電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

電力自由化とは?どう変わったの?

電力自由化とは?

一般には2016年4月から始まった電力の小売販売自由化を指して電力自由化といいます。

これまでは東京電力や関西電力などの地域の電力会社だけが販売していましたが、2016年4月以降は電気の契約先を参入企業の中から自由に選べるようになりました。

自由に選べると何がいい?

電力会社を自由に選べると何か利点はあるのでしょうか。

電力自由化によって多彩な事業者が電力の小売りに参入することによって自分に合った料金プランを選ぶことができるようになりました。

例えばこんな企業が参入しています。

業種 会社の例
PPS ミツウロコでんき、イーレックス
都市ガス 東京ガス、大阪ガス
ガソリン ENEOSでんき、昭和シェル石油
通信会社 auでんき、@niftyでんき

業種からだけでなく、再生エネルギーの割合が高い、時間帯別の料金設定がある会社からなど趣味嗜好や生活スタイルに合わせたプランを選択できます。

選べる料金プランが数多くあるのはうれしいですが、たくさんある中から選ぶのは大変ですよね。そこでインズウェブの電気代比較サービスの出番です。たくさんある料金プランの中から電気代が安くなる料金プランを簡単に探すことができます。

一括比較スタート

電力会社を切り替えると電気代はどれくらい安くなるの?

電力自由化で新規参入した電力会社に切り替えることで、電気代はどれくらい安くなるのでしょうか。総販売額を総販売電力量で除した平均単価で見ると、電力自由化以前からの規制料金の平均単価が21.6円なのに対して、新電力の自由料金の平均単価は20.5円と約5%安くなります。(※1)

月の電気使用量が多いご家庭は特に安くなります。自動車保険の比較サイト「保険の窓口インズウェブ」利用者に対して行ったアンケートでは、電気使用量が多いと想定される持ち家で戸建ての人は電力会社を切り替えたことで年間の電気代が10,108円安くなったという結果が出ています。(※2)

5%というと大したことがないように思うかもしれませんが、一度電力会社を切り替えたらあとは何もしなくてもその節約効果は続きます。電力会社の切り替え申し込みは数分で終わり、違約金の設定がない電力会社も多数ありますので、まずは気楽に電力会社を切り替えてみてはいかがでしょうか。

電力会社を切り替えると停電したりしないの?会社が倒産したら?

電力会社を切り替えても、その電力会社から供給を受けている家庭だけ停電するということはありません。

停電するとしたら、契約している電力会社に関係なくその地域が一斉に停電するときだけです。

これは、発電する電力量が足りない時は東京電力などの地域の電力会社が供給するよう法律で定められているからです。

倒産したときも地域の電力会社からの供給に切り替わるので、特別に停電の心配をする必要はありません。

マンションや賃貸でも変更できるの?

建物全体で一括受電している場合を除いて、マンションや賃貸でも契約する電力会社を変更することは可能です。

電力会社を切り替えるには電力メーターをスマートメーターに変更する必要がありますが、電力メーターは電力会社の持ち物なので、マンションや賃貸アパートの管理人や大家さんに気を使う必要はありません。

また、同様の理由で退去後の原状復帰も必要ありません。

どうやったら切り替えることができるの?

でんきの比較インズウェブを使えば、以下の手順で簡単に電力会社を切り替えることができます。

1.今の契約と電気の使い方を入力

統計情報から1ヵ月分だけの情報でも年間の電気代を試算出来ます。
お手元に検針票(もしくはWeb検針票)をご用意下さい。

2.電力会社のプランを比べて選ぶ

インズウェブでは電気代がどれだけ安くなるかを重視!
インズウェブ限定割引や、セット割といった各種割引も含めて一括比較!

※インズウェブ限定特典とは
インズウェブ限定特典
インズウェブから申し込む際にだけ貰える限定特典です。
公式サイトで申し込むよりお得です!

3.お申込み

電力会社とプランを選んだらそのまま申込み!インズウェブの提携会社ならそのまますぐに完了!その後電力会社から連絡が入りますのでお待ち下さい。

4.電力会社切り替え

実際の切り替えまでは1ヵ月程度かかる場合がございます。
スマートメーターが設置されていない場合には、電気事業者より連絡が入る場合がございます。
※スマートメーターの設置は無料です。

一括比較スタート