電力会社を比較して電気料金を安くしよう!

SBIホールディングス
一括比較スタート!
一括比較スタート!

最新ニュース

電力小売全面自由化の状況について(2017年1月末まで)

資源エネルギー庁が電力小売全面自由化の状況を総括しています。(2017年1月まで)

公表しているデータによると、2016年4月に自由化された低圧分野において、新電力へのスイッチングは2017年1月末時点で約246万件(約3.9% )と、2016年5月以降、月20万件のペースで着実に増加している。
※ 旧一般電気事業者の自社内の契約切替(規制→自由)も合わせると、2017年1月末時点で約7.7%。

  •  2000年以降、順次自由化されてきた特別高圧・高圧分野における新電力のシェアは、全面自由化以降、大きく伸びており、12月には約12%となっている。 ※ 低圧分野を含めた電力販売全体に占める新電力のシェアは、昨年12月時点で約9%。
  • 電力小売を行う事業者として、様々な分野からの参入が相次いでおり、これまでに登録を受けた小売電気事業者は計約390者。このうち、いまだ供給実績のない小売電気事業者は約2割となっている。
  • 新規参入者が増加する中、完全従量料金や定額料金などの新しい料金メニューが提供される一方、大多数の料金メニューは、基本料金と従量料金からなる二部料金制や、燃料費調整制度の採用など、既存の料金メニューに類似したものとなっている。
  • 昨年4月以降、卸電力取引所の取引量は大幅に増加しているものの、販売電力量全体に占める比率は3%程度にとどまる。取引所会員である小売電気事業者の中で、調達量全体に占める取引所依存度が7割を超える事業者が約2割存在している。

電力小売全面自由化の進捗状況
2017年4月21日
資源エネルギー庁

着実に切り替えを行っている人は増えていますが、旧一般電気事業者の自社内での契約切り替えを行っている人も多くいます。

又、電力小売事業者として登録をしても供給実績が無い小売電気事業者も数多くあり、簡単には販売が出来ない点も見えてきています。

これだけ多い小売電気事業者数では比較も相当難しい形です。今後はより簡単に比較出来る事が求められていくと考えられます。

一括比較スタート