電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

最新ニュース

北陸電力、高圧やオール電化向けなどの来春の値上げを検討

北陸電力は30日、収支の悪化から高圧やオール電化向けメニューなどの電気料金値上げを検討することを発表しました。北陸電力の2018年3月期連結決算の最終損益が30億円の赤字となる見通しで、実際に赤字となれば2年連続です。

志賀原子力発電所の再稼働の見通しが立たない中、大型石炭火力の修繕費増加などによって、赤字は避けられない状況で、2018年度以降も引き続き設備の高稼働・高経年化による修繕費の増加やLNG火力発電所の運転開始に伴う減価償却費負担などにより、厳しい収支が続くと見込まれています。

値上げの対象となるのは、大規模な工場、店舗、事業所、オール電化の一般家庭といった大口の需要者で、オール電化でない一般家庭や小規模事業者向けの電気料金(従量電灯や低圧電力など)は現行料金を維持する方針です。

値上げ幅についての具体的な金額についてはこれからの検討ですが、経営効率化をさらに進めるなどして値上げ幅は抑制するとしています。

参考
値上げ対象外:特定需要部門(オール電化でない一般家庭、小規模な工場・商店等;低圧のうち定額電灯・従量電灯・臨時電灯・公衆街路灯・低圧電力・臨時電力・農事用電力)

値上げ検討対象:一般需要部門(特定需要部門以外;高圧・特別高圧・低圧のうちオール電化住宅向けメニューや深夜電力メニュー など)

リリース
http://www.rikuden.co.jp/press/attach/17103003.pdf?1509344105

一括比較スタート