電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス

メニュー

最新ニュース

大手電力会社、8社が大幅減益-17年3月期

大手電力会社10社(北海道電力、東北電力、東京電力HD、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)のうち、九州電力、沖縄電力を除く8社の2017年3月期連結決算が2桁減益となりました。

原油などの燃料価格の下落に伴う電気料金の値下げが主因で、電力自由化に伴う顧客離れも影響しました。

販売電力量の落ち込みが特に大きかったのが、関西電力と北海道電力の2社でそれぞれ前年比4.7%減と同6.2%減でした。関西電力の販売電力量はこれまで東京電力に次いで2位でしたが、中部電力に抜かれ3位に転落しました。

中部電力は、域内の既存顧客の自社の新プランへの囲い込みが最も進んでいることに加えて、東京電力管内でも積極的に顧客獲得に乗り出し、販売電力量の落ち込みを0.1%に抑えました。

電力自由化による既存顧客の流出について、岩根茂樹関西電力社長は「この傾向が続けば相当なリスクになる」、広瀬直己東京電力ホールディングス社長は「まだまだ一段落したとは言えない」と語っています。

18年3月期の業績予想については、非公表の東京電力と関西電力を除く8社が連結売上高の増収を見込んでいます。これは、燃料価格の上昇による電気料金の引き上げが寄与しています。

電力会社 前期電力販売実績 前年度比 今期電力販売予想 前年度比 前期売上高 前年度比 前期営業利益 前年度比
北海道電力 268 -6.2% 264 -1.4% 7,028 -2.9% 274 -36.3%
東北電力 743 -1.1% 726 -2.3%  19,496  -7.0%  1,304  -31.3%
東京電力HD 2,415 -2.2% 2,349 -2.7% 53,577 -11.7% 2,587 -30.5%
中部電力 1,218 -0.1% 1,193 -2.0% 26,035 -8.8% 1,364 -52.1%
北陸電力 281 2.1% 280 -0.4% 5,,426 -0.4% 105 -72.4%
関西電力 1,215 -4.7% 未発表 未発表 30,113 -7.2% 2,177 -15.2%
中国電力 573 0.9% 562 -1.8% 12,004 -2.5% 345 -31.0%
四国電力 257 -0.2% 251 -2.4% 6,845 4.7% 200 -19.0%
九州電力 786 -0.7% 763 -2.9% 18,275 -0.4% 1,226 2.0%
沖縄電力 78 2.1% 75 -3.7% 1,800 -1.2% 91 26.1%

※単位は、電力販売実績と予想が億キロワット時、売上高と営業利益が億円

一括比較スタート