電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

最新ニュース

四国電力が送配電部門を社内分社化

四国電力は27日、2018年4月に送配電事業を社内分社化すると発表しました。大手電力会社は2020年4月までに送配電部門を別会社にする法的分離が求められており、現在の体制から円滑に移行するための準備と思われます。他電力会社では、東京電力が2016年4月1日にいち早く分社化を実施しています。

四国電力は送配電事業を単純分社にするか、持ち株会社にするかなどは、社内分社化の取り組みを見て検討するとしています。

社内に「送配電カンパニー」を設置し、現行の配電部、送変電部などをまとめて移すほか、事業戦略などを行う企画部、総務部もつくります。

大手電力会社の事業は大きく分けて発電、送配電、小売りの3部門があります。2016年4月に電力小売りの自由化が実施されましたが、電力の送配電のためには巨大な送配電網の建設・保守が必要で、同じ地域で複数の会社が整備するよりも1社に独占して行わせた方が総合的なコストが下がるため、送配電部門は現在と同様に地域独占と料金規制が敷かれる方針です。

独占的に送配電を行わせる上で、同じ会社の別部門を優遇しないように送配電部門は分社化することになっています。

一括比較スタート