電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

WEBサービスの利用でよりお得に!中国電力の電気プランって?

電気を使う時間帯や使用量に合わせて最適な電気プランを選ぶためには、電力会社の料金プランを知っておくことが大切です。では、中国電力にはどのような料金プランがあるのでしょうか。中国電力の電気プランは、WEBサービスを利用するとよりお得になるのが特徴です。この記事では、中国電力の電気プランやWEBサービスを取り上げ、プランを変更する際の注意点について説明します。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

便利になった中国電力の新しい電気プラン

中国電力の基本の電気プランでは、WEBサービスを利用することでお得になります。中国電力が提供するWEBサービス「ぐっと ずっと。クラブ」に入会すると、よりお得に利用できるプランを選べるのです。このサービスを利用すると、LINEで電気料金や使用量を確認できるようになるのでとても便利です。「ぐっと ずっと。クラブ」に入会すると、電気プランはスマートコース・シンプルコース・ナイトホリデーコース・電化Styleコースの4つから選べます。

スマートコース

スマートコースは、少しでも電気料金を安くしたい家庭向けのプランです。電力小売全面自由化以降の新しい料金プランで従来の従量電灯Aと同等です。従量電灯Aと比較し最低料金が110円安く設定されています。15kWh以上使用した場合の電力量料金は従量電灯Aと変わりませんが、時間帯を気にせず電気を使いたい家庭向けで、従量電灯Aより安くなるため、スマートコースに切り替えを検討してみるとよいでしょう。

料金区分 単価 料金単価(消費税10%)
従量電灯A スマートコース
最低料金15kWhまで 1契約 337.37円 227.37円
電力量料金 15kWh超過120kWhまで 1kWh 20.79円
120kWh超過300kWhまで 1kWh 27.47円
300kWh超過 1kWh 29.59円

シンプルコース

シンプルコースは、電気をたくさん使用する家庭向けです。電気料金の単価は一律で、シンプルでわかりやすくなっています。最低月額料金は1契約1,650円と設定されていますが、電力量料金は25.78円/1kWhで一律です。シンプルに分かりやすい料金設定で、家族の人数が多い家庭や、電気を多く使う家庭向けのプランとなっています。

ナイトホリデーコース

ナイトホリデーコースは、夜間や休日の電気料金が割安になるプランです。電気を使用する時間を工夫すると電気を安く利用することができます。また、平日の昼間は外出していることが多く夜間に多く電気を使う家庭に向いています。デイタイム(夏季)・デイタイム(その他季)・ナイトタイム・ホリデータイムの4つの時間帯区分があり、異なる電気料金が設定されています。休日(ホリデータイム)は平日のナイトタイムと同額の電力量料金単価となっており、安く設定されています。電力料金単価に合わせた使った分だけの電気代の請求ですが、電気代が最低月額料金(1,650円)を下回れば最低月額料金が適用となります。

電化Styleコース

電化Styleコースは、オール電化住宅に向いているコースです。ナイトホリデーコースと同じ4つの時間帯区分があり、電気を使用する時間を工夫すると電気料金を節約できます。夜間・休日のナイトタイムとホリデータイムの電気料金が、割安の設定となっています。電化Styleコースはナイトホリデーコースよりどの時間帯においても電力量料金が安い設定です。しかし、基本料金の設定があるプランとなっています。

契約電力 基本料金
10kWまで 1,650円
10kW超過 407円×超過部分の契約電力

従来の中国電力の電気プラン

中国電力の一般家庭向け標準電気プランは従量電灯AとBです。この従量電灯Aは電力自由化前のほとんどの家庭で契約されていたプランになるでしょう。従量電灯A・Bは電力自由化後も継続して新規申し込みは可能なプランです。その他、エコノミーナイト・電灯ピークシフトプラン・ファミリータイム(プラン1・プラン2)があります。

エコノミーナイトは、夜間(午後11時~午前8時)の電気料金が割安になるプランです。日中は家を空けていることが多い、夜型の生活であるなど、日中にあまり電気を使わない家庭に向いています。

電灯ピークシフトプランは、時期や時間によって電気料金が変化するプランです。毎年7~9月の午後13~16時がピーク時間で、割高の電気料金となります。

ファミリータイム(プランⅠ・プランⅡ)は、オール電化住宅向けのプランです。デイタイム、ナイトタイム、ホリデータイムという3つの時間帯ごとに異なる電気料金が設定されています。プラン1とプラン2では基本使用料と電力料金が異なっていて、電気使用量が多い家庭はプラン1、少ない家庭はプラン2が向いています。

現在では、エコノミーナイト・電灯ピークシフトプラン。ファミリータイム(プランⅠ・プランⅡ)の電気プランに新しく加入することはできません。以前から契約している場合に限り、継続して利用が可能となっています。契約を廃止した理由が転居であっても例外とはならず、従来の電気プランを引き続き利用することはできないので注意しましょう。自由化以降の新しいプランと比較し切り替えた方がお得に利用できるようであれば新しいプランへの変更を検討してみるとよいでしょう。また、中国エリアでは電力自由化以降に中国電力以外でも多くの電力会社が特徴のある電気プランを出しています。新電力会社にどのような電気プランがあるかをチェックしてみるのも良いかもしれません。一括比較サイトなどを利用すると今の電気の使い方でどれだけ電気料金が安くなるか比較できるので利用してみるものお勧めです。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

中国電力のWEBサービスに加入する魅力って?

中国電力のWEBサービス「ぐっと ずっと。クラブ」に加入すると、毎月の電気料金に応じて、エネルギアポイントというポイントを貯めることができます。ポイントは毎月の電気料金の支払いに応じて貯められるだけでなく、ゲームやクイズに参加する事でポイント貯められたりとさまざまなポイントを貯める方法が用意されています。貯めたポイントは、商品やサービスへ交換できます。中国地方を基盤とする企業との提携でポイントが上乗せになったり、抽選に参加できたりする特典もあるので、楽しみながらポイントを貯めることができるでしょう。

「ぐっと ずっと。クラブ」の会員は、インターネットで過去の電気料金や電気使用量なども確認できます。料金メニューの変更や支払方法の変更などの各種手続きなども、WEB上から24時間いつでも手続きができます。電気の使用開始や廃止の手続きや、料金メニューの試算なども可能です。

従来の中国電力の電気プランから変更する場合の注意点

従来の中国電力の電気プランから変更する場合は、いくつか注意したいことがあります。従来の電気プランの契約がライフスタイルにマッチしており、割安に電気を利用できている場合があります。そのような時には、スマートコースやシンプルコースなどに契約変更すると、電気料金が割高になる可能性もあるので気をつけましょう。また、いったんプランを変更すると、従来の電気プランに戻すことはできません。電気をよく使う時間帯や使用量から、どのプランが最適かよく考えてから手続きをするようにしましょう。従来の電気プランを継続する場合でも、「ぐっと ずっと。クラブ」の利用は可能となっています。

この記事のまとめ

電力小売完全自由化前の中国エリアの一般家庭では中国電力の従量電灯Aに契約している事がほとんどでした。電力小売完全自由化後には中国電力でも新しいプランで顧客獲得を行っています。現在利用しているプランが最適かどうか一度確認してみるとよいでしょう。

  • スマートコースの最低料金は従量等Aより110円安い
  • シンプルコースの電力量料金は25.78円/1kWhと一律の設定である
  • 従来の電気プランには一度解約すると再申込が出来ないプランもある

中国電力では、WEBサービス「ぐっと ずっと。クラブ」に加入することで、お得な電気プランを利用できます。ただし、プランを変更するときには、今のプランとどちらがよりお得なのかをきちんと見極めることが大切です。一括比較サイトのインズウェブを利用すれば、複数の電気プランを一括で比較して、電気料金が最も安くなるのはどれかを知ることができます。電気プランをしっかり比較して、電気料金がお得になるプランを賢く選びましょう。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /