電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

お得な電気プランはどっち?大阪ガスと関西電力

2016年4月から電力自由化が始まったことは知っている人も多いでしょう。これまで地域で定められた電力会社しか契約できませんでしたが、電力自由化によって利用者がお得なプランを選択できるようになりました。電力自由化以降、関西電力管内で大阪ガスの電気契約者が非常に多いです。大阪ガスは新しく電力販売を始めた企業の中で、関西エリアNo.1の販売量を誇ります。今回は大阪ガスと関西電力の電気プランを比較します。

大阪ガスの電気プランには4つの特徴があります

『大阪ガス』はガスを販売している会社として非常に有名ですが、電力自由化以降は電気の販売を始めました。関西電力の「従量電灯A」相当の利用者向けに「ベースプランA」「ベースプランA-G」「家庭用ガス発電プラン」の3種類が設けられています。「従量電灯B」相当は「ベースプランB」と「ベースプランB-G」です。エネファームやエコウィルを使用している場合は家庭用ガス発電プランか、ベースプランB-Gが向いています。関西電力で「低圧電力」を契約しているなら、「動力プラン」が最適です。

大阪ガスの電気プランには主に4つの特徴があります。1つ目は電気の使用量が多い家庭に、便利な料金体制であることです。家族が多い、家にいる時間が長いという家庭は大阪ガスに切り替えるとお得になる可能性があります。

2つ目は工事費用無料で、簡単に切り替えができることです。契約を申し込むとスマートメーターが無料で設置され、使用が開始されます。面倒な手続きや工事がなく、費用を抑えることができます。

3つ目はエネルギーのプロだからこそ、安心・安全なサービスを展開していることです。1年間で約30万件の契約を獲得し、地域密着型の丁寧な説明を心掛けています。全国各地に発電所を設けているため、豊富な電源があります。

4つ目は電気とガスのセット販売を行っていることです。これは大阪ガスならではのサービスと言えるでしょう。電気とガスをまとめて大阪ガスで契約すれば、非常にお得な料金で利用できます。請求書も1枚にまとめることができ、料金が分かりやすいです。

大阪ガス「ベースプランA」VS関西電力「従量電灯A」

※2018年4月検針日以降は、「ベースプランA」は大阪ガスのガス契約がない方向けのプランとなりました。大阪ガスでガスも契約する場合はこの部分は読み飛ばしていただいて構いません。

大阪ガスのベースプランAと関西電力の従量電灯Aを比べると、電気代に関しては電気使用量にかかわらず大阪ガスのベースプランAの方が安くなります。関西電力で口座振替割引が適用されている場合でも、差は54円/月縮まりますが、大阪ガスの方が安くなります。

口座振替割引がない前提で比べると、大阪ガスのベースプランAに変えることで、月に260kWh利用する家庭の場合、電気代が月間123円、年間1,476円安くなります。月に500kWhと電気使用量が多めご家庭の場合は、電気代が月に511円、年間で6,132円安くなります。

なお、計算を簡易にするために年間で使用量に変動はないとしています。実際は夏や冬の使用量は多く、春や秋は少なくなります。また、燃料費調整額や再エネ賦課金も考慮に入れていませんが、この点についてはどちらの方が安くなるのかの計算に影響は与えません。

大阪ガスのベースプランAと関西電力の従量電灯Aの電気代を比較した場合、大阪ガスのベースプランAの方が安いことが分かりました。しかし、電気代での比較においては他にもっと電気代が安くなる電力会社がある場合もあります。自分に合った電力会社を探すには、比較サイトなどで電気料金をシミュレーションしてみるのが大切です。

漫画で分かる電気代が安くなる方法

電気とガスをセットにすれば、さらにお得に!

大阪ガスの特徴として挙げた、電気とガスのセットプランなら先程述べた料金よりもお得になります。都市ガスも自由化されたとはいえ、まだまだ大阪ガスを利用している方が多いのではないでしょうか。それでは、先ほどと同様関西電力の従量電灯Aと大阪ガスのベースプランA-Gで比較してみましょう。

※2018年4月検針日以降より大阪ガスの都市ガス「一般料金」でも「ベースプランA-G」が適用されるようになったため、以前(ベースプランAにガスセット割を適用、現在は不可)と内容を書き換えています。

大阪ガスのベースプランA-Gと関西電力の従量電灯Aの電気代を比較すると、どの電気使用量でも大阪ガスのベースプランA-Gの電気代の方が安くなります。関西電力で口座振替割引がない場合は、月に260kWh使用した場合は月間178円、年間で2,136円大阪ガスの方が安くなります。また、月に500kWh使用した場合は、月間643円、年間で7,716円大阪ガスの方が安くなります。ガスの契約が無いベースプランAよりも差が広がっているのが分かるかと思います。

ただし、関電ガスのなっトクプランとのセットプランである関西電力のなっトクでんきと大阪ガスのベースプランA-Gの比較の場合、関西電力のなっトクでんきの方が電気代が安くなります。また、関電ガスのなっトクプランの方が大阪ガスの一般料金よりも安くなるので、床暖房を入れているなどの場合を除くと、電気とガスのセットでは関西電力の方がお得といえるでしょう。

大阪ガスにデメリットは存在するのか?

2018年7月の料金改定で、電気料金のみの比較では関西電力の従量電灯Aより大阪ガスの料金プランの方が安いことが分かりました。しかし、ガスとのセットで考えると関西電力と関電ガスのセットの方が多くの場合で安くなります。電気とガスをセットでまとめたいという場合は、多くの場合で大阪ガスよりも関西電力の方が良いでしょう。

また、大阪ガスの電気には他にデメリットも存在します。それは、他の電力会社の方が電気料金が安くなるケースが多いことです。例えば、電気使用量が極端に少ない場合を除いてHTBエナジーの関西たこやきプラン従量電灯A シングルコース/ファミリーコースの方が電気代が安くなります。他にも、多くの場合で東京電力子会社のあしたでんきの方が大阪ガスより電気代が安くなります。

このように、新規参入した電力会社の中では人気が高い大阪ガスの電気ですが、各会社の料金プランを眺めてみると、もっと節約できるケースが見つかることが多いです。

大阪ガスVS関西電力!勝負の結果は?

大阪ガスと関西電力を比較した結果、電気の使用量が多い家庭は電気代のみを考えると大阪ガスの方がお得であることが分かりました。しかし、ガスとのセットを考えると関西電力に軍配が上がるケースも多いです。さらに、他の会社にも選択肢を広げると、セット割を考えるのではなく、電気とガスでそれぞれで最安の料金プランで契約することで光熱費をもっと節約することができます。

電気料金の比較については当サイトでサービスを提供しています。1か月分の検針票があれば簡単に電力会社を比較することができます。さらに当サービスを通じて提携会社に申し込むとギフト券のプレゼントやキャッシュバックなどのキャンペーンも行っています、ぜひご利用してみてください。

一括比較スタート