電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

現在、福島電力とご契約中の方へ

別の電力会社へ切り替える必要があります

福島電力が電力小売事業から撤退するため、現在、福島電力でご契約中の方は別の電力会社へと切り替える必要があります。

新しい電力会社への切り替え手続きは簡単です。切り替え先の電力会社を決めて、その電力会社へ切り替えの申し込みをするだけです。福島電力への解約の連絡は不要です。

切り替えの手続きには、「お客様番号」と「供給地点特定番号」が必要です。両方とも福島電力のマイページ内で確認できますが、わからない場合には、福島電力へのお問い合わせが必要となります。

 

福島電力へのお問い合わせ先
電話:0120-057-445(10:00~18:00、年末年始を除く)
※携帯電話・PHS・自動車電話からもご利用いただきます。

おすすめの切り替え先電力会社

切り替え先の電力会社としておすすめの会社を紹介します。

福島電力からご案内のあったLooopでんきもおすすめですが、電気の使用量や地域によっては他におすすめの電力会社もあります。おすすめの電力会社について、プランの特徴や電気料金などについて紹介します。

 

北海道電力エリア

Looopでんき おうちプラン

Looopでんきのおうちプランは、基本料金が0円、電力量料金(従量料金)単価が一定で変わらないというシンプルな料金設定が特徴です。携帯電話のように分かりにくい料金設定は嫌だという人におすすめのプランです。また、基本料金がかからないので、他のプランだと基本料金が高くなる50Aや60Aの方には特におすすめです。

電気代について、30A以上の場合は福島電力よりも電気代が安くなります。20Aの場合でも、北海道電力の従量電灯Bに戻るよりは電気代がお得です。

Looopでんきは電力自由化の開始時から人気の電力会社で、家庭向けの電力販売量も北海道ガスより多いです。また、沖縄を除く全国で電気を供給しているので、今後道外に引っ越したとしても同じ電力会社を使い続けられます。

○料金比較

20A・30Aの場合
種別・区分 福島電力 Looopでんき
基本料金(1契約につき) 20A 669.60円 0円
30A 1004.40円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 22.83円 29円
120kWhをこえ280kWhまで 28.83円
280kWh超過分 32.37円
40A~60Aの場合
種別・区分 福島電力 Looopでんき
基本料金(1契約につき) 40A 1339.20円 0円
50A 1674.00円
60A 2008.80円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 22.36円 29円
120kWhをこえ280kWhまで 28.23円
280kWh超過分 31.70円

 

HTBエナジーHTBエナジー 北海道かにプラン従量電灯B5

HTBエナジーは長崎のハウステンボスから生まれた電力会社で、再生可能エネルギーなどクリーンな発電を推進しています。

北海道かにプラン従量電灯B5は、北海道電力の従量電灯Bより基本料金、電力量料金が5%安くなるように設定されたプランです。30A以上しか申し込むことができませんが、福島電力より電気代が安くなります。(数千kWh単位で使う場合は福島電力の方が安くなります。)

沖縄を除く全国で電力を供給しており、テーマパークや官公庁・法人への電力供給実績もあります。また、ハウステンボスの親会社でもある大手旅行代理店のH.I.S.が販売代理店を務めています。

○料金比較

20A・30Aの場合
種別・区分 福島電力 HTBエナジー
基本料金(1契約につき) 20A 669.60円 申し込めません
30A 1004.40円 954.18円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 22.83円 22.37円
120kWhをこえ280kWhまで 28.83円 28.24円
280kWh超過分 32.37円 31.71円
40A~60Aの場合
種別・区分 福島電力 HTBエナジー
基本料金(1契約につき) 40A 1339.20円 1272.24円
50A 1674.00円 1590.30円
60A 2008.80円 1908.36円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 22.36円 22.37円
120kWhをこえ280kWhまで 28.23円 28.24円
280kWh超過分 31.70円 31.71円

 

東北電力エリア

Looopでんき おうちプラン

Looopでんきのおうちプランは、基本料金が0円、電力量料金(従量料金)単価が一定で変わらないというシンプルな料金設定が特徴です。携帯電話のように分かりにくい料金設定は嫌だという人におすすめのプランです。また、基本料金がかからないので、他のプランだと基本料金が高くなる50Aや60Aの方には特におすすめです。

電気代について、福島電力からLooopでんきに切り替えることによっていずれの使用量でも電気代を安くすることができます。切り替えることによって損をしないので、早めの電力会社切り替えをおすすめします。

Looopでんきは電力自由化の開始時から人気の電力会社で、家庭向けの電力販売量も上位につけています。また、沖縄を除く全国で電気を供給しているので、今後東北電力エリア外に引っ越したとしても同じ電力会社を使い続けられます。

○料金比較

種別・区分 福島電力 Looopでんき
基本料金(1契約につき) 40A 1296.00円 0円
50A 1620.00円
60A 1944.00円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 18.24円 26円
120kWhをこえ200kWhまで 24.87円
200kWhをこえ300kWhまで 23.63円
300kWh超過分 27.31円

 

HTBエナジーHTBエナジー 東北なまはげプラン従量電灯B5

HTBエナジーは長崎のハウステンボスから生まれた電力会社で、再生可能エネルギーなどクリーンな発電を推進しています。

東北なまはげプラン従量電灯B5は、東北電力の従量電灯Bより基本料金、電力量料金が5%安くなるように設定されたプランです。40Aで、月の電気使用量が202kWh~479kWhの場合、福島電力からおすすめされているLooopでんきよりも電気代が安くなります。

沖縄を除く全国で電力を供給しており、テーマパークや官公庁・法人への電力供給実績もあります。また、ハウステンボスの親会社でもある大手旅行代理店のH.I.S.が販売代理店を務めています。

○料金比較

種別・区分 福島電力 HTBエナジー
基本料金(1契約につき) 40A 1296.00円 1231.20円
50A 1620.00円 1539.00円
60A 1944.00円 1846.80円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 18.24円 17.33円
120kWhをこえ200kWhまで 24.87円 23.63円
200kWhをこえ300kWhまで 23.63円
300kWh超過分 27.31円 27.32円

 

東京電力エリア

東京電力エリアでは、LooopでんきHTBエナジーまちエネ四国電力をおすすめしています。

Looopでんき おうちプラン

Looopでんきのおうちプランは、基本料金が0円、電力量料金(従量料金)単価が一定で変わらないというシンプルな料金設定が特徴です。携帯電話のように分かりにくい料金設定は嫌だという人におすすめのプランです。また、基本料金がかからないので、他のプランだと基本料金が高くなる50Aや60Aの方には特におすすめです。

電気代について、福島電力からLooopでんきに切り替えることによっていずれの使用量でも電気代を安くすることができます。切り替えることによって損をしないので、早めの電力会社切り替えをおすすめします。

Looopでんきは電力自由化の開始時から人気の電力会社で、家庭向けの電力販売量も上位につけています。また、沖縄を除く全国で電気を供給しているので、今後東京電力エリア外に引っ越したとしても同じ電力会社を使い続けられます。

○料金比較

種別・区分 福島電力 Looopでんき
基本料金(1契約につき) 40A 1123.20円 0円
50A 1404.00円
60A 1684.80円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 19.52円 26円
120kWhをこえ200kWhまで 26円
200kWhをこえ300kWhまで 24.70円
300kWh超過分 28.52円

 

HTBエナジーHTBエナジー 東京大江戸プラン従量電灯B5

HTBエナジーは長崎のハウステンボスから生まれた電力会社で、再生可能エネルギーなどクリーンな発電を推進しています。

東京大江戸プラン従量電灯B5は、東京電力の従量電灯Bより基本料金、電力量料金が5%安くなるように設定されたプランです。40Aで、月の電気使用量が237kWh~335kWhの場合、福島電力からおすすめされているLooopでんきよりも電気代が安くなります。

沖縄を除く全国で電力を供給しており、テーマパークや官公庁・法人への電力供給実績もあります。また、ハウステンボスの親会社でもある大手旅行代理店のH.I.S.が販売代理店を務めています。

○料金比較

種別・区分 福島電力 HTBエナジー
基本料金(1契約につき) 40A 1123.20円 1067.04円
50A 1404.00円 1333.80円
60A 1684.80円 1600.56円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 19.52円 18.46円
120kWhをこえ200kWhまで 26.00円 24.62円
200kWhをこえ300kWhまで 24.70円
300kWh超過分 28.52円 28.44円

 

まちエネまちエネ きほんプラン

まちエネは三菱商事とローソンを出資母体としたMCリテールエナジーが提供しています。

電気代はいずれの使用量でも福島電力と同額かまちエネの方が安くなります。また、電気料金の支払い額1,000円(税抜)につきPontaポイントが10ポイントたまり、さらに、100円~200円相当の商品がもらえるローソンのクーポン券を毎月もらうことができます。

出資母体が大会社なので、電力会社に安心感を求めたい方やPontaポイントをためている方、ローソンをよく利用する方などにおすすめの電力会社です。

○料金比較

種別・区分 福島電力 まちエネ
基本料金(1契約につき) 40A 1123.20円 1123.20円
50A 1404.00円 1404.00円
60A 1684.80円 1684.80円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 19.52円 19.43円
120kWhをこえ200kWhまで 26.00円 24.81円
200kWhをこえ300kWhまで 24.70円
300kWh超過分 28.52円 25.99円

 

四国電力四国電力

四国電力は電力自由化以前から四国地方に電力を供給し続けてきた電力会社です。電力自由化で東京電力エリアにも進出しています。

四国電力は選択できるプランを複数提供していますが、40Aで契約できるのは、ブループランオリーブプランオレンジプランのいずれか、50A・60Aで契約できるのはオリーブプランオレンジプランのどちらかです。

いずれのプランも、一定量までの料金が定額で、それ以上使う場合は従量課金となっています。ブループランは月に200kWh前後、オリーブプランは月に300kWh前後、オレンジプランは月に500kWh前後使う方がお得になる料金プランです。

四国電力は四国地方で電力供給を続けてきた電力会社なので、大手電力会社の安心感が欲しい方にピッタリです。

○料金比較

ブループラン
種別・区分 福島電力 四国電力
基本料金(1契約につき) 40A 1123.20円
定額料金(1契約につき) 最初の200kWhまで 5000円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 19.52円
120kWhをこえ200kWhまで 26.00円
200kWhをこえ300kWhまで 24.70円 28.30円
300kWh超過分 28.52円

 

オリーブプラン
種別・区分 福島電力 四国電力
基本料金(1契約につき) 40A 1123.20円
50A 1404.00円
60A 1684.80円
定額料金(1契約につき) 最初の300kWhまで 7800円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 19.52円
120kWhをこえ200kWhまで 26.00円
200kWhをこえ300kWhまで 24.70円
300kWh超過分 28.52円 28.30円

 

オレンジプラン
種別・区分 福島電力 四国電力
基本料金(1契約につき) 40A 1123.20円
50A 1404.00円
60A 1684.80円
定額料金(1契約につき) 最初の500kWhまで 13000円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 19.52円
120kWhをこえ200kWhまで 26.00円
200kWhをこえ300kWhまで 24.70円
300kWh超過分 28.52円
500kWh超過分 27.50円

 

中部電力エリア

Looopでんき おうちプラン

Looopでんきのおうちプランは、基本料金が0円、電力量料金(従量料金)単価が一定で変わらないというシンプルな料金設定が特徴です。携帯電話のように分かりにくい料金設定は嫌だという人におすすめのプランです。また、基本料金がかからないので、他のプランだと基本料金が高くなる50Aや60Aの方には特におすすめです。

電気代について、福島電力からLooopでんきに切り替えることによっていずれの使用量でも電気代を安くすることができます。切り替えることによって損をしないので、早めの電力会社切り替えをおすすめします。

Looopでんきは電力自由化の開始時から人気の電力会社で、家庭向けの電力販売量も上位につけています。また、沖縄を除く全国で電気を供給しているので、今後中部電力エリア外に引っ越したとしても同じ電力会社を使い続けられます。

○料金比較

種別・区分 福島電力 Looopでんき
基本料金(1契約につき) 40A 1123.20円 0円
50A 1404.00円
60A 1684.80円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 20.68円 26円
120kWhをこえ300kWhまで 25.08円
300kWh超過分 26.57円

 

HTBエナジーHTBエナジー 中部しゃちほこプラン従量電灯B5

HTBエナジーは長崎のハウステンボスから生まれた電力会社で、再生可能エネルギーなどクリーンな発電を推進しています。

中部しゃちほこプラン従量電灯B5は、中部電力の従量電灯Bより基本料金、電力量料金が5%安くなるように設定されたプランです。40Aで、月の電気使用量が261kWh~447kWhの場合、福島電力からおすすめされているLooopでんきよりも電気代が安くなります。

沖縄を除く全国で電力を供給しており、テーマパークや官公庁・法人への電力供給実績もあります。また、ハウステンボスの親会社でもある大手旅行代理店のH.I.S.が販売代理店を務めています。

○料金比較

種別・区分 福島電力 HTBエナジー
基本料金(1契約につき) 40A 1123.20円 1067.04円
50A 1404.00円 1333.80円
60A 1684.80円 1600.56円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 20.68円 19.65円
120kWhをこえ300kWhまで 25.08円 23.83円
300kWh超過分 26.57円 26.58円

 

北陸電力エリア

Looopでんき おうちプラン

Looopでんきのおうちプランは、基本料金が0円、電力量料金(従量料金)単価が一定で変わらないというシンプルな料金設定が特徴です。携帯電話のように分かりにくい料金設定は嫌だという人におすすめのプランです。また、基本料金がかからないので、他のプランだと基本料金が高くなる50Aや60Aの方には特におすすめです。

電気代について、福島電力からLooopでんきに切り替えることによっていずれの使用量でも電気代を安くすることができます。切り替えることによって損をしないので、早めの電力会社切り替えをおすすめします。

Looopでんきは電力自由化の開始時から人気の電力会社で、家庭向けの電力販売量も上位につけています。また、沖縄を除く全国で電気を供給しているので、今後北陸電力エリア外に引っ越したとしても同じ電力会社を使い続けられます。

○料金比較

種別・区分 福島電力 Looopでんき
基本料金(1契約につき) 40A 950.40円 0円
50A 1188.00円
60A 1425.60円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 17.52円 21円
120kWhをこえ300kWhまで 21.33円
300kWhをこえ500kWhまで 20.26円
500kWh超過分 21.87円

 

HTBエナジーHTBエナジー 北陸ます寿司プラン従量電灯B5

HTBエナジーは長崎のハウステンボスから生まれた電力会社で、再生可能エネルギーなどクリーンな発電を推進しています。

北陸ます寿司プラン従量電灯B5は、北陸電力の従量電灯Bより基本料金、電力量料金が5%安くなるように設定されたプランです。福島電力で契約できる40A以上の場合、40Aで電気使用量が500kWh~600kWhでなければ福島電力よりも電気代が安くなります。

沖縄を除く全国で電力を供給しており、テーマパークや官公庁・法人への電力供給実績もあります。また、ハウステンボスの親会社でもある大手旅行代理店のH.I.S.が販売代理店を務めています。

○料金比較

種別・区分 福島電力 HTBエナジー
基本料金(1契約につき) 40A 950.40円 902.88円
50A 1188.00円 1128.60円
60A 1425.60円 1354.32円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 17.52円 16.61円
120kWhをこえ300kWhまで 21.33円 20.23円
300kWhをこえ500kWhまで 20.26円 21.84円
500kWh超過分 21.87円

 

関西電力エリア

Looopでんき おうちプラン

Looopでんきのおうちプランは、最低料金がなく、電力量料金(従量料金)単価が一定で変わらないというシンプルな料金設定が特徴です。携帯電話のように分かりにくい料金設定は嫌だという人におすすめのプランです。

電気代について、月の使用量が177kWh以上の場合、Looopでんきに切り替えることで電気代が安くなります。電気使用量が多いご家庭はお早めに切り替え手続きを行いましょう。

なお、関西電力エリアについては、下で紹介しているHTBエナジーの方が電気代が安くなるのでおすすめです。

Looopでんきは電力自由化の開始時から人気の電力会社で、家庭向けの電力販売量も上位につけています。また、沖縄を除く全国で電気を供給しているので、今後関西電力エリア外に引っ越したとしても同じ電力会社を使い続けられます。

○料金比較

種別・区分 福島電力 Looopでんき
最低料金(1契約につき) 最初の15kWhまで 327.65円 0円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の15kWhまで 22円
15kWhをこえ120kWhまで 19.76円 22円
120kWhをこえ200kWhまで 26.19円
200kWhをこえ300kWhまで 24.61円
300kWh超過分 27.25円

 

HTBエナジーHTBエナジー 関西プランたこやきプラン従量電灯A シングルコース

HTBエナジーは長崎のハウステンボスから生まれた電力会社で、再生可能エネルギーなどクリーンな発電を推進しています。

関西プランたこやきプラン従量電灯A シングルコースは、単身者や使用量が少ない方向けのプランです。福島電力と比べた場合、月の使用量が120kWhまでは福島電力と同額で、それより多い場合はHTBエナジーの方が安くなります。また、月の使用量が230kWh以上の場合は、同じプランのファミリーコースの方が安くなります。

福島電力がおすすめするLooopでんきと比較した場合、月の使用量が15kWh~250kWhではHTBエナジーのシングルコースの方が安くなります。使用量が251kWh以上の場合も、LooopでんきよりHTBエナジーのファミリーコースの方が安いので、関西電力エリアの場合はLooopでんきよりHTBエナジーの方がおすすめです。

HTBエナジーは沖縄を除く全国で電力を供給しており、テーマパークや官公庁・法人への電力供給実績もあります。また、ハウステンボスの親会社でもある大手旅行代理店のH.I.S.が販売代理店を務めています。

○料金比較

種別・区分 福島電力 HTBエナジー
最低料金(1契約につき) 最初の15kWhまで 327.65円 327.65円
電力量料金(1kWhにつき) 15kWhをこえ120kWhまで 19.76円 19.76円
120kWhをこえ200kWhまで 26.19円 23.83円
200kWhをこえ300kWhまで 24.61円
300kWh超過分 27.25円 27.25円

 

HTBエナジーHTBエナジー 関西プランたこやきプラン従量電灯A ファミリーコース

HTBエナジーは長崎のハウステンボスから生まれた電力会社で、再生可能エネルギーなどクリーンな発電を推進しています。

関西プランたこやきプラン従量電灯A ファミリーコースは、電気使用量が多い方向けのプランです。福島電力と比べた場合、月の使用量が168kWh以上の場合、HTBエナジーのファミリーコースの方が安くなります。なお、月の使用量が230kWh以下の場合は、同じプランのシングルコースの方が安くなります。

福島電力がおすすめするLooopでんきと比較した場合、月の使用量が73kWh以上ではHTBエナジーのファミリーコースの方が安くなります。関西電力エリアの場合はLooopでんきよりHTBエナジーの方がおすすめです。

HTBエナジーは沖縄を除く全国で電力を供給しており、テーマパークや官公庁・法人への電力供給実績もあります。また、ハウステンボスの親会社でもある大手旅行代理店のH.I.S.が販売代理店を務めています。

○料金比較

種別・区分 福島電力 HTBエナジー
最低料金(1契約につき) 最初の15kWhまで 327.65円 373.73円
電力量料金(1kWhにつき) 15kWhをこえ120kWhまで 19.76円 21.24円
120kWhをこえ200kWhまで 26.19円 21.95円
200kWhをこえ300kWhまで 24.61円
300kWh超過分 27.25円 22.00円

 

中国電力エリア

Looopでんき おうちプラン

Looopでんきのおうちプランは、最低料金がなく、電力量料金(従量料金)単価が一定で変わらないというシンプルな料金設定が特徴です。携帯電話のように分かりにくい料金設定は嫌だという人におすすめのプランです。

電気代について、月の使用量が303kWh以上の場合、Looopでんきに切り替えることで電気代が安くなります。電気使用量が多いご家庭はお早めに切り替え手続きを行いましょう。使用量が少ない場合は、下で紹介しているHTBエナジーの方がおすすめです。

Looopでんきは電力自由化の開始時から人気の電力会社で、家庭向けの電力販売量も上位につけています。また、沖縄を除く全国で電気を供給しているので、今後中国電力エリア外に引っ越したとしても同じ電力会社を使い続けられます。

