマートプランS 15,092円 500円分 126,508円

インズウェブ限定特典

  1. Amzonギフト券500円分プレゼント
  2. 長期割プラン「長割」
適用条件
1:Amazonギフト券 Amazonギフト券の適用条件の確認はこちら
2:長期割プラン「長割」 長期割プラン「長割」の適用条件の確認はこちら

お申込みページへ

ソフトバンクでんき

プラン名:おうちでんき
節約額:12,966円/年間
ソフトバンクでんきは、携帯電話でおなじみのソフトバンクの電気サービスです。ソフトバンクでんきのおうちでんきに変更すると年間の電気代節約額は12,966円もお得になります(※初月無料含)。
ソフトバンクでんき 節約額 特典(初月無料) 年間電気代
おうちでんき 12,966円 11,694円 128,634円

公式サイトへ

ENEOSでんき

プラン名:北海道Bプラン
節約額:7,248円/年間
CMやガソリンスタンドでおなじみのENEOSを運営するJXTGエネルギーの電力会社です。ENEOSでんきの北海道Bプランに変更すると年間の電気代節約額は7,248円もお得になります。
ENEOSでんき 節約額 特典 年間電気代
北海道Bプラン 7,248円 なし 134,352円

詳細・説明

出光興産

プラン名:くらしのための「Sプラン」
節約額:5,676円/年間
ガソリンスタンドの「シェル」で有名な出光興産の電気販売です。出光興産のくらしのための「Sプラン」に変更すると年間の電気代節約額は5,676円もお得になります。
出光興産 節約額 特典 年間電気代
くらしのための「Sプラン」 5,676円 なし 135,924円

公式サイトへ

トドック電力

プラン名:ベーシック電気メニュー従量電灯B・スタンダードプラン
節約額:4,080円/年間
トドック電力は、コープさっぽろのグループ会社です。トドック電力のベーシック電気メニュー従量電灯B・スタンダードプランに変更すると年間の電気代節約額は4,080円もお得になります。
トドック電力 節約額 特典 年間電気代
ベーシック電気メニュー従量電灯B・スタンダードプラン 4,080円 なし 137,520円

詳細・説明

トドック電力

プラン名:ベーシック電気メニュー従量電灯B・インターネットプラン・スタンダードプラン
節約額:3,996円/年間
トドック電力は、コープさっぽろのグループ会社です。トドック電力のベーシック電気メニュー従量電灯B・インターネットプラン・スタンダードプランに変更すると年間の電気代節約額は3,996円もお得になります。ベーシック電気メニュー従量電灯B・インターネットプランは、ペーパーレス化でWeb割引があるプランです。
トドック電力 節約額 特典 年間電気代
ベーシック電気メニュー従量電灯B・インターネットプラン・スタンダードプラン 3,996円 なし 137,604円

詳細・説明

北海道ガス

プラン名:従量電灯Bプラス
節約額:3,768円/年間
北海道でガスの販売を行う北海道ガスの電気販売です。北海道ガスの従量電灯Bプラスは北海道ガスのガスをご使用の方向けのプランで年間の電気代節約額は3,768円もお得になります。
北海道ガス 節約額 特典 年間電気代
従量電灯Bプラス 3,768円 なし 137,832円

詳細・説明

北海道ガス

プラン名:従量電灯Bメイト
節約額:3,768円/年間
北海道でガスの販売を行う北海道ガスの電気販売です。北海道ガスの従量電灯Bメイトは道内都市ガス事業者のガスをご使用の方向けのプランで年間の電気代節約額は3,768円もお得になります。
北海道ガス 節約額 特典 年間電気代
従量電灯Bメイト 3,768円 なし 137,832円

詳細・説明

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

一般的な電気使用量で電気代が安くなる電力会社ランキングはこちら

電力会社切替のメリット・デメリット

北海道エリアで電気代が安くなる電力会社をランキングで紹介してきました。電力会社の切替には電気代が安くなるという点がメリットとして大きいです。しかし、デメリットもあります。デメリットを理解し失敗のない電力会社の変更を行いましょう。

メリット

  1. 電気代が安い
  2. 付加サービスの利用
  3. 社会貢献(自然エネルギーの電力)

メリットとして大きいのは電気代が安くなる事ですが、しっかりシミュレーションを行い安くなることを確認してから切替の手続きを行いましょう。多くの電力会社には付加サービスがあります。自分の好みに合った付加サービスを探してみることでよりお得に利用できるでしょう。

また、電気代は少し高くなってしまいますが、環境に優しい電気プランを出す電力会社も増えてきています。電力会社を自分で選べるようになったメリットには環境に優しい電気を選ぶという選択ができるようになったことも大きいでしょう。

デメリット

  1. 電気代が高くなってしまうこともある

電力会社変更によるデメリットとして考えられるのは、現状の電気プランより電気料金が安くなるプランがない場合や、シミュレーションで安くなる事を確認せずに電力会社を変更してしまったことで電気代が高くなってしまったというようなケースがあるという事です。「電力会社の変更で電気代は安くなる」という紹介も間違いではありませんが、あくまでも現在契約している電力会社よりも電気代が安くなるプランに変更した場合です。電力会社の変更は、失敗のないようにシミュレーションをしっかり行ってプラン内容に納得した上で変更をしましょう。

電気の「品質」や災害時の「対応」は変わらない!

電力会社を変更しても電気の品質や災害時の対応は変わりません。電気を自宅まで届ける送配電の管理はこれまで通り北海道電力や東京電力、関西電力といった大手の電力会社が行います。したがって災害時の停電リスクなども契約している電力会社によって異なるといったことはありません。万が一、契約している新電力会社が倒産したり破綻するような事があっても電気はライフラインですからセーフティネットとして地域の大手電力会社(一般送配電事業者)が供給を行う事になっているので電気が止まってしまうような事もなく、そのようなことがあれば他の電力会社に変更すれば問題ないので心配することはありません。

電力会社を賢く選んで節約につなげよう

電力自由化によって、安い電力会社を選ぶことができるようになっています。どんな電力会社と契約しても、急に電気が来なくなることはまずありません。電力会社の変更に紹介した電気代が安くなる電力会社ランキングを参考にしてみて下さい。自分の電気の使い方でどの電力会社が一番お得に利用できるのかということは電気の比較インズウェブの一括比較見積もりで確認することができます。住んでいる地域や毎月の電気使用量を入力して簡単にランキングを確認することができますよ。ぜひ、利用してみましょう。

2021年11月2日

Copyright © SBI Holdings Inc., All Rights Reserved.