電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス

メニュー

エアコンの寿命は10年!?買い替えのサインはこれだ!

エアコンの寿命は10年

家庭用のエアコンの寿命は10年程と考えておきましょう。設計上の標準試用期間も10年としてある製品が多いです。

10年の根拠としては、内部の部品の耐久性から概算された寿命やアフターフォローのための部品在庫の保管期間などがあげられます。

エアコンの買い替えのサイン

エアコンの寿命が近づくと、様々なサインを出します。こんなサインが現れたら買い替えを検討しましょう。

1.エアコンをつけると異音がする

エアコンをつけていて室外機から「ガラガラ」と音がし始めたら買い替えのサインです。この異音は、室外機のコンプレッサー(冷媒ガスに圧力をかけて気化させるための装置)が故障しかけのときに発生します。

2.冷暖房の効きが悪くなった

冷暖房の効きが悪くなったら、まずはエアコンを洗浄してみてください。汚れが原因であれば、これで冷暖房の効きが改善します。

しかし、エアコンを洗浄しても冷暖房の効きが変わらない場合は、冷媒ガスのガス漏れ、ガス切れが考えられます。

単なるがガス切れであれば、冷媒ガスの補充で寿命を延ばすことができますが、ガス切れを起こすほど長期間使っている場合は、他の部品の寿命が近いことも多いです。

お金をかけて冷媒ガスを補充しても他の部分が故障して、結局買換えということになりかねません。

また、短期間に急激にガスが切れたというような状況は、ガス漏れが考えられますが、これも素直に買い替えをした方が無難です。

なぜなら、ガス漏れ箇所を調査して修理するのにかかる費用で新しいエアコンを変えてしまうことが多いからです。

3.室内機から水が垂れる

エアコンの室内機から水が垂れる場合は、汚れが原因であることが多いのでまずはエアコンを洗浄することをおすすめします。

エアコンを掃除してもこの症状が治らない場合は、故障の可能性があります。水漏れによって内部の部品がショートしてしまうと修理もできないので早めに対応が必要です。

4.風が臭い

エアコンのにおいの元は内部の汚れやカビです。エアコン内部のカビを取り除くには業者によるクリーニングが必要です。

ただ、エアコンを購入してから長期間たっている場合は、クリーニングをするよりもエアコンを買い替えてしまった方がよいかもしれません。

5.エアコンの操作がきかない

電源が入らない、風向きの調整ができない、冷房をつけたのに暖房など操作と違う動きがするなど、エアコンの操作がきかなくなった場合は、エアコンの寿命と思った方がよいでしょう。買い替えを検討してください。

エアコンを買い替える時のポイント

エアコンを買い替える時は、「部屋の広さにあったものか」と「省エネ性能に優れているか」に気を付けてエアコンを選ぶようにしてください。

安いからと言って、実際の部屋の広さより狭い部屋用のエアコンを買うと、エアコンに負荷がかかり、故障が早まります。また、エアコンは部屋を設定温度にするまでの間が一番電力を消費します。実際の部屋の広さより狭い部屋用のエアコンを購入すると、室温を設定温度にまで冷房あるいは暖房するのに時間がかかり、電気代が多くかかるようになってしまいます。

もう一点、省エネ性能に優れたエアコンは環境に優しいだけでなく、電気代にも優しいです。寿命が10年だと考えると、その間の電気代の差で多少の本体価格の差はカバーできます。

一括比較スタート