○料金比較

種別・区分 福島電力 Looopでんき
最低料金(1契約につき) 最初の15kWhまで 331.23円 0円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の15kWhまで 24円
15kWhをこえ120kWhまで 20.40円 24円
120kWhをこえ200kWhまで 26.96円
200kWhをこえ300kWhまで 25.61円
300kWh超過分 27.59円

 

HTBエナジーHTBエナジー 中国もみじプラン従量電灯A5

HTBエナジーは長崎のハウステンボスから生まれた電力会社で、再生可能エネルギーなどクリーンな発電を推進しています。

中国もみじプラン従量電灯A5は、中国電力の最低料金、電力量料金より5%安い料金設定となっているプランです。福島電力と比べた場合、使用料にかかわらず電気代が安くなります。また、福島電力がおすすめするLooopでんきと比べた場合、月の使用量が372kWh以下の場合、HTBエナジーの方が安くなります。

HTBエナジーは沖縄を除く全国で電力を供給しており、テーマパークや官公庁・法人への電力供給実績もあります。また、ハウステンボスの親会社でもある大手旅行代理店のH.I.S.が販売代理店を務めています。

○料金比較

種別・区分 福島電力 HTBエナジー
最低料金(1契約につき) 最初の15kWhまで 331.23円 313.75円
電力量料金(1kWhにつき) 15kWhをこえ120kWhまで 20.40円 19.33円
120kWhをこえ200kWhまで 26.96円 25.56円
200kWhをこえ300kWhまで 25.61円
300kWh超過分 27.59円 27.54円

 

四国電力エリア

Looopでんき おうちプラン

Looopでんきのおうちプランは、最低料金がなく、電力量料金(従量料金)単価が一定で変わらないというシンプルな料金設定が特徴です。携帯電話のように分かりにくい料金設定は嫌だという人におすすめのプランです。

電気代について、月の使用量が283kWh以上の場合、Looopでんきに切り替えることで電気代が安くなります。電気使用量が多いご家庭はお早めに切り替え手続きを行いましょう。使用量が少ない場合は、下で紹介しているHTBエナジーの方がおすすめです。

Looopでんきは電力自由化の開始時から人気の電力会社で、家庭向けの電力販売量も上位につけています。また、沖縄を除く全国で電気を供給しているので、今後四国電力エリア外に引っ越したとしても同じ電力会社を使い続けられます。

○料金比較

種別・区分 福島電力 Looopでんき
最低料金(1契約につき) 最初の11kWhまで 403.92円 0円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の11kWhまで 24円
11kWhをこえ120kWhまで 20.00円 24円
120kWhをこえ200kWhまで 26.50円
200kWhをこえ300kWhまで 25.17円
300kWh超過分 28.45円

 

HTBエナジーHTBエナジー 四国かまたまうどんプラン従量電灯A5

HTBエナジーは長崎のハウステンボスから生まれた電力会社で、再生可能エネルギーなどクリーンな発電を推進しています。

四国かまたまうどんプラン従量電灯A5は、四国電力の最低料金、電力量料金より5%安い料金設定となっているプランです。福島電力と比べた場合、月の使用量が116kWh~138kWhの場合を除いて電気代が安くなります。また、福島電力がおすすめするLooopでんきと比べた場合、月の使用量が313kWh以下の場合、HTBエナジーの方が安くなります。

HTBエナジーは沖縄を除く全国で電力を供給しており、テーマパークや官公庁・法人への電力供給実績もあります。また、ハウステンボスの親会社でもある大手旅行代理店のH.I.S.が販売代理店を務めています。

○料金比較

種別・区分 福島電力 HTBエナジー
最低料金(1契約につき) 最初の11kWhまで 403.92円 383.72円
電力量料金(1kWhにつき) 11kWhをこえ95kWhまで 20.00円 19.00円
95kWhをこえ120kWhまで 25.17円
120kWhをこえ200kWhまで 26.50円
200kWhをこえ300kWhまで 25.17円
300kWh超過分 28.45円 28.45円

 

九州電力エリア

Looopでんき おうちプラン

Looopでんきのおうちプランは、最低料金がなく、電力量料金(従量料金)単価が一定で変わらないというシンプルな料金設定が特徴です。携帯電話のように分かりにくい料金設定は嫌だという人におすすめのプランです。

電気代について、40Aで月の使用量が453kWh以下の場合、50Aで月の使用量が694kWh以下の場合、あるいは60Aで月の使用量が936kWh以下の場合はLooopでんきに切り替えることで電気代が安くなります。

Looopでんきは電力自由化の開始時から人気の電力会社で、家庭向けの電力販売量も上位につけています。また、沖縄を除く全国で電気を供給しているので、今後九州電力エリア外に引っ越したとしても同じ電力会社を使い続けられます。

○料金比較

種別・区分 福島電力 Looopでんき
基本料金(1契約につき) 40A 1166.40円 0円
50A 1458.00円
60A 1749.60円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 17.19円 23円
120kWhをこえ200kWhまで 22.69円
200kWhをこえ300kWhまで 20.42円
300kWh超過分 21.79円

 

HTBエナジーHTBエナジー 九州めんたいこプラン従量電灯B5

HTBエナジーは長崎のハウステンボスから生まれた電力会社で、再生可能エネルギーなどクリーンな発電を推進しています。

九州めんたいこプラン従量電灯B5は、九州電力の基本料金、電力量料金より5%安い料金設定となっているプランです。福島電力と比べた場合、概ね、月の使用量が360kWh以下の場合に電気代が安くなります。

HTBエナジーは沖縄を除く全国で電力を供給しており、テーマパークや官公庁・法人への電力供給実績もあります。また、ハウステンボスの親会社でもある大手旅行代理店のH.I.S.が販売代理店を務めています。

○料金比較

種別・区分 福島電力 HTBエナジー
基本料金(1契約につき) 40A 1166.40円 1108.08円
50A 1458.00円 1385.10円
60A 1749.60円 1662.12円
電力量料金(1kWhにつき) 最初の120kWhまで 17.19円 16.28円
120kWhをこえ200kWhまで 22.69円 21.50円
200kWhをこえ300kWhまで 20.42円
300kWh超過分 21.79円 24.30円

 

Q&A

切り替え案内の期限内に切り替えないと電気が止まりますか?
期限内に切り替えが完了していなくても、すぐに電気が止まるわけではありません。仮に期限の日付をもって電力供給を完全に放棄してしまったとしても、消費者の不利益とならないよう、地域の電力会社が電気を供給する義務を負っています。
紹介されている会社は信頼できる?
このページで紹介している電力会社は、電力自由化開始時点から人気のある電力会社で、これまでに大きなトラブルもなく運営してきています。また、電力販売量も福島電力と比して多く、供給実績も十分にあります。
他の電力会社も比較したい!
申し訳ありません。現在福島電力と契約中の方の電気料金比較サービスは提供しておりません。弊社比較サービスをご利用いただくには、一度、地域の電力会社の標準的な料金プランに戻して頂く必要がございます。

 

利用上の注意

  • 本サービスが提供する料金プランに関する情報は、各電力会社(発電事業者、小売電気事業者、媒介・取次・代理業者のことをいい、以下、本サイト上では同様とします)が自己のウェブサイト等にて公表しているある特定時点の情報をそのままの内容で当社が独自に収集したものです。利用者様が閲覧される時点での電気料金及び他サービスを含む割引金額並びにポイント/電子マネーによる還元額(以下、「電気料金等」といいます)や利用者様の経済的な利益の実現、期待について、本サービスは何ら保証するものではありません。
  • 本サービスにおいて提供する電気料金等に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で提供をしておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項については、各電力会社より公表された情報にのみ依拠するものであり、本サービスは何ら保証するものではありません。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 当社では、各電力会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力会社に直接お問い合わせください。また、最新・詳細な情報は直接電力会社のサイトでご確認ください。
  • マンションで一括受電の方はご利用頂けません。
  • 電力小売全面自由化の詳細については、経済産業省等の各官庁より公表されています指針やQ&Aについてもご確認ください。
    消費者の皆様へ~電力・ガス小売全面自由化について~
    電力の小売営業に関する指針