電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

最新ニュース

東京電力エナジーパートナーが2017年8月から中部電力エリアで家庭用電気料金を値下げ

東京電力エナジーパートナーが2017年8月から中部電力エリアで家庭用電気料金を値下げすると発表しました。 標準的な電気使用量の家庭を対象にした「スタンダードS」は基本料金を据え置くが電力量料金を現在の水準から引き下げ、中部電力の「従量電灯B」から、東京電力エナジーパートナーの「スタンダードS」に契約を切り替えた場合、年間の電気代が3%程度割安になるとしています。 基本料金はそのままですが、従量金額が安くなるように設定されているので、切り替えるだけで安くなるような形です。 ■変更前
電力量料金(1kWhあたり) 【2017年7月31日まで】 
最初の300kWhまで 23円32銭 300kWh超過 27円97銭
■変更後
電力量料金(1kWhあたり) 【2017年8月1日から】 
最初の120kWhまで 20円68銭 120kWhをこえ300kWhまで 23円77銭 300kWh超過 27円05銭
一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /