電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

こたつの電気代はいくら?

こたつにみかんという光景は日本人ならどこかホッとするのではないでしょうか。しかし、こたつのなかで寝てしまったり、うっかりつけっぱなしにしてしまったりすることもあるものです。そんなとき、電気代はいくらぐらいかかるのだろうと心配になりませんか。そこで、こたつの電気代や他の暖房機器との比較、節約方法などを紹介します。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

こたつの電気代は1時間当たり3~5円

平均的なこたつの消費電力は600W程度です。電気料金は電力会社や料金プラン・時間帯などによって違ってきますが、平均すると1kWh当たり27円程度となっています。

「電気代=○○W÷1000×1日の使用時間(h)×1kWh当たりの電力量料金」なので、こたつの場合「電気代=600÷1000×1×27」で16.2円となります。

ただし、この消費電力はスイッチを入れてから暖まるまでの消費電力であり、一度暖まった後の強運転では200W、弱運転では100W程度です。同じように電気代を計算すると、「強運転の電気代=200÷1000×1×27」で5.4円、「弱運転の電気代=100÷1000×1×27」で2.7円となります。そのため、通常運転では大体3~5円程度と考えておけばよいでしょう。

他の暖房機器との電気代比較

こたつの電気代は、他の暖房機器と比べて安いのでしょうか。他の暖房器具にかかる電気代と比較してみましょう。

エアコンの暖房にかかる電気代は1時間当たり15.5円です。これは省エネ性能カタログ2017年冬版記載の冷房能力2.5kWのエアコンにおける、定格運転時の暖房時消費電力の平均値575Wで計算しています。カーボンヒーターの強運転の電気代は1時間当たり24.3円、弱運転で12.15円です。これは強の消費電力を900W、弱を450Wで計算した電気代です。2畳用のホットカーペットの場合、消費電力が480W程度なので、1時間当たりの電気代は12.96円となります。

このように比較してみると、こたつの電気代がとても安いと感じるのではないでしょうか。

こたつはどんな暖房機器?特徴を紹介

電気代が安いという他にも、こたつにはいくつか特徴があります。まず、布団で覆われた狭い密閉空間を暖めるので、スイッチを入れてから暖まるまでが早いことです。一人暮らしなどでは、自宅に帰ってきたときに部屋が冷えているため、エアコンで暖めるまでが寒いという人もいるでしょう。こたつならすぐに暖まれるので、寒い季節には助かるものです。また、こたつのなかは布団で閉しているので暖かさも持続します。

一方、デメリットは部屋全体を暖められないことです。こたつの外は寒いので、たとえば、リビングとキッチンが一部屋にある場合、キッチンで料理を作る際に寒さを感じることもあるでしょう。そのため、こたつとエアコンを併用している人も多いです。ただ、その場合もメリットとして、こたつがあるため、エアコンの温度を低めに設定して電気代を節約できることや、空気が乾燥しにくいなどがあります。

もう1つのデメリットは、場所を取ることです。部屋の中央を占領してしまうので、こたつを使わないときは邪魔になってしまいます。また、一人暮らしなど部屋のスペースが限られている場合、設置するのが難しい場合もあります。たとえば、6畳一間となると、ベッドを取るか、こたつを取るか悩む人もいるでしょう。また、床を掘り込んだ底にヒーターを取り付ける「ほりごたつ」もあります。しかし、これはエアコンや他の暖房機器と異なり、手軽に設置できません。

さらに節約!こたつで電気代を節約する方法

もともと安いこたつの電気代を、さらに節約する方法があります。こたつの下に敷布団を敷くというのがその1つです。こたつの熱は床を通じて放熱します。特に、フローリングの場合は放熱しやすいです。そのため、「こたつがなかなか暖まらない」「床から冷気が寒い」といった状況になりやすいですが、敷布団を敷けば床への放熱を防ぎ、床からの断熱効果も期待できます。一般的に、こたつにはサーモスタット機能がついており、一定の温度以上ではスイッチが切れるようになっています。頻繁にスイッチが切れれば、それだけ電気代を節約できるのです。

さらに、断熱シートを敷くと効果的です。床への放熱を防ぎ、床からの断熱効果がさらに上がるので電気代を節約できます。他にも、こたつの布団に上布団をかける方法もあります。厚みが増して熱がこたつのなかに留まりやすくなりますし、こたつ布団もめくれにくくなるため、隙間から暖気が逃げることも少なくなります。

電気代が安いこたつを活用しよう!

エアコンや他の暖房機器と比較すると、こたつの電気代は安いといえます。また、こたつはスイッチを入れればすぐに暖を取れるのもメリットです。ただし、部屋全体を暖めることはできないため、他の暖房機器と併用している人もたくさんいます。その場合でも、こたつを暖房のメインにすることで、エアコンなどの温度を低く設定できるメリットがあります。そのため、こたつ以外の暖房機器の電気代も抑えられるでしょう。

また、もともと電気代の安いこたつは、敷布団や断熱シートを利用するなど、少しの工夫で電気代をさらに抑えることができます。電気代が安いこたつを活用して、寒い冬を乗り切りましょう。

この記事のまとめ

こたつの電気代は1時間あたり3~5円と他の暖房器具と比べて電気代が安いです。もともと安いこたつの電気代ですが、以下の3点に気をつければさらに電気代を節約できます。

  • こたつの下に敷布団を敷く
  • さらに断熱シートも敷く
  • こたつの布団に上布団をかける

また、電力会社を見直すことでも電気代を節約できます。電力会社の比較は比較サイトを利用すると便利です。当サイトでも電力会社の比較サービスを提供しているのでぜひご利用ください。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /