電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

お得な電気プランはどっち?大阪ガスと関西電力

2016年4月から電力自由化が始まったことは知っている人も多いでしょう。これまで地域で定められた電力会社しか契約できませんでしたが、電力自由化によって利用者がお得なプランを選択できるようになりました。電力自由化以降、関西電力管内で大阪ガスの電気契約者が非常に多いです。大阪ガスは新しく電力販売を始めた企業の中で、関西エリアNo.1の販売量を誇ります。今回は大阪ガスと関西電力の電気プランを比較します。

大阪ガスの電気プランには4つの特徴があります

『大阪ガス』はガスを販売している会社として非常に有名ですが、電力自由化以降は電気の販売を始めました。関西電力の「従量電灯A」相当の利用者向けに「ベースプランA」「ベースプランA-G」「家庭用ガス発電プラン」の3種類が設けられています。「従量電灯B」相当は「ベースプランB」と「ベースプランB-G」です。エネファームやエコウィルを使用している場合は家庭用ガス発電プランか、ベースプランB-Gが向いています。関西電力で「低圧電力」を契約しているなら、「動力プラン」が最適です。

大阪ガスの電気プランには主に4つの特徴があります。1つ目は電気の使用量が多い家庭に、便利な料金体制であることです。家族が多い、家にいる時間が長いという家庭は大阪ガスに切り替えるとお得になる可能性があります。

2つ目は工事費用無料で、簡単に切り替えができることです。契約を申し込むとスマートメーターが無料で設置され、使用が開始されます。面倒な手続きや工事がなく、費用を抑えることができます。

3つ目はエネルギーのプロだからこそ、安心・安全なサービスを展開していることです。1年間で約30万件の契約を獲得し、地域密着型の丁寧な説明を心掛けています。全国各地に発電所を設けているため、豊富な電源があります。

4つ目は電気とガスのセット販売を行っていることです。これは大阪ガスならではのサービスと言えるでしょう。電気とガスをまとめて大阪ガスで契約すれば、非常にお得な料金で利用できます。請求書も1枚にまとめることができ、料金が分かりやすいです。

大阪ガス「ベースプランA」VS関西電力「従量電灯A」

※2018年4月検針日以降は、「ベースプランA」は大阪ガスのガス契約がない方向けのプランとなりました。ガスも契約する場合はこの部分は読み飛ばしていただいて構いません。

2018年7月の値下げ前の情報に基づいて書いています。値下げ後の内容については現在準備中です。なお、値下げ後は電気代のみで比較すると、どの使用量でも関西電力従量電灯Aよりも大阪ガスの方が安くなります。

仮に現在契約している関西電力の「従量電灯A」から、大阪ガスの「ベースプランA」へ切り替えるとしましょう。口座振替割引を利用し、1ヶ月で500kWhの電気使用量を想定して年間の料金を計算します。一般家庭は300~400kWhが平均使用量なので、多くの電気を使う家庭と考えてください。

また、計算を簡易にするために年間で使用量に変動はないとしています。実際は夏や冬の使用量は多く、春や秋は少なくなります。また、燃料費調整額や再エネ賦課金も考慮に入れていませんが、この点についてはどちらがお得かの計算に影響は与えません。

このまま関西電力で契約し続けると、年間で156,600円かかります。ベースプランAにすれば153,996円になり、1年間で2,604円減額します。さらに、大阪ガスは2%割引になる「長期2年割引」というオプションサービスを付けられる所がポイントです。大阪ガスと2年契約する場合に適用されるサービスで、1年間の料金が150,924円まで下がります。ただし、契約期間の中途で解約すると2,160円(税込)が発生します。

このように家庭の事情によって電気料金は大きく異なります。大阪ガスと関西電力の料金プランを比較して、シミュレーションを行うことが大切です。実際に計算すればどちらがお得か、すぐに分かります。

漫画で分かる電気代が安くなる方法

電気とガスをセットにすれば、さらにお得に!

2018年7月の値下げ前の情報に基づいて書いています。値下げ後の内容については現在準備中です。なお、値下げ後についても電気代のみでの比較では関西電力従量電灯Aよりも大阪ガスベースプランA-Gの方が安くなります。

大阪ガスの特徴として挙げた、電気とガスのセットプランなら先程述べた料金よりもお得になります。口座振替割引や1ヶ月500kWh使用している条件は同じまま、契約プランを「ベースプランA-G」で計算してみましょう。

※2018年4月検針日以降より大阪ガスの都市ガス「一般料金」でも「ベースプランA-G」が適用されるようになったため、以前(ベースプランAにガスセット割を適用、現在は不可)と内容を書き換えています。

関西電力が156,600円のところ、電気とガスをセットにすれば1年間で7,248円低い149,352円です。電気だけを申し込んだ場合よりも4,644円減額します。

また、今回は使用量が多いご家庭をもとにシミュレーションしていますが、ベースプランA-Gは電気使用量にかかわらず関西電力の従量電灯Aよりお得になります。後述しますが、ベースプランAの場合は、使用量が少ないと関西電力の従量電灯Aのままの方がお得になるケースが多いです。

大阪ガスにデメリットは存在するのか?

これまで述べて来たように大阪ガスに切り替えると、非常にメリットが豊富です。しかし、注意点が2つあるので事前に確認してください。1つ目は電気の使用量が少ない家庭は、関西電力の方がお得になるケースもあることです(電気単独での契約「ベースプランA」の場合)。大阪ガスは使用量の多い家庭向けプランを得意としているので、電気の平均使用量300~400kWh以下なら慎重に検討する必要があります。

例えば1人暮らしで外出することが多く、1ヶ月の電気使用量が260kWhであるとしましょう。最もシンプルなベースプランAで計算すると、長期2年割引を使えば年間1,140円お得になります。しかし、オプションサービスを付けないと、312円高くなる点に注意が必要です。オプションサービスの有無が重要となるため、事前によく確認する必要があります。

2つ目の注意点は長期2年割引に関することです。長期2年割引は費用を節約できるオプションサービスですが、携帯のように2年縛りが発生して契約期間中に解約すれば解約金の2,160円が請求されます。長期間の契約が難しい場合は、長期2年割引を付帯させないのが得策です。

ベースプランA-Gについては、関西電力の従量電灯Aと比べた場合、特に大きなデメリットは発生しません。大阪ガスのガスの契約を「もっと割料金」へと変更すれば、セット割引でさらにお得になる可能性があります。ただし、「もっと割料金」はガスの使用量が少ない場合は、「一般料金」よりも料金が高くなってしまいます。

ベースプランA-Gでデメリットを挙げるとしたら、電気使用量が多い場合は他の電力会社の方がお得になることが多いということです。例えば、HTBエナジーの関西たこやきプラン従量電灯Aファミリーコースでは、今まで例に挙げた月に500kWh使用するケースだと、年間131,448円とベースプランA-Gより年間17,904円安くなります。ガスと電気を一つにまとめるより料金が安い方が良いという場合は、他の電力会社も検討してみた方が良いでしょう。

大阪ガスVS関西電力!勝負の結果は?

大阪ガスと関西電力を比較した結果、電気の使用量が多い家庭は大阪ガスの方が圧倒的にお得であることが分かりました。オプションサービスを付ければ、さらに安くなるので是非活用してください。使用量が少ないと関西電力の方が安いケースもあるため、事前にシミュレーションするのが得策です。

一括比較スタート