電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

電気・ガス代を節約したいなら!CDエナジーダイレクトの料金プランをチェックしてみよう

首都圏に住んでいる人のなかには、「CDエナジーダイレクト」のインパクトがあるテレビCMを見て「どんな会社なのだろう」と気になった人もいるのではないでしょうか。CDエナジーダイレクトは、総合エネルギー会社です。契約するプラン内容によっては、電気・ガス料金を大きく節約できる可能性があります。そこで、今回はCDエナジーダイレクトの特徴やプラン内容について解説していきます。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

CDエナジーダイレクトの特徴

CDエナジーダイレクトとは、2018年4月に創業した首都圏で展開している電気やガス、エネルギーサービスの販売を行っている会社です。2016年4月に電気、2017年4月に都市ガスが全面自由化されたことにより、エネルギー会社間の競争が激しくなりました。CDエナジーダイレクトは、中部電力と大阪ガスの共同出資で設立され、電気とガスの小売販売を行っています。中部電力については、販売電力量が業界第2位という実績のある会社です。大阪ガスは業界第2位の都市ガス供給量を誇っており、安全な機器やサービスを提供し続けているのが特徴です。

中部電力は中部エリアを中心に電気を販売、大阪ガスは大阪エリアを中心にガスの販売を行っているノウハウを生かしてCDエナジーダイレクトを創業し首都圏で電気とガスの販売をスタートさせています。CDエナジーダイレクトの新しいビジネスモデルを把握して、CDエナジーダイレクトの電気プランが自分の家庭にマッチしないかチェックしてみましょう。

どんなプランがある?電気料金のプランとは

CDエナジーダイレクトの電気プランには、さまざまな種類があります。まず、「ベーシックでんき」は、基本プランであり一般的な家庭に向けた料金プランです。「1日を通して、それほど電気は使っていない」という実感がある場合には、ベーシックでんきの契約で良いでしょう。次に、「ファミリーでんき」は、電気をたくさん使う家族向けのプランです。ひと月あたり400kWh以上の電気を使っているのであれば、CDエナジーダイレクトのプランのなかではファミリーでんきが最もお得なプランとなっています。

続いて、「シングルでんき」は電気の使用量が少ない人に適したプランです。一人暮らしをしていると、使う電気の量も少なくて済む場合が多くあります。シングルでんきのプランを選ぶと、東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bと同額の基本料金であるにもかかわらず、使用量に関係なく1年の電気料金から1,200円の割引が受けられます。また、オール電化住宅に住んでいる場合は、「スマートでんき」のプランを検討してみましょう。「日中にはほとんど電気を使わないけれど、夜間になると使用量が増える」という人には、特におすすめのプランです。

CDエナジーダイレクトの電気プラン

スタンダードメニュー

  • ベーシックでんき

東京電力エナジーパートナーの従量電灯B・Cに相当するプランで一般的なご家庭向けの基本プランになります。24時間同一料金で、使用量が増えれば増えるほど単価が上がる標準的なプランになります。

  • ファミリーでんき

電気をたくさん使うご家庭向けのお得なプランになっています。300kWhまでの電力量料金が定額のプランで400kWh以上/月ご使用のご家庭におすすめのプランになっています。

  • シングルでんき

申し込みは30A以上からになりますが、電気使用量の少ない、単身者向けのプランです。東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bに相当するプランで基本料金及び電力量料金は同じ価格に設定されています。ただし、月々の電気料金から定額(100円)の割引があるお得なプランになっており、150kWh/月以下で電気を使っている人にはお勧めのプランです。

  • スマートでんき

スマートでんきは、オール電化住宅に住んでいる人向けのプランです。夜間の電力量料金が安く設定されているので夜に電気を多く使う生活を送っている人もお得になる可能性があります。基本料金は東京電力エナジーパートナーの従量電灯B・Cと同じ価格に設定されているプランです。

ライフスタイルメニュー

  • ゲームでんき

ゲームでんきとは、Play Stationユーザー向けのプランです。Play Station NowとPlay Station Plusの12カ月利用権が付いてくるプランです。既に会員の人も申込が可能で、電気の契約で電気とPlay Station Now/Plusの利用料がお得に使えるプランです。Play Station NowとPlay Station Plusの利用権が付いてくるゲームでんき(P・N)とPlay Station Nowの利用権が付いてくるゲームでんき(N)のプランがあるので注意しましょう。

  • ポイントでんき

ポイントでんきは、月々の電気の支払でポイントが貯められるプランです。電気代の支払金額に応じてポイントの還元率も大きくなります。貯められるポイントはdポイントと楽天ポイントです。電気料金は東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bと同じです。電気の支払で貯めたいポイントで申し込みが分かれています。

  • エンタメでんき

エンタメでんきとは、電気の契約でAmazonプライムがついてくるプランです。既にAmazonプライム会員の人も申込が可能で電気の契約で電気代もお得になりAmazonプライムの年会費(4,900円)もCDエナジーダイレクトが負担してくれるプランになっています。東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bと比較し、342kWh/月以上使用する人がお得に利用できる料金設定になっているので注意しましょう。

  • よしもとでんき

よしもとでんきとは、電気の契約で大阪チャンネルが見れるというプランです。大阪チャンネルとは、NTTぷららと吉本興業が共同で行っている月額定額制の動画配信サービスです。既にご契約の人も申込が可能で電気の契約で大阪チャンネルも見れるようになるというお得なプランです。東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bと比較し、342kWh/月以上使用する人がお得に利用できる料金設定になっているので注意しましょう。

  • KODOMO新聞でんき

KODOMO新聞でんきは、電気の契約で小学生から読める「読売KODOMO新聞」がついてくるプランです。KODOMO新聞でんきに契約中は、毎週、読売KODOMO新聞が自宅に届くのでお子様のいる家庭に魅力的なプランです。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

どんなプランがある?ガス料金のプランとは

CDエナジーダイレクトのガスプランをみてみましょう。ガスプランには一般的な家庭向けの「ベーシックガス」、ガス温水床暖房を利用している人向けの「ゆかぼかガス」、エネファームを利用している人向けの「はつでんガス」と3つのプランが用意されています。家庭でガス温水床暖房やエネファームを利用している家庭でなければ「ベーシックガス」プランを選択しましょう。「ベーシックガス」プランは、東京ガスの一般料金や湯ったりエコぷらんに相当するプランです。

ガスの契約をCDエナジーダイレクトに切り替えたととしても「あんしん」してガスが利用できるようにさまざまな取り組みを行っています。都市ガスの定期点検やガス機器のガス種適応性確認を行うなどのガス消費機器調査時の取り組み、ガスの安全使用について知らせる周知などを行いガス利用の保安活動に努めています。その他にも、住宅用火災警報器のリース販売やサポートなども行っています。CDエナジーダイレクトは、2018年に設立された首都圏を中心に電気とガスの販売を行う新しい会社ですが、50%は大阪ガスが出資して設立された会社です。大阪ガスの関西エリアで500万件以上(2020年3月時点)の供給実績を考えると経験豊富で、CDエナジーダイレクトのガスに関する生活サポートも充実していると言えるでしょう。

お得!電気とガスのセットについて

CDエナジーダイレクトでは電気とガスをまとめて申込すると、料金がさらにお得になります。ここでは、電気が40Aで1カ月の使用量が400kWh、ガスは40㎥を利用する家族を比較してみましょう。比較する会社は、関東エリアの電力会社で代表的な東京電力エナジーパートナーとガス会社で大手の東京ガス、CDエナジーダイレクトです。

まず、東京電力エナジーパートナーの「スタンダードS+とくとくガスプラン」です。スタンダードSの基本料金は10Aにつき286.00円なので40Aで1,144.00円です。電力量料金は1kWhあたり120kWhまでが19.88円、121kWh~300kWhまでが26.46円、301kWh以上の場合は30.57円となっています。ガスは20㎥~80㎥までの基本料金が1,024.32円、従量料金は126.54円/1㎥です。電気とガスをセットにすると、電気代年間約1,200円引きでガス代は1年間5%の割引となります。

次に、東京ガスの「ずっとも電気1+ずっともガス」を見てみましょう。ずっとも電気1の基本料金は40Aなら1,144.00円で東京電力エナジーパートナーと変わりません。電力量料金は1kWhあたり140kWhまでが23.67円、141kWh~350kWhまでが23.88円、351kWh以上の場合は26.41円となっています。ガスは、電気とのセット割があるずっともガスを選択します。基本料金は、10㎥~80㎥まで1,056.00円、従量料金は130.46円/1㎥となります。電気とガスをセットにすると電気代の基本料金が年間で3,300円引きになります。

さらに、CDエナジーダイレクトの「ベーシックでんき+ベーシックガス」のセットについてです。電気は40Aなら基本料金が1,070.64円、電気量料金は1kWあたり120kWhまでが19.78円、121kWh~300kWhまでが25.47円、301kWh以上の場合は26.38円です。電気代は、ガスとセット割にすると、基本料金・電力量料金の0.5%の割引がされます。ガスについては、ベーシックガスを選択したとすると基本料金は、20㎥~80㎥まで1,022.38円、従量料金は126.42円/1㎥となります。ガス料金も電気とセットにしたことによってガス料金が0.5%割引になります。

電気とガスのセット料金比較(電気:40A400kWh/月、ガス:40㎥/月 使用の場合)

東京電力エナジーパートナー:スタンダードS+とくとくガスプラン

電気代 基本料金:40A 1,144.00円
電力量料金 10,205.40円
ガスセット割 -102円
ガス代 基本料金:20~80㎥まで 1,024.32円
従量料金 5,061.60円
スタート割(5%) -305円
電気 + ガス代 / 月 17,027円
電気 + ガス代 / 年 204,324円

東京ガス:ずっとも電気1+ずっともガス

電気代 基本料金:40A 1,144.00円
電力量料金 9649.10円
割引 -275円
ガス代 基本料金:10~80㎥まで 1,056.00円
従量料金 5,218.40円
電気 + ガス代 / 月 16,792円
電気 + ガス代 / 年 201,504円

CDエナジーダイレクト:ベーシックでんき+ベーシックガス

電気代 基本料金:40A 1,070.64円
電力量料金 9,596.20円
割引 -53円
ガス代 基本料金 1,022.38円
従量料金 5,056.80円
割引 -30円
電気 + ガス代 / 月 16,662円
電気 + ガス代 / 年 199,944円

※計算を簡易にするために年間で使用量に変動はないとしています。
※電気代の燃料費調整額及び再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。
※ガス代の原料費調整額は含まれていません。
※電気料金、ガス料金の合計額は円未満切り捨てで請求となります。

上記モデルケースでは、CDエナジーダイレクトの電気とガスのセットがお得に利用できるようです。しかし、電気やガスの使い方、家族構成によって最適なプランは変わります。電力会社やガス会社の切り替えや電気とガスのセットで申し込みを検討している人は自分の家庭に合うプランはどれかという事をシミュレーションしてから申し込みをするようにしましょう。

押さえておこう!CDエナジーダイレクトの契約内容

CDエナジーダイレクトの申し込みはとても簡単です。プランを決めるときには「料金シミュレーション」を利用すると、自分に適したプランが分かるだけでなく、今と比べてどのくらいお得になるのかも把握できます。そして、プランを決めたら、Webまたは電話で申し込みを行いましょう。CDエナジーダイレクトに申し込みをする場合、現在契約中の会社への手続きや切り替え費用は必要ありません。また、支払い方法はクレジットカード支払と口座支払のどちらかから選ぶことができます。申し込みをしてから1カ月程度で、他社からCDエナジーダイレクトへの切り替えが完了します。

この記事のまとめ

CDエナジーダイレクトは、中部電力と大阪ガスが共同で出資し首都圏で展開する総合エネルギー会社です。電気とガスのセットで申し込むと電気代もガス代も割引が受けられるようになっています。CDエナジーダイレクトのHPからシミュレーションを行う事ができます。自分の家庭の電気やガスの使い方でお得になるかシミュレーションで確かめてみるとよいでしょう。

  • CDエナジーダイレクトの電気プランはスタンダードなタイプから趣味に合わせたものから選択することができる
  • CDエナジーダイレクトのガスプランは一般的な料金プランと、ガス温水床暖房利用の人向け、エネファーム利用家庭の3つのプランがある
  • CDエナジーダイレクトで電気とガスの両方に申し込むとガスも電気も割引がある

CDエナジーダイレクトと契約すると、電気代とガス代が今よりも安くなる可能性があります。特に、現時点で電気代・ガス代の費用がかかりすぎているという実感があるのであれば、セット割についても検討してみることがポイントです。プランごとの特徴の違いや割引内容などを正しく理解したうえで、自分にとって最もお得な会社を選んでみましょう。
また、電力会社やガス会社の切り替えは自分のエリアで販売を展開する各会社それぞれシミュレーション比較を行ってみる事が大切です。シミュレーションを行う事でお得に利用できる会社を発見できる可能性があります。その場合は、一括比較サイトを利用すると便利ですので使ってみるとよいでしょう。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /