電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

エアコンの除湿にかかる電気代は?節約のポイントを紹介!

部屋の温度を快適に保ってくれるエアコン。いろいろと機能があって便利ですが、使い過ぎると電気代も気になるところですよね。

特に除湿機能は「冷房よりも電気代が高くなる」などといわれることがあり、使うのをためらってしまう人もいるかもしれません。エアコンの除湿は、実際どれほど電気代がかかるものなのでしょうか。

知っておくべき冷房と除湿の仕組み

冷房と除湿、どちらも暑いときに使うと部屋の中を快適にしてくれる機能ですが、その仕組みは大きく異なります。冷房は部屋の温度を下げることを目的とした機能であり、室内の熱を外に逃がすことで部屋の温度を下げています。

具体的には、「ヒートポンプ」という技術を使い、熱を含んだ空気を集め、そのうちの熱だけを冷媒(ガス)に乗せて外へ運び出しています。そして熱がなくなり、冷たくなった空気を室内に戻すことで部屋の中の空気を冷たくしているのです。

一方、除湿は部屋の湿度を下げることに特化した機能です。空気中に含まれる水分を外へ逃がし、ジメジメとした空気をカラッと快適にしてくれます。

空気は水分を含むことができますが、実は蓄えることができる量(=飽和水蒸気量)は温度が下がると減少します。温度が下がり空気中にいられなくなった水分は水となりますが、エアコンの除湿機能はこの特性を利用しています。

水分を多く含んだ空気を吸い込み、エアコン内部にある熱交換器によって空気の熱を下げ、飽和水蒸気量を下げているのです。空気中に存在できなくなった水分は水滴として熱交換器に付着し、ホースによって室外へと排出されます。

これが除湿の基本的な仕組みですが、実は除湿には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類があります。両者の大きな違いは、前者は除湿同時に冷房も行うのに対し、部屋の温度はキープしたままで除湿を行うという点です。

一番電気代が高くなるのは再熱除湿

冷房、弱冷房除湿、そして再熱除湿。この3つのうち、最も電気代が高くなってしまうのは再熱除湿機能です。ほかの2つに比べると少し入り組んだシステムになっているため、その分だけコストがかかってしまうのです。

一方、弱冷房除湿の場合は冷房よりも電気代を安く抑えられることが多いです。とにかく電気代を抑えたいと考える人は、弱冷房除湿を積極的に活用することで節約が目指せます。

このように除湿方法によって電気代は大きく変わりますので、自身の家庭にあるエアコンがどの除湿方法を搭載しているのかは把握しておくべきと言えます。リモコンを調べたり、取扱説明書を読んだりして確認しましょう。

メーカーによっては「冷房乾燥」「衣類乾燥」などと名付けられている場合もあり、どのモードが弱冷房除湿でどのモードが再熱除湿を指しているのかわかりにくいこともあります。説明書を読んでもよくわからない場合はメーカーに問い合わせるのが最も確実な確認方法です。

再熱除湿機能で電気代が高くなるのはなぜ?

弱冷房除湿は冷房と同時に除湿も行う機能です。この場合、エアコン内部に取り込まれ、飽和水蒸気量を減少させるために温度が下げられた空気がそのまま室内へと戻っていきます。

それに対し再熱除湿は、一度冷却して湿度を取り除いた空気を再び温めて適切な温度にしてから室内へ戻しています。温め直す手間がある分だけ電気代が多くかかってしまうのです。

古い機種、あるいはグレードの低い機種の場合は弱冷房除湿のみを搭載していることも少なくありません。グレードの高いエアコンなら両者を搭載しており、使い分けできるようになっていることもあります。

気温や温度に合わせて機能を使い分ける

「電気代がかかるなら、再熱除湿は必要ないのでは」と考える人もいるかもしれません。しかしこの2つはそれぞれ特長があり、シーンに応じて使い分けることより快適に過ごせるのです。

たとえば、まだ夏前の梅雨時期、暑くはないものの湿度が高いといったときには再熱除湿が活躍します。温度は変えずに空気だけをカラリと変えてくれるので、冷え症の人でも使いやすいでしょう。

一方、暑い夏の時期、ゲリラ豪雨後などで室内の温度も湿度も高くなっているときには弱冷房除湿がぴったりです。エアコンを使う際には、それぞれをうまく使い分けて使用することで節約が目指せます。

エアコンの使用状況に合わせた節約を!

エアコンの機能を最大限引き出すことで節約につながることもあります。たとえば、室外機が外に設置されている場合、直射日光に当たっていると電気代がかさんでしまいがちです。室外機を日の当たる場所に置いている場合にはカバーをしましょう。

また、フィルターにホコリが溜まってしまうと、空気を取り込むときに邪魔になってしまいます。こまめに掃除するようにして、常にエアコンが100%のパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。

電気代のことを考えれば、なるべくエアコンは使いたくないもの。しかし、最高気温が30度、35度を超えるような日にそのまま過ごしていれば熱中症の危険性が高まります。そのため、エアコンを使わずに夏を過ごすのは現実的ではないでしょう。シーンに合わせて適切なモードに切り替え、節約を目指しましょう。

また、電気代の節約は電力会社を変更することも効果的です。電力自由化以後、様々な電力会社が参入していますので、そこから自分の使用状況にあった電力会社を選べば手軽に電気代を節約できます。

しかし、数多くの電力会社の中から一つを選ぶのは大変です。そこで、当サイトでは電力会社比較サービスを提供しています。1か月分の検針票があれば、簡単に自分に合った電力会社を知ることができ、一部の電力会社へはそのまま申し込むこともできます。ぜひご利用ください。

一括比較スタート
電気代は3分比較で安くなる